2011年1月の記事一覧

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

☆よしゆきが今一番オススメする自動売買システム☆

FXコレクションズ~1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用~

Fコレは、今もよしゆきが実践して資産を増やし続けているサービスです。
約2000種類の自動売買が無料で使い放題!
ゲーム性のある資産運用でとても面白いですよ。

▼よしゆきの「FXコレクションズ」総合評価
おススメ度★★★★★
安定度★★★★★
分かりやすさ★★★★☆
サポート体制★★★★★+★(丁寧で迅速!登録会員はずーっと無料です)

FXコレクションズの検証レビューはコチラ>>>

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

FXクロノスの検証と評価8


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

※2011年2月2日で販売終了!!※


【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
1月24日 - 1月28日

+29pips(ショートエントリー)
+30pips(ショートエントリー)


▼獲得pips
+59pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■1月の利益

▼獲得pips
-23pip

▼獲得利益
-1万1500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは、前半には取引なし。
先週20日から持ち越している売りポジションについては、含み損を-100と抱えて今週も持ち越し。

しかし週全体での取引はきわめてシンプルで安定して+を維持する展開となりました。

27日の3時に82.37でショートポジションを立て、27日の6時間後9時過ぎに利益確定。+29pips。
その後27日に再びショートポジション。約24時間後に利益確定して+30pips。
取引は、ここ3週での堅調相場と同じトレードを、先週の更改をなくして維持する相場となりました。


今週のドル/円相場は、先週お伝えした2011年の初頭からのレンジに再び収まる展開と
なりました。今週は、さまざまなイベントが盛りだくさんでしたが、
週末に日本国債の格下げで一時ドルが急騰しましたが、その後ドルが再び下落。
アメリカのGDPの発表は、エジプトでの政情不安が、
高止まりする米国指標に不安を与える結果となりました。

今週は、FXCRONSが再び堅強な軌道に戻りました。
EAはMT4を導入しているFX企業でどこでも同じように利用できます。

最近では日本企業でもMT4を利用する会社が次第に増え選択の幅が増えつつあります。
MT4でEAを使う場合、PCを常時起動させておく必要があります。
ところが最近スマートフォンなどの小型PCにMT4をインストールさせ、
極めで省電力に常時起動環境を維持する方法が出てきているようです。
クロノスの販売も、ついに明日の2月2日までとなります。
興味のある方は今のうちに手に入れてください。

販売も2月2日で完全終了となっていますので、気になる方は今のうちにどうぞ。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価10

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、乱獲FXの第2弾、「乱獲FX2ダブルトラップ」の検証レビューです。
乱獲FXで、今は利益をかなり上げられているので、検証を楽しみにしていた商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。


■ドル円:15分足
1月24日 - 1月28日

+8pips  (ロングエントリー)
+14pips  (ショートエントリー)
+18pips  (ショートエントリー)

▼獲得pips
+40pips


■ユーロドル:30分足
1月24日 - 1月28日

+76pips  (ショートエントリー)


▼獲得pips
+76pips


■1月3週の利益

+116pips

■1月合計の利益

+623pips

▼獲得利益
31万1500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

ドル円は今週も積極的なトレードをするため15分足を観察。
1月24日は相場が安定しすぎてトレードなし。
翌日1月25日は、夜中00時ごろチャートを見ているとドルの下落。
エントリーサインが安定するのを確認して、82.47でエントリー。
T/Pを仕掛けておくも刺さらず、朝9時ごろ決済サインが出ているのを確認して82.55決済+8pips。
26日の夜中0時過ぎに今度はショートエントリー。82.45でショート。
その後一時含み損が出ますが、すぐに戻しサインどおり、82.31で利益を確定し14pips。

27日には夜中の2時過ぎに82.43でショート。深夜含み損が出ていたようですが、
朝82.25で利益。+18pips。

ユーロドルは、30分中心に観察。
先々週の大相場のためか週間で値動きが乏しい展開。
25日の1時すぎ1.3671でショート。
25日の夕方になってから、決済サイン。18時30分ころ1.3595で決済。+76pips。
その後25日18時30分に続けて大きなロングサインがありますが見送り。

26日、27日、28日とサインなし。

今週はドル円は大きな材料が出たものの、終わってみれば週末にドルが一方的に
売られる展開となり、ドルの上昇はなく、
今年1月初旬のレンジ相場82.00-83.00付近を再び行き交うことになりました。
今週はドル、円の弱い材料が目白押しでした。

今週は乱獲FXDTのコアとなるエントリーサインを上手に活用する方法を考えます。
システマチックトレードでエントリーサインを出すものには大きく分け二つの種類があります。
1信頼できる少ないサインを出すもの
2量が多いが信頼できないサインを出すもの。

利益を上げているとせっかちになりますので、サインが多いほうがトレードに熱が
入るのですが、実際には信頼できるものをじっくりと待つのもよい結果を残すためには、必要です。

乱獲FXDTは、どちらかというとこの中間に当たります。
比較的信頼できるサインを週に何回か出してきます。
シストレの場合、サインが少ないと、より厳選された条件を選んでくるので、
比較的利益を得るチャンスは多くなる一方で、
ほとんど機能していないように見えることがあります。
そのうち信頼性が緩んで使わなくなることも多々あります。

それを回避するためには、商材の基本スペックや方針をよく確認する必要があり、
これはウェブサイトやHELP、マニュアルによく書いてあります。
また、親切な商材では質問を丹念に答えてきます。
こういったサブ機能をよりよく利用して、継続的なトレードをしたいです。

▼『乱獲FX2ダブルトラップ』よしゆきの評価

・おススメ度★★★★★
>乱獲FX同様、動画教材として見られるのは、分かりやすくて高評価です。
実際に私もこの手法を利用してみて、手堅く利益を確保できました。
持っていて損は無い教材だと思います。

・再現性★★★★★+★
>『2つの仕掛け』による絶妙な決済タイミングは、かなり有効だと思います。
そのシンプルな手法は再現性も高く、
FXトレードに慣れている方ならすぐに体得できることから、高評価。

・分かりやすさ★★★☆☆
>このダブルトラップは『ロジック』のみが公開されているため、
まったくの初心者さんの場合には慣れるまでに時間がかかりそうです。
今までトレード経験がある方なら難なく始められそうです。
そのため、分かりやすさは一般的なレベルとして★3つとしました。

▼乱獲2FXダブルトラップの総評

この『ダブルトラップ』は再現性において、
かなりの高評価をつけさせていただきました。
というのも、メタトレーダーさえ使えれば誰でも出来る手法だからです。

時間足も選ばず、流通量の多いメジャー通貨ペアであれば、
好きな通貨ペアでトレードすることが出来るのも魅力的ですね。
よしゆきオススメの商材です。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価2


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
1/6 - 1/27

▼ 獲得pips
1/7 +11pips
1/10 +8pips
1/11 +51pips
1/12 -31pips
1/13 -6pips
1/14 +19pips
1/17 +33pips
1/18 +40pips
1/19 +11pips
1/20 +19pips
1/21 -9pips
1/24 +25pips
1/25 +53pips
1/26 -36pips
1/27 +17pips

▼1月の獲得利益

+254pips

+17万7393円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。

--------------------------------------

マエストロFXのついての検証レビューを報告したいと思います。

検証するにあたって、まず各章からの説明もあわせておこなっていきたいと思います。
少しずつ各章にあわせたトレードをおこうなうことによって、検証を続けていきたいと思っています。
まずトレードを行うにあたって必ず理解しておきたいのが、チャートの見方についてです。

知ってる方も多いかと思いますが、チャートとは数値だけで値動きをあらわしているものではなく
ローソク足というものであらわされた表のことですね。
ローソク足をみればその時系列の始値と終値、高値、安値を知る事ができ、
下降傾向なのか上昇傾向なのかをみることができます。

まず初めにマエストロFXではローソク足の見方と重要なポイントを教えてくれます。
ローソク足によってわかる転換期や相場の流れをここでは学び、
エントリーポイントを掴むこつを覚えます。
では、この講義を生かして実践してみたいと思います。

まずは推奨通貨のユーロドルでまず行っていきます。
このユーロドルという通貨ペアは一番需要の多い通貨になるそうです。
とりあえず、ためしのトレードということで
スキャルをねらった5分足での検証をおこなってみます。


*********************************
◆ワンポイントアドバイス◆
*********************************
トレードのポイントととして、長いひげがでたあとのトレードは比較的流れが
読みやすく利益が出しやすいということです。

陰線と陽線が交互に示されている場合は比較的だましが多く
トレードは避け、しばらく流れが決まるまで様子をみることがポイントです。
実体の長さをみて上昇なのか下降傾向なのかをしっかり読み取りましょう。
順を追ってトレード方法が説明していますので、
基礎からしっかりとチャートについて分析したいという方にはお勧めです。


今後もMaestroFX(マエストロFX)を検証レビューしていこうと思います。

最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

ポンド円MAXの検証と評価18


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく先週分の「ポンド円MAX」のレビューを始めていきたいと思います。

■ポンド円MAXの取引結果
1月10日 - 1月21日のポンド円MAXのシグナルについて検証報告したいと思います。

一時はどこまで下落するのかと心配されたポンド円ですが、
現在ではなんとか持ち直して131円台で推移しています。
ポンド円はどうしてもドル円の影響を受けてしまいやすく
為替の流れも似た動きとなっています。

去年の今頃は142円台ぐらいだった記憶がありますが、
1年後さらに10円以上も下落してしまっています。
来年の今頃はどうなっているんでしょうか。

142円もかなりの底だと思っていましたが、それ以上に
下落するなんてどれだけの人が予想できたでしょう。
恐らく素人の投資家には思いもよらない展開となっていると思います。
ドル円が80円切る時代ですから当然の流れではありますが。

ドル円が50円台になると予想する投資家もいますが
そうなった場合、ポンド円はいったいいくらになっているんでしょうね。
考えただけで恐ろしいです。
情勢を考えるとここらあたりで再び円安に戻っていって欲しいですね。

では先週のポンド円MAXの結果を報告したいと思います。

■1/10 - 1/21までの実践結果報告

▼12月24日(金)

127.71 ロング
129.51 リミット
125.35 ストップ

1月7日(金)

128.95で成り行き決済

▼1月4日(金)

131.40ロング
131.75リミット
129.65ストップ


同日131.75で利確

▼1月18日(火)

131.75ロング
132.26リミット
129.20ストップ

同日132.26で利確

▼1月21日(金)

131.51ロング
132.08リミット
130.48ストップ

同日132.08で利確


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼12月総獲得 pips 結果

-202 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼1月総獲得 pips 結果

+267 pips

▼9月からの総獲得 pips 結果

+488 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼17勝4敗

■ポンド円マックスについて

今週は2週分まとめての結果報告をいたします。

12月は残念ながらマイナスの結果となってしまいましが、
名誉挽回かのように1月に入ってからは絶好調のポンド円MAXです。
12月分の損失をすでにカバーしてしまいました。

1月は今のところすべてロングでのポジションとなっており
ポンド円は上昇相場であるということがわかります。
ただ調子よく上げが続いていますのでここらあたりで
ショートがでてもおかしくないところですね。

ポンド円MAXは作者が慎重に相場状況を判断し、シグナルを発信します。
ポジション保有中も市場の様子を端的に報告してくれるので状況把握にとても役立ちます。
FX初心者の方にはおすすめなシグナル配信ですね。
これからも、この調子で利益を上げ続けて欲しいですね。
今は、募集停止していますが、次回募集時にはいち早くお伝えしようと思います。

では、来週の結果に期待したいと思います。

ポンド円MAX
http://www.infocart.jp/e/46981/58176/
販売者:綱島大介


↑クリックすると拡大します

タグ

スキャルピング極の検証と評価13


↑クリックすると拡大します


1/11-1/24までの報告をしたいと思います。

取引時間は概ね19時?25時ぐらいの間の2時間から3時間前後です。

年末の嵐から一転して年明けからは比較的穏かな動きが
続いていましたが13日辺りから再び大きく動く展開となりました。

ユーロドルは一時1.27台まで下落していたため、
このまま底に向かって1.24台あたりまでいってしまうのではないかと思っていましたが事態は逆転の方向へ進んでいます。

ユーロへの信用不安が払拭されるやいなや、
いっきにドル売りユーロ買いがすすみ、ドル円は81円台にタッチし
ユーロドルは再び1.35を越し、現在では1.36台後半を推移しています。

ドル円は82台半ばあたりまで回復し83円台あたりまで
行ったり来たりしていますが、戻せば売られるという展開となっています。
明日はFOMCが控えてますので、
それを意識して本日25日は動きの少ない日になるかもしれませんね。

東京市場で動かないのはいつものことなのですが、
欧州、ニューヨーク市場でスキャルピングが上手に活用できるよう動いて欲しいところです。
では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。

※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。


■『スキャルピング極』 の実践結果報告

▼1/11 - 1/24 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

1/11: +52pips
1/12: +100pips
1/13: +203pips
1/14: +53pips
1/17: +36pips
1/18: +65pips
1/19: +62pips
1/20: +89pips
1/21: +45pips
1/24: +52pips

合計:+757pips


▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+977pips

合計:+4588pips

1/11 - 1/24は合計で+757pipsとなりました。

1月の合計損益は+997pipsという結果となりました。

■『スキャルピング極』の実践レビュー

今回は2週分まとめての報告となります。
全体的に一度ポジションをもつとEEアラームの点灯までの時間が非常に長く、
トレード回数は1、2回という少なさでした。
スキャルピングにしては保有時間が長すぎて少々退屈ではありましたが
その分しっかりpipsは獲得できたのでよしとします。

スキャルというよりシステムトレードのような週でした。
EEアラームもだましの点灯があるので、判断を慎重に行かねば
とり損ねるという場面も多々みられました。

損切りも1,2回ありましたが、
ほとんどがシグナルどおりの素直な動きをした相場展開でした。
このような動きの場合だとスキャルピング極の本領が発揮できるのではないでしょうか。
スキャルピング極みは、初心者には分かりにくい教材となっていますので、ご注意ください。
マニュアル作りが結構簡素になっています。

スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価12


↑クリックすると拡大します

▼「RSI-terezzo」の実践レビュー結果

「REO-Terzzo」の検証報告です。

1月10日 - 14日のドル円は82円台半ばから83円台半ばを行ったり来たりするという動きでした。
クロス円もそれに伴い方向性のない動きだったように思います。
ドル円は下落すれば買われ、上昇すれば売られという状況です。
ユーロドルも昨年に引き続き信用不安で1.28台まで下げる場面もありましたが、
原油高、米金利安、ECBによる国債購入などの影響を受け1.29台まで戻していました。

とは言え、流れは戻り売りの状況が続いていたため、
このまま再び1.27台を目指していくものを思っていましたが、
週半ばあたりからユーロ買いが進みどんどん上昇し続けています。

今日の段階で(1/24)1.36台まで上昇しておりますので
短期間でユーロ買いが進んだことがわかります。
ただ余りにもスピードが速いため、ここらあたりで一度
大きく売られてもおかしくないのではないでしょうか。

ユーロドルの上昇によりドル円は一時81円台まで下落する場面もみられました。
スイスフラン円は若干ドル円の影響を受けていますが
比較的安定しており、85?86円台の動きを続けています。
ドル/スイスフランはユーロ買いの影響でユーロドルとは相対的な動きとなっています。
為替相場、今後の動きに注目ですね。

それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
178戦 109勝 68敗 1引分

■1/24 現在のポジションの状況

CHF/JPY: +5.57pips(含み益)(0.01ロット)
EUR/USD: -48.70pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: -88.00pips(含み損)(0.02ロット)
EUR/USD:-204.00pips(含み損)(0.06ロット)
EUR/USD: -70.20pips(含み損)(0.18ロット)
USD/CHF: +10.43pips(含み益)(0.01ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 

■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 

■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +3.87pips
USD/JPY: +79.49pips
USD/CHY: +123.60pips
EUR/USD: +20.60pips 

■10月総獲得pips(スワップを含む)
+44.92pips

■11月総獲得pips(スワップを含む)
+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)
+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)
+227.56pips

■総獲得pips
+548.50pips


■REO-terzzoについての総評

10日から12日は嵐の前の静けさと言わんばかりに静寂しているような雰囲気でしたが、
13日あたりから嵐が訪れたかのような荒い相場展開をみせてくれました。
この波にREOも上手く乗れたのではないでしょうか。

前回のレビューではユーロドルで大きな含み損を抱えていました。
この含み損は膨らむ一方でいつ解消されるのか不安の種でしたが、
思わぬユーロ買いにより難なく含み損は解消されポジション決済することができました。

ユーロ買いは現在もいまだ継続中といった感じでたった2週間の間に
1.27台から1.36台まで回復しています。
ややスピードが速いため一度調整売りが入ってもおかしくないですね。

好調だったのがドル円です。
下げれば買われ、上げれば売られるという展開を読んでいたかのように
REOもこの流れについていってるようでした。
引き続きこの動きで御願いしたいところです。

一方、やや不調なのがスイスフラン/円とドル/スイスフランです。
仕掛ける方向性としては間違ってないようですが、
どうも決済タイミングが違っているようで、みていてもどかしい動きでした。
とはいえ、きちんとプラス決済で終わっているのでさすがだなと感心です。

現在はやっと含み損を解消できたとおもったユーロドルがまたしても
大きく含み損をかかえております。
恐らく急激な上げのためREOも読みにくかったのかもしれませんね。
現在最終ロットオーダ(0.18)までいってます。
無事解消されるのでしょうか。

REO-terzzoはナンピンをしていくため、資金管理が重要です。
無理のないロット数で運用していきましょう。
自動売買のポートフォリオのひとつとして利用すると効率的ですね。

その他の通貨は今のところ好調です。
では来週に期待したいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)
http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価7


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

※2011年2月2日で販売終了!!※

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
1月17日 - 1月21日

+14pips(ショートエントリー)
+30pips(ロングエントリー)


▼獲得pips
+44pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■1月の利益

▼獲得pips
-82pip

▼獲得利益
-4万1000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは、先先週のかなりよくないトレードからは少し持ち直してきており、今週も+。
先週持ち越していた2つのポジションの含み損は解消され、
小さいながらも+14pipsの利益確定で終えることができました。
普段と比べるとまだまだ少ない利益確定ですが、復調してきています。

取引は再びかなりシンプル。
トレードの回数は増えていますが、決済自体は比較的少なめでした。

今週のドル/円相場は、2011年の第2週から引き続いて、
レンジ内での相場が主な動きとなりました。
現状ではドル円の底がほぼ80円付近ですが、
上値の84円付近が抜けず、今後しばらく推移しそうな雰囲気です。

ただ、ドルが切りあがってきていますので、今後もドル高期待は持続しそうです。
FXRONOSの2週続いたドローダウンは、今週、週をまたいだ持越しでは含み損がありますが、
先週も持ち越していましたし、一応収まったようです。

EAにはまだまだ大きな収益を目指そうとする傾向が強く、
ともすれば80%以上の利益を期待してしまいますが、
投資はどちらかというと確度が最も重要な世界です。

角度が高ければポジションでなくロットを増やせばいいので、
そういった判断ができる投資対象を見極めることが大切だったりします。

銀行預金などを考えても年もし20%の利益が出せるとしたら、かなり優秀な商材です。
CRONOSには自信のキャッシュバックシステムもあるので、支出も抑えられますね。
販売も2月2日で完全終了となっていますので、気になる方は今のうちにどうぞ。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価9

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、乱獲FXの第2弾、「乱獲FX2ダブルトラップ」の検証レビューです。
乱獲FXで、今は利益をかなり上げられているので、検証を楽しみにしていた商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。


■ドル円:15分足
1月17日 - 1月21日

+16pips  (ロングエントリー)
+4pips  (ショートエントリー)

▼獲得pips
+20pips


■ユーロドル:15分・30分足
1月17日 - 1月21日

+30pips  (ロングエントリー)
+99pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+129pips


■1月3週の利益

+149pips

■1月合計の利益

+507pips

▼獲得利益
25万3500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

ドル円は今週も積極的なトレードをするため15分足を観察。
1月17日19時30分に82.51でロング。-6pipsほど損が出ますが、その後回復。
翌18日朝9時30分に82.67で決済サインが出ました。+16pips。

18日はその後サイン出ず。18日は30分でもサイン無し。
19日も30分はトレード時間中に、サイン無し。
15分足で朝10時過ぎにサインがあるも入らず。
翌20日に9時45分に82.15でショートサイン。エントリーして、19時に82.11で決済サイン。+4pips。

ユーロドルは、15分を観察。
17日の18時30分に1.3255でロングサイン。迷わずエントリー。
2時間ほどで安全に1.3285で決済。+30pips。

18日9時過ぎに1.3265でロングエントリーサイン。日中取引できなかったので、
17時に確認すると、決済サインが出っぱなし。1.3364で決済。+99pips。
19日、20日はトレード時間中にサイン無し。
先週は、ユーロドルは大相場になりました。

ユーロの先高感が強かった為週末はトレードは控えました。
ユーロドルは、ここ60日の2010年の年末以来の1.2850-1.3500レンジを破っています。
先週1月10日-14ほどの上昇幅ではないものの、
1.3240付近からほぼ一本調子に上がり続けており、先高感はまだ強そうです。

ドル円は、先週に引き続いてレンジ相場。ダウが高値で横一線で推移しているのに対し、
ドルの復調が鮮明ではない為、ユーロや指標で大きく振られる展開です。
1月24日から始まる1週間では、やや下値を試すものと思われます。
このところ、乱獲FXDTはかなり順当な利益をあげ続けてきました。
どんな投資法でも必ず弱点があって、注目されない影の時期が存在します。

乱獲FXDTなどのテクニカル指標を使ったシステマチックトレードの場合も同様です。
一般にシステムトレードは、現在のほとんどのトレードがテクニカル指標を参照します。
テクニカル指標は過去数日から数週間のろうそく足や
バーチャートの形や取引量に応じて決するものであり、過去からの影響を強く受けます。
その為レンジではめっぽう強い一方で、大相場では損を出すことがあります。

乱獲FXDTの動画の中には、こういった大きな変動を引き起こすきっかけになる、
指標に対する取り組みが書かれています。
これは、前作から引き続いて作者さんが強調する点でもあり、
テクニカル指標の性質をよく考えて、
今週のような指標町相場へのストラテジーを考えたいものです。

▼『乱獲FX2ダブルトラップ』よしゆきの評価

・おススメ度★★★★★
>乱獲FX同様、動画教材として見られるのは、分かりやすくて高評価です。
実際に私もこの手法を利用してみて、手堅く利益を確保できました。
持っていて損は無い教材だと思います。

・再現性★★★★★+★
>『2つの仕掛け』による絶妙な決済タイミングは、かなり有効だと思います。
そのシンプルな手法は再現性も高く、
FXトレードに慣れている方ならすぐに体得できることから、高評価。

・分かりやすさ★★★☆☆
>このダブルトラップは『ロジック』のみが公開されているため、
まったくの初心者さんの場合には慣れるまでに時間がかかりそうです。
今までトレード経験がある方なら難なく始められそうです。
そのため、分かりやすさは一般的なレベルとして★3つとしました。

▼乱獲2FXダブルトラップの総評

この『ダブルトラップ』は再現性において、
かなりの高評価をつけさせていただきました。
というのも、メタトレーダーさえ使えれば誰でも出来る手法だからです。

時間足も選ばず、流通量の多いメジャー通貨ペアであれば、
好きな通貨ペアでトレードすることが出来るのも魅力的ですね。
よしゆきオススメの商材です。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

長州小力推薦!!「恋スキャFX」検証と評価6


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、長州小力も推薦している恋スキャFXを検証レビューしていきます。

こちらの商材ですが、レビューオファーを頂いておりまして、
乱獲FXでもおなじみ「FX-Jinさん」のロジックということもあり、期待している商材です。
販売ページでは推薦文も書かせていただきました。

それでは、早速恋スキャFXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
1011年 1/17 - 1/21

▼ 獲得pips
1/17 +9pips
1/18 +11pips
1/19 +53pips
1/20 +15pips
1/21 +31pips

▼勝率
86.8%

▼1月の獲得利益

+119pips
+23万8000円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+461pips
+88万4781円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

■週間の相場の動き

今週は先週に引き続きユーロが、大相場になりました。
一方ドル円は、指標発表が続き、急騰する場面も相次ぎましたが、
終わってみれば、81.85-83.00付近の小幅なレンジを形成し、
恋スキャには、適した相場となりました。
ユーロは最近2ヶ月のレンジを突破して、
チャートの上値を試す展開であり、目が離せません。
恋スキャではユーロドルの上値で取引を重ねるか、
ドル円のレンジで利益を重ねそうです。

■恋スキャFXについてのコメントと評価

恋スキャFXでは、『資金管理編』として投資金の管理にも重点を置いて話しています。
「ロジックばかりではなく、資金管理も勝つためには必須」ということをしっかりとFX-Jinさんは伝えたいんだと思います。

FXは証拠金という信用を利用した一種の先物取引なので、
現物を購入するトレードとは違うところもあります。
口座に預ける資金は外貨の現物を買ったり
MRF買付をしているのではなく、信用取引の担保です。

信用保証の担保は、預入証拠金と保有ポジションの時価の総額で計算されます。
FXはロスカットがない会社の場合10倍を超えると追証が発生しますが、
追証は預入証拠金から差し入れます。
リスクを管理する為には、口座の中にいつも十分な預入証拠金があることを確認します。

自分の証拠金の総額をいつも確認する習慣は、
自分の精神的没入を客観的に知るのにも少し役に立ちます。
複数ポジションを立てるときは、リスク&リターンが2倍になるということであり、
必ず預入れ証拠金総額とのバランスを考えるようにしましょう。
そうすることで、恋スキャFXのロジックもどんどん稼げるロジックであることが実感できるはずです。

サポートも迅速ですし売りっぱなしでは無く、
会員さんの声を取り入れてコンテンツを増やしていく姿勢は素晴らしいと思います。

読者の皆さんからのコメントやメッセージもお待ちしています。
では、引き続き恋スキャFXを検証レビューしていこうと思います。

長州小力推薦!
恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

長州小力推薦!!「恋スキャFX」検証と評価5


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、長州小力も推薦している恋スキャFXを検証レビューしていきます。

こちらの商材ですが、レビューオファーを頂いておりまして、
乱獲FXでもおなじみ「FX-Jinさん」のロジックということもあり、期待している商材です。
販売ページでは推薦文も書かせていただきました。

それでは、早速恋スキャFXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
2011年 1/10 - 1/14

▼ 獲得pips
1/10 +21pips
1/11 +8pips
1/12 +38pips
1/13 +0pips
1/14 +29pips

▼勝率
80.0%

▼1月の獲得利益

+96pips
+19万2000円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+342pips
+64万6781円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

■1週間の恋スキャの取引

今週は30分を中心に観察しました。
10日月曜日からトレンド対応ロジックの範囲で小動きがあり、チャンスが2回あったものの
21時のショートエントリーだけ83.22でエントリーしています。
決済サインで+21pipsとなりました。
11日の朝7時ごろロングサインで、82.78でロング。
82.85で決済し、+8pips。小幅な利益を重ねています。

12日大きくドルが伸びたところで83.39でショート。決済サインを待って、83.13で決済し、+26pips。
12日14時、83.08でロング。83.20で決済サインどおりの決済となり、+12pips。
13日はトレードがありません。
14日は13時30分ごろからロングサインが多くありましたが、相場をしばらく静観し、82.52でロング。
2時間半後の急騰から82.81で決済して、+29pipsという結果になりました。

--------------------------------------

■週間の相場の動き

今週はユーロが大相場になったために荒れた相場を回避して、
ドル円をメインにトレードしています。
恋スキャFXの得意相場であるレンジ相場で利益を勝ち取るためです。
安定した動きの少ない相場状況の中、恋スキャのトレードには最適な流れとなったようです。
値幅が少ないのは残念ですが、そのおかげで基本ロジックの中に納まりました。
こういった動きがしばらく継続しそうなので、トレンド方向に注意しながら、
レンジを想定したトレードを継続して、細かく利益を重ねていきたいと思います。

--------------------------------------

■恋スキャFXについてのコメントと評価

まだ始まって間もない恋スキャの検証で、
他のFX取引の情報商材と大きく違うのは、情報の量です。
コンテンツの量が相当あり、初心者向けのコンテンツから
上級者向けのコンテンツまで、かなりの量がありますね。

量の多いコンテンツというのは、まとまっていないコンテンツがよくあって、
結局内容が絞れていないものが多いのですが、恋スキャはそういった問題をビデオ形式の講義と、
8回ほどのテーマに絞った解説に分けて会員が学びやすいように工夫されています。

講義はこれまで、外国為替や外貨取引を
全くやったことのないレベルの人への講義から始まるので、
5回くらいまでの講義はFXでの取引が1年程度ある人は不要かと思います。
FXの会社への預け入れ証拠金の総額の管理
『リスク管理]』もう一度考えてみたい人は、5回辺りは見ておいたほうがいいでしょう。

その中でも、一番まとまっていて恋スキャトレードの核心的なロジックを吸収できる動画は、
第8回のロジック説明動画(簡潔版)という、ロジックを簡易的にまとめた動画がお勧めです。
加えて、特典として恋スキャには他の付属のトレード解説がおまけでついています。
恋スキャFXのロジックでトレードしながら、
こちらの特典版のロジックも使うと良いリスクヘッジになりそうです。

サポートも迅速ですし売りっぱなしでは無く、
会員さんの声を取り入れてコンテンツを増やしていく姿勢は素晴らしいと思います。

読者の皆さんからのコメントやメッセージもお待ちしています。
では、引き続き恋スキャFXを検証レビューしていこうと思います。

長州小力推薦!
恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価6


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
1月10日 - 1月14日

-31pips(ショートエントリー)

▼獲得pips
-126pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■1月の利益

▼獲得pips
-126pip

▼獲得利益
-6万3000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは、先週のかなりよくないトレードからは少し持ち直し、若干の+。
これまでのFXCRONOSのトレードを考えると、少ない利益ですが、
とにかく大きなドローを出す傾向には、一定の歯止めがかかった模様です。
ただし、2つのロングポジションで含み損をだしており、来週まだ正念場です。
最近更改をださないところを見ると、ドルがしだいに弱含んできると、
あっさり損切りをして損失を確定する可能性もあります。

取引は再びかなりシンプル。
更改をだすこともなく、少ないトレードで短時間でトレードをしていきます。

今週のドル/円相場は、2011年の第1週での高値圏から引き続いて
83.00を軸として前後50銭以内のレンジに収まっています。
この動きがしばらく続いているので、どちらかにブレークしてくる可能性があり、
そういった場合に、FXCRONOSのドル円専門ロジックが、
過去の相場からどのように対策を導きだすのか注目です。

FXRONOSのドローダウンの傾向について、今週は分析をしておきたいと思います。
特に先週の-175pipsの取引を例にだします。
先週FXCRONOSは3日の6時すぎに入った81.33のショートを売り切れずに、
82.78のドルの反発でストップロスをしました。
ストップロスは5日の22時なので二日と約半日分を持っていたことになります。

FXCRONOSは、決済注文を週に0回から7回ほど入れます。更改を繰り返す週もありますが、
保持は長くても2週程度なので長いこと持ち越すというスタイルはとりません。

裁量トレードの場合、相場の見極めの失敗は
何重かのリスクヘッジによって守られていることがあります。
クロノスの場合、取ったポジションについて待つ、急峻な一時の
変動かどうかを分析するロジックについて言及がないことはやや不安でもあります。
しばらくFXクロノスの様子を静観していく構えです。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価8

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、乱獲FXの第2弾、「乱獲FX2ダブルトラップ」の検証レビューです。
乱獲FXで、今は利益をかなり上げられているので、検証を楽しみにしていた商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■ドル円:15分足
1月10日 - 1月14日
+11pips  (ショートエントリー)
+33pips  (ショートエントリー)
+16pips  (ロングエントリー)
+19pips  (ショートエントリー)
+27pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+106pips


■ユーロドル:15分・30分足
1月10日 - 1月14日
+5pips  (ショートエントリー)

▼獲得pips
+5pips


■1月2週の利益

+111pips

■1月合計の利益

+358pips

▼獲得利益
17万9000円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

今週はドル円はきわめて乱獲FXDTに適したレンジとなる一方で、
ユーロドルはブレーク相場となったためにエントリー機会が少なく終わりました。

ドル円は積極的なトレードをするため15分足を観察。
1月11日12時過ぎに83.11でショート。
一時含み損がでるものの、その日の21時前に83.00で決済、+11pips。
その後ドルの急騰がありますが、サインが出ないため乗れていません。
しかし12日の0時30分以降、ショートサイン連発されました。
83.44でショート。12日の昼11時半ごろまで持ち越して、決済サインで83.11で決済。+33pips。
12日の夕方16時半ごろ、一瞬のロングサイン。83.01でロング。
上がりそうな雰囲気でしたがここは、サインにしたがって、83.17で決済。+16pips。

12日の22時を回ってすぐ、83.39でショートエントリー。
13日の2時には決済サインがすぐに出て決済です。
83.20で決済したので、+19pips。
その後14日の夕方17時ごろからロングサインが連発で再び、82.51でロングとなり、見事な上昇で18時過ぎには、
82.78で決済。+27pips。

ユーロドルは、15分と30分で観察するも、相場が大きく触れてエントリーが危険なので前半見送り。
1月13日の朝7時過ぎ、1.3134でショート。
サインを連発するもののやや不透明な値動き。
その後すぐ決済され、+5pips。

先週は、ドル円は1011年第1週の高値圏でもみ合う典型的なレンジとなりました。
ドルは比較的材料が少なく、雇用や物価のいくつかの指標でかなりネガティブな数値が出て方向感の出ない展開。
一方ユーロは国債入札の終了とユーロの見直し買いが出た為に、
1.3200付近から1.3420付近まで買い戻されて週の後半を終えました。
第1週には1.3000を大幅に割っていた為、月間での値幅も大きく、取引量を伴った相場となりました。

今週は、以前検討した乱獲FXDTの2つのロジックの利用法を、
システマチックに使い分ける方法について考えて見たいと思います。
簡単におさらいをすると、乱獲FXDTは、
ポジションの数やリスク管理の方法によって2つのロジックを使い分けることができます。

裁量を基本にしたシステマチックなトレードで、
分析を根拠に通常の値幅を狙うロジックと、安全ロジックを使い分けるとよさそうです。

これらは乱獲を使う上で補助的な指標に過ぎませんが、
これらを参考にして、現在は値幅の取れる反騰や反落が狙える相場なのか?
リスクがあるので安全決済でポジションを手仕舞うかを判断できる簡単な目安にできるかもしれません。

▼『乱獲FX2ダブルトラップ』よしゆきの評価

・おススメ度★★★★★
>乱獲FX同様、動画教材として見られるのは、分かりやすくて高評価です。
実際に私もこの手法を利用してみて、手堅く利益を確保できました。
持っていて損は無い教材だと思います。

・再現性★★★★★+★
>『2つの仕掛け』による絶妙な決済タイミングは、かなり有効だと思います。
そのシンプルな手法は再現性も高く、
FXトレードに慣れている方ならすぐに体得できることから、高評価。

・分かりやすさ★★★☆☆
>このダブルトラップは『ロジック』のみが公開されているため、
まったくの初心者さんの場合には慣れるまでに時間がかかりそうです。
今までトレード経験がある方なら難なく始められそうです。
そのため、分かりやすさは一般的なレベルとして★3つとしました。

▼乱獲2FXダブルトラップの総評

この『ダブルトラップ』は再現性において、
かなりの高評価をつけさせていただきました。
というのも、メタトレーダーさえ使えれば誰でも出来る手法だからです。

時間足も選ばず、流通量の多いメジャー通貨ペアであれば、
好きな通貨ペアでトレードすることが出来るのも魅力的ですね。
よしゆきオススメの商材です。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FXコレクションズの検証と評価35

FXマイスターよしゆきがたった半年で資産を20倍にした!
FXコレクションズ

【1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用】
http://yoshi.rdy.jp/

こんばんは、よしゆきです。
FXコレクションズの実践レビューを行っていきます。
Fコレの1月利益は以下の獲得pipsになりました。

■※よしゆきオススメ商材ランキング2位の商材です※■

FXコレクションズはよしゆきのレビュー商材ランキング2位の商材です。
商材ランキングはメルマガで発表していますので、
メルマガは上のフォームより是非ご登録ください。

■各システムの獲得pips

『TNT EURJPY』※解除
±0pips

『Meta Diffusion III AUDUSD』※解除
+30.9pips

『SystemsFX EURUSD』
+221.7pips

『Getfrom EURUSD』
+121.9pips

『Auto-EuroOne EUR/USD』
-25.3pips

『A1776 AUD/CHF』
+209.6pips

『Sharppoint EURGBP』※一時停止
-263.0pips

■1月の総獲得pips
+295.8pips

■1月の総利益
+16万8910円

■システムの入れ替えと、動き

『Meta Diffusion III AUDUSD』は、こちらは取り引数が少なく、
ここ一週間も取引が無かったため、解除しています。
また別のあらたなシステムを入れる予定です。

『SystemsFX EURUSD』は、利益を獲得してくれています。
今年に入り、調子がいいようです。
このまま上り調子になるといいのですが、しばらく静観する予定です。

『Getfrom EURUSD』 もここ最近調子を取り戻してくれています。
稼ぎ頭として今後も利益を積み重ねてもらいたいですね。
しばらく運用は続けようと思います。

『Auto-EuroOne EUR/USD』は若干のマイナスとなりました。
一度の利益で大きく取れるので、そこまで気にしていませんが、
ロジックがいい方向に働いてくれるか、1月中も静観の構えです。

『A1776 AUD/CHF』は1月に入り、調子のいい取引が続いています。
1月は稼ぎ頭として利益を生んでもらいたいところです。

『Sharppoint EURGBP』を前回から適用させた、新システムですが、
一度大きなドローダウンが起きたため、一度停止させました。
見込んでいたドローダウンより大きい場合は、自身で決めたルールに基づいてシステムを入れ替えてしまいます。

■全体の総評

『Sharppoint EURGBP』を1週間ほど適用させていましたが、
許容量以上のドローダウンが起きたため、一時停止しています。
早速別のシステムに切り替えてしまおうと思います。
Fコレランキングなども参考にしながら、適用させていくシステムを見極めていく予定です。
適用させたらまたブログで書いていこうと思います。

Fコレはリスク管理さえ怠らなければ十分に利益を出していけると思います。
では、引き続き、Fコレの実践結果報告をしていきますので、お楽しみに。

Fコレについての質問や疑問があれば、いつでもメッセージください。
迅速にサポートしていきますので、お気軽にどうぞ。

FXマイスターよしゆきがたった半年で資産を20倍にした!
FXコレクションズ

【1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用】
http://yoshi.rdy.jp/

タグ

G.I.Widthの検証と評価13


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
『G.I.Width』 の検証レビューを行います。

■今週の『G.I.Width』 動き

この2週間のドル円は上下左右に振れました。
このまま静かな動きのまま年越しするのかと思っていた矢先に
どーんと円高に触れ80円台を下回るのか?と思えば
また83円台へ押し戻されたりと随分と忙しい動きでした。

要人発言や、米金利安、株、ユーロへの信用不安などの問題で振れたようです。
とはいえ、全体的には休場が多かったことで
投資家達も休暇にはいり相場も比較的穏かな動きの日が多く、
トータル的にみて商い薄の状況でトレーダーにとっては
ちょっとつまらない2週間だったのではないでしょうか。

先日は円高に触れていたところに野田財務相の発言により
いっきに円安に触れ、それにつられる格好でクロス円も上昇しました。
ポンド円も130円まで回復していますが、ユーロは戻りが弱いようです。
ユーロに対する信用不安がいまだ払拭できていない現れでしょうか。

それでは今週の結果を報告したいと思います。

■『G.I.Width』 の実践結果報告

▼12/29 - 1/11 各通貨ペアごとの実践結果

USD/JPY:+11.72pips

合計:+11.72pips

▼10月総獲得pips
USD/JPY:+106.64pips
合計:+106.64pips

▼11月総獲得pips
+209.09pips
合計:+290.09pips

▼12月総獲得pips
+109.57pips
合計:+109.57pips

12/29 - 1/11は+11.72pipsとなりました。
12月の合計損益は+109.57pips です。
1月は取引ありません。

・10月総獲得pips  +106.64pips
・11月総獲得pips  +290.09pips
・12月総獲得pips  +109.57pips 

▼総合獲得pips 

USD/JPY:+506.30pips


■『G.I.Width』の動き

今回も引き続きパラメータを45の設定で行っています。
今回のG.I.は29日の取引を最後にパタっと取引が停止しています。
上手く作動しているのか少々不安です。

設定45でここまで動かないことがなかったので、
一度再起動して様子をみたいと思います。
10月から検証を始めて3ヵ月が経過しましたが、
いまだトータルでマイナスの月がありません。

トレード回数こそ少ないものの堅実に収益を上げていける
優れた自動売買ソフトといってもいいかもしれませんね。
今週のG.I.にも期待して見て行きたいと思います。

G.I.Width
http://www.dtszone.com/giwidth/
販売者:有限会社デイトレンドサービス 長谷川 俊樹


↑クリックすると拡大します

タグ

2011年1月13日|コメント (0)

カテゴリー:G.I.Width検証とレビュー・評価

スキャルピング極の検証と評価12


↑クリックすると拡大します

12/28-1/10までの報告をしたいと思います。
取引時間は概ね19時から25時ぐらいの間の2?3時間前後です。
この期間の為替相場は比較的商い薄の状態が多くありました。

が、しかし、年末やはり相場は大きく変動するという
活発な動きもあり驚かされました。
12月は最後の最後まで気を緩ませてはダメということですね。
各市場で休場も多くあり、東京市場以外の時間でも
ダラダラとした動きが多く、スキャルにとっては少々つまらない時期だったかもしれません。

先週末は米金利不安などによる円高、それにともないクロス円も下落、
ユーロドルが上昇する場面がありましたが、
現在、ドル円は83円台まで戻しています。
ユーロドルも1.33台まで回復していたためこのまま1.35を目指して
行くのかと思われましたが、先週1.28まで売られました。

ユードロル、ドル円ともに先がいまだ見えません。
ユーロドルは若干売られすぎ感が否めませんが、振り幅の大きな通貨
だけに戻りも早ければ売られたときの下げも大きいですね。
だからこそスキャルピング極に適しているのでしょう。
では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。

※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。

■『スキャルピング極』 の実践結果報告

▼12/28 - 1/10 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

12/28: +70pips
12/29: -15pips
12/30: -4pips
12/31: +35pips
01/03: +20pips
01/04: +48pips
01/05: +26pips
01/06: +38pips
01/07: +57pips
01/10: +31pips

合計:+306pips

▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+220pips

合計:+3831pips

12/28 - 1/10は合計で+306pipsとなりました。

1月の合計損益は+220pipsという結果となりました。

■『スキャルピング極』の実践レビュー

年末は波乱の相場となり振り回されてしまう場面が多々あり
マイナスの結果となる日が2日も続いてしまいました。
とくに指標をはさんだ時間帯でのトレードが多いため、
どうしても振り回されやすい、騙されやすいシグナルも多くあったようです。
そんな時のために、リスク管理は徹底して行きたいと思います。

大きく動く日もあれば、市場が休場のため商い薄で閑散とした日も
あり、動きが鈍すぎてトレードがなかなかしかけられなかったり、
せっかくポジションをとってもなかなか決済アラームが出現しないという
煮え切らないトレードになる日も多々ありました。

ポジションをとってアラーム出現で決済するも、
さらに値を更新していってしまう、惜しい場面もあり
獲得PIPSを大きく取れる日は残念ながらほとんどありませんでした。
ポイントとしてスキャルピング極をする場合は指標の時間に注意して
ポジショニングするようにすることをおすすめします。

次週もファンダメンタルズの動きに対応できるように、
ロット数やストップの調整はしっかりと行って行きたいと思います。

スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ

ポンド円MAXの検証と評価17


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく先週分の「ポンド円MAX」のレビューを始めていきたいと思います。

■ポンド円MAXの取引結果
12月27日-1月7日のポンド円MAXのシグナルについて検証報告したいと思います。

2010年最後の週の為替相場は株式相場同様に荒れた相場となりましたが。
やはり年末というのは何かしら起こり易い週なのでしょうか。
12月は全般的に追いついた流れだっただけに、このまま
大きな動きもなく終わるのかと思っていただけに少々驚かされました。

為替だけでなく株式相場も下落しニュースでも取り上げられていましたね。
年が明けてからは休場が多く、動きも穏かなものです。
一時は125円台半ばまで落ちたポンド円ですが、現在は129円台で行ったり来たりしています。
先週末にあった英住宅指標の結果を受けて
一時は反発したものの戻りは売られやすい状況にあります。

ポンド円などのクロス円はドル円の影響が大きかった為、
すぐに戻すかと思われましたが、なかなか上値が重いようです。
133円台に回復したかと思ったら、あっと言う間に125円台です。
8円もの下落をいとも簡単にしてしまう怖い通貨だと改めて思い知らされました。

では先週のポンド円MAXの結果を報告したいと思います。

■12/27 - 1/7までの実践結果報告

▼12月24日(金)

127.71 ロング

129.51 リミット

125.35 ストップ

今現在もポジション保有中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼12月総獲得 pips 結果

-202 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼総獲得 pips 結果

+221 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼13勝4敗

■ポンド円マックスについて

今週は125円半ばまで下落する場面がありました。
ストップ値まであとわずかなところまで来る場面がありひやひやの展開となりましたが、
なんとか反発してストップに掛かることなく現在もポジション保有しています。
現在は含み益を抱えていますが、まだ決済には至っていません。
あともう少しという所まで値を戻してきているので、
近日中には決済されると思います。

しかし、首の皮一枚でつながるとはまさにこのことでしょうか。
あやうくあと少しのところで損切りされる手前でした。
現在の下げは限定的な下げという見方のようで現在も損切りすることなくポジション保有です。

ポンド円マックスはナンピンをしかけたり、
ドテンのポジション保有が出来ないためただひたすら待たねばなりません。
やや忍耐のいる商材かもしれません。

結果を早く出したい、もう少し獲得PIPSを増やしたいという方には少々不向きだと思います。
忙しくてなかなか相場を見る時間がない、トレード時間があまりないという
方にオススメの商材だといえるのではないでしょうか。
長期投資商品の一つとして利用していければと考えています。

では、来週の結果に期待したいと思います。

ポンド円MAXの配信内容は完全指値注文となっているので、
一度入力してしまえば、あとはほったらかしなので楽ですね。

引き続き、「ポンド円MAX」にも期待していきたいと思います。

「ポンド円MAX」について、質問などあれば、いつでもコメントやメッセージください。
よしゆきブログの読者さんには、迅速なサポートを心がけています。

ポンド円MAX
http://www.infocart.jp/e/46981/58176/
販売者:綱島大介


↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価11


↑クリックすると拡大します

▼「RSI-terezzo」の実践レビュー結果

「REO-Terzzo」の検証報告です。


2010年の12月は静かな幕引きとなるのかと思いきや
最後の最後にやはり今年も動きがありました。
方向性のつかめない相場状況ではありましたが、
投資家たちの予想通りに円高へと進行していきました。

とはいえ、これは85円を目指すための一時的な下げで
ぶりをつけているのか、はたまた大きな下落への前ぶれなのかは
以前つかめないため、安易な売りは危険です。

ドル円につられて、クロス円も下げ幅を拡大しています。
中でもポンド円は125円台をつけた場面もありました。
ドル円は83円台から米金利不安などによる影響で81円台まで
下落しましたが、現在は83円台前半まで戻しています。

一方、ユーロドルは1.33台まで回復しかと思えば、
1.28台まで値を下げ現在は1.29付近をウロウロとしています。
それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
149戦 92勝 56敗 1引分

■1/10 現在のポジションの状況

CHF/JPY: +1.21pips(含み益)(0.01ロット)
EUR/USD: -22.90pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: -36.40pips(含み損)(0.02ロット)
EUR/USD: -49.20pips(含み損)(0.06ロット)
USD/CHF: -0.83pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: +2.29pips(含み益)(0.01ロット)


■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +0.12pips
USD/JPY: +38.05pips
USD/CHY: +115.64pips
EUR/USD: +20.20pips 


■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips

■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+174.01pips


■総獲得pips

+494.95pips


■REO-terzzoについての総評

年末から年明けにかけてもREOはユーロドルで大きく活躍してくれました。
含み損を抱えていたドルスイスでもなんとかプラスで決済を終えてます。


また、各通貨ペアでもかなりの含み損を抱えていました
どうにかこうにか含み益を出すことができました。
含み損がとても大きくなっていたので正直プラスで終わるとは
思っていませんでした。
しかもドル/スイスフランで115pipsという大勝利を得ています。
緊張する場面もあるトレードでしたが、ここまでやってくれると嬉しい限りです。

その他、ドル円・ユーロドルでも確実に利益をだしています。
スイスフラン円はかろうじて勝った状態です。
スイスフランは少々不安定な状態なのかもしれませんね。

これまでの結果をみてオススメする取引通貨ペアは
ユーロドルかドルスイスフランでしょうか。
来週の報告では取引を終えて無事プラス決済しましたと報告したいものです。

では、引き続き経過を見て行きたいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)
http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価5


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
1月3日 - 1月7日

-174pips(ショートエントリー)
+17pips(ロングエントリー)


▼獲得pips
-157pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■1月の利益

▼獲得pips
-157pip

▼獲得利益
-7万8500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

先週のFXCRONOSは、大き目のマイナスとなってしまいました。
テストを始めて週間でのマイナスはありましたが、1度のドローダウンで-150pipsとなってしまいました。
内容は今年始まって4日にショートしたポジションのドローダウンです。

取引はかなりシンプルになりました。
年末まで頻発していた更改はほとんどなくなり決め打ちをしているようです。
1月4日の朝4時のショートで81.73でショート、相場は逆行。
5日夜中の雇用統計の発表で損切り。
-174pips。すぐその2時間後逆張りのロング。
続けて翌日6日に夕方4時にナンピンしてロング。
翌日の14時ごろ1ポジション決済。+17pips。
もう一つは若干のマイナスを出してオーバーナイトです。

今週のドル円はかなり強めのドル高でした。81.10-83.50あたりまでの上昇。
習慣値幅が2.5円ほど。かなり大きな振幅だったようです。
雇用統計を失業率の発表で相場が大きく動き、
12月第3週につけた84.00付近にあと40銭と接近し、3週間ぶりの高値水準で引けました。
年末の特殊要因を吹き飛ばした1週間だったという見方も出来るかもしれません。
しばらく様子は見ていくつもりです。

FXRONOSは、年間で見ると今でも20%以上のリターンをたたき出しており、
邦系機関投資家並みの好成績です。
以前にもありましたが、これが一時の調整なのかどうなのか、観察を続けます。
ちなみに前回の10年1月からの調整では4ヶ月ほどの調整がありました。
その間の最大ドローダウンは-180pips。
レンジ差310pipsでしたので、この辺を一つの目安にしてゆきます。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価7

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、乱獲FXの第2弾、「乱獲FX2ダブルトラップ」の検証レビューです。
乱獲FXで、今は利益をかなり上げられているので、検証を楽しみにしていた商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■ドル円:15分足
1月3日 - 1月7日
+17pips  (ショートエントリー)
+48pips  (ショートエントリー)
+121pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+77pips


■ユーロドル:30分足
1月3日 - 1月7日
+89pips  (ロングエントリー)
+81pips  (ショートエントリー)

▼獲得pips
+170pips


■1月1週の利益

+247pips

▼獲得利益
12万3500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

今週はドル円、ユーロドルで比較的大きな時間足で利幅の大きなトレードを狙いにゆきました。
正月休みで日中もトレード。
しかし15分30分1時間ともに長期の急峻な相場の為チャンスはかなり少なく推移。

先週は、指標発表とその期待感からドル円ではドルが大きく買われる展開です。
一方ユーロドルでもドルが大きく買われる展開になりました。
ドル円の値幅は81.00?83.60まで。、ユーロドルは
1.3435-1.2900。ドル円では世界経済のまっとうな回復期待と見られますが、
ユーロドルではユーロの先行き懸念からユーロ売りが進んでいる模様です。
ドル円は来週若干の調整、ユーロドルは国債入札を控えて更なる売りの可能性がありそうです。


今週はここしばらくのこの商材、乱獲FXDTの収益を総合的に見てみたいと思います。
ここのところ乱獲FXDTは、非常に順当な利益を上げています。
相場が一方向に偏っているここ2週間、特にユーロドルなどでは利幅がほとんど出ていませんが、
それでも最低限の利益を出しています。
12月は合計で300pipsの利益を出しました。
今月はまだ1週目ですが、ドル円では比較的順調です。
比較的新しい商材ということもあり、時間をかけなければまだわからないことは多いのですが、
やや安心感がでてきたように思います。
今後目標としては、ロットとの関係で200pipsを超えると10万の利益が出て、
福利だと更に順調な結果が期待できるので、
それを一つの目標にしてトレードを検証してゆきたいと思います。

▼『乱獲FX2ダブルトラップ』よしゆきの評価

・おススメ度★★★★★
>乱獲FX同様、動画教材として見られるのは、分かりやすくて高評価です。
実際に私もこの手法を利用してみて、手堅く利益を確保できました。
持っていて損は無い教材だと思います。

・再現性★★★★★+★
>『2つの仕掛け』による絶妙な決済タイミングは、かなり有効だと思います。
そのシンプルな手法は再現性も高く、
FXトレードに慣れている方ならすぐに体得できることから、高評価。

・分かりやすさ★★★☆☆
>このダブルトラップは『ロジック』のみが公開されているため、
まったくの初心者さんの場合には慣れるまでに時間がかかりそうです。
今までトレード経験がある方なら難なく始められそうです。
そのため、分かりやすさは一般的なレベルとして★3つとしました。

▼乱獲2FXダブルトラップの総評

この『ダブルトラップ』は再現性において、
かなりの高評価をつけさせていただきました。

というのも、メタトレーダーさえ使えれば誰でも出来る手法だからです。

時間足も選ばず、流通量の多いメジャー通貨ペアであれば、
好きな通貨ペアでトレードすることが出来るのも魅力的ですね。

よしゆきオススメの商材です。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FXコレクションズの検証と評価34

FXマイスターよしゆきがたった半年で資産を20倍にした!
FXコレクションズ

【1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用】
http://yoshi.rdy.jp/

こんばんは、よしゆきです。
FXコレクションズの実践レビューを行っていきます。
Fコレの1月利益は以下の獲得pipsになりました。

■※よしゆきオススメ商材ランキング2位の商材です※■

FXコレクションズはよしゆきのレビュー商材ランキング2位の商材です。
商材ランキングはメルマガで発表していますので、
メルマガは上のフォームより是非ご登録ください。

■各システムの獲得pips

『TNT EURJPY』※解除
±0pips

『Meta Diffusion III AUDUSD』
+30.9pips

『SystemsFX EURUSD』
+131.5pips

『Getfrom EURUSD』
+18.6pips

『Auto-EuroOne EUR/USD』
±0pips

『A1776 AUD/CHF』
+121.2pips

『Sharppoint EURGBP』new!!
+36.1pips

■1月の総獲得pips
+338.3pips

■1月の総利益
+19万2270円

■システムの入れ替えと、動き

『TNT EURJPY』は、3ヶ月静観してきましたが、
取引回数も少なく、資金効率もよくなさそうでしたので解除しました。

『Meta Diffusion III AUDUSD』は、こちらも取り引数は少なく、
動きが鈍い状況は今も続きます、次のシステム入れ替え候補の一つですね。
Fコレランキングで上位のシステムと入れ替えてしまってもよさそうです。

『SystemsFX EURUSD』は、利益を獲得してくれていますが、
増えたり減ったりの不安定さが少々目立ちます。
こちらも入れ替えの頃合いかもしれません。

『Getfrom EURUSD』 はここ最近調子を取り戻してくれています。
稼ぎ頭として今後も利益を積み重ねてもらいたいところです。

『Auto-EuroOne EUR/USD』は新年になり取引はまだありません。
取り引数、獲得pips数と大きくないので、ロット数を他のシステムより多めに設定しています。

『A1776 AUD/CHF』は12月に若干不調になったものの、
新年になり調子を取り戻してきたようです。
1度のドローダウンは少し大きめですが、勝率でカバーし、
着実に利益を上げています。

『Sharppoint EURGBP』を今回より適用させています。
年間獲得pipsは1000pips程度とあまり多くは無いものの、
緩やかな右肩上がりの推移を見せているシステムです。


■全体の総評

新年になり、システムも順次入れ替えていこうかと思います。
今のところ、どのシステムも調子がよく、ストレス無く利益を上げられています。
システムひとつひとつに許容できるドローダウンを決めて、それを上回ったら入れ替えるなどしていくと資金効率も上がります。
そういう意味では、自動売買システムの入れ替えもトレードで損切りするのと似ていますね。

リスク管理さえ怠らなければ十分に利益を出していけると思います。
では、引き続き、Fコレの実践結果報告をしていきますので、お楽しみに。

Fコレについての質問や疑問があれば、いつでもメッセージください。
迅速にサポートしていきますので、お気軽にどうぞ。

FXマイスターよしゆきがたった半年で資産を20倍にした!
FXコレクションズ

【1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用】
http://yoshi.rdy.jp/

タグ

【新レビュー!!】MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価1


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
1/4 - 1/5

▼ 獲得pips
1/5 +16pips
1/6 +33pips

▼1月の獲得利益

+49pips

+2万2180円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。

--------------------------------------

■MaestroFX(マエストロFX)についてのコメントと評価

この「マエストロFX」はFXを基礎からちゃんと学んで、
プロトレーダーとして稼ぎたい方にはぴったりの商材です。
これはFXを専業とするトレーダーの佐野さんによる
FXトレーダー育成プログラムの商材です。

ここまで本格的なFXトレードに関する商材は私の知る限りでは
あまり目にすることがありませんでした。
簡単なトレンドラインやボリンジャーを使ったものは確かに存在していますが、
ここまで本格的に学べるものは無かったのではないしょうでしょうか。

先にも言ったとおり「マエストロFX」はプロトレーダー、専業トレーダーを目指す人の為の商材のようです。
内容ももの19時間という膨大な量の動画解説です。
一通り見るだけでもかなりの時間を要しますが、それだけ内容の濃い、
役立つ情報が満載というわけです。


その内容はというと、
・ローソク足の見方
・レジスタンス、トレンドライン、平均移動線についてのポイント
・相場の状況、分析
・チャートポイント
・基本戦略

などここでは書ききれない内容です。
検証するにあたってはまず、これらを順番に解説していってみたいと思います。
現在はとても優れたEAもたくさん市場に出回っていますが
稼ぎ続けるならやはりテクニカル分析は絶対に必要です。
テクニカル分析さえ身に着ければ、そのEAの良し悪しも判断できるようになります。

この「マエストロFX」では
チャートの状況をみての売買のタイミング、トレンドの転換ポイントなどを
身につけることが出来る商材です。

適当な裁量を行うのではなく、きちんとデータに基づいた知識を得て
勝つFXを行ってみたいと思っています。
まずは熟読してマスターしていきましょう。


今後もMaestroFX(マエストロFX)を検証レビューしていこうと思います。

最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価6

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、乱獲FXの第2弾、「乱獲FX2ダブルトラップ」の検証レビューです。
乱獲FXで、今は利益をかなり上げられているので、検証を楽しみにしていた商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■ドル円:15分足
12月27日 - 12月31日
+25pips  (ロングエントリー)
+15pips  (ロングエントリー)
-9pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+31pips

■ドル円:30分足
12月27日 - 12月31日
+5pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+5pips

■ユーロドル:30分足
12月27日 - 12月31日
+17pips(ショートエントリー)

▼獲得pips
+17pips

■12月4週の利益

▼獲得pips
+63pips

▼獲得利益
3万2415円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

先週は、週間ではドル/円については83.00円からの一方方向のドルの売り局面となりました。
これで2週間連続の84.50付近から81.50付近までの一方方向のドル安であり、
波乱のある展開となりました。
長い時間軸で見てもやや得意な展開です。
年末要因にしても急峻なドル売りで、
ドルに対するファンダメンタルの弱さが売りを誘ったようです。
ただ、歴史的安値水準である11月の安値を割り込むにはやや材料不足の感があるようです。

ユーロドルは、週間で見るとドルに対してはユーロ高が進みましたが、
1.3200付近でのユーロの底値でのレンジとなっています。
ユーロの買い材料がそれほど強くないので見通しが立てにくく、
上値1.3480付近のレジスタンスと、
1.3100以上のサポートをしばらく続けそうなチャート形状にも見えます。
いずれにせよ先週後半の値動きが0.0050圏内にとどまることから、値動きは小幅で、
さほど神経質になる状況ではなさそうです。

ここ2週間ほど、ドル/円が急峻な相場を演じていますが、
その割には乱獲FXDTの成績はけっこう良い感じです。
裁量を加えたシステマチックトレードである乱獲FXDTは、テクニカル指標を利用しますが、
テクニカル指標は総じて急峻な相場には弱いところもあります。

テクニカル指標には大きく分けて先行指標と遅行指標がありますが、
すべての指標は過去のチャートデータを参考に算出するので、
ほぼすべての急騰相場には弱い傾向がありますね。
テクニカル指標の基礎は移動平均[MA]ですが
この指標自体が過去のチャートを参考に算出されます。

ダブルトラップどおりのロジックでコレだけ利益を出せているので、やはり優良商材といえるでしょう。
ここに裁量判断など加えていくとより、利益を上げられそうです。

▼『乱獲FX2ダブルトラップ』よしゆきの評価

・おススメ度★★★★★
>乱獲FX同様、動画教材として見られるのは、分かりやすくて高評価です。
実際に私もこの手法を利用してみて、手堅く利益を確保できました。
持っていて損は無い教材だと思います。

・再現性★★★★★+★
>『2つの仕掛け』による絶妙な決済タイミングは、かなり有効だと思います。
そのシンプルな手法は再現性も高く、
FXトレードに慣れている方ならすぐに体得できることから、高評価。

・分かりやすさ★★★☆☆
>このダブルトラップは『ロジック』のみが公開されているため、
まったくの初心者さんの場合には慣れるまでに時間がかかりそうです。
今までトレード経験がある方なら難なく始められそうです。
そのため、分かりやすさは一般的なレベルとして★3つとしました。

▼乱獲2FXダブルトラップの総評

この『ダブルトラップ』は再現性において、
かなりの高評価をつけさせていただきました。

というのも、メタトレーダーさえ使えれば誰でも出来る手法だからです。

時間足も選ばず、流通量の多いメジャー通貨ペアであれば、
好きな通貨ペアでトレードすることが出来るのも魅力的ですね。

よしゆきオススメの商材です。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価4


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
12月27日 - 12月31日

+74pips(ショートエントリー)
+36pips(ショートエントリー)
+7pips(ショートエントリー)
-141pips(ロングエントリー)
+36pips(ショートエントリー)


▼獲得pips
+13pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■12月の利益

▼獲得pips
+98pip

▼獲得利益
4万9000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

週の前半はほとんど取引無し。
後半は利益を出しつつも大きなドローダウンでせっかくの儲けが飛んでいます。
28日にショートで、+74pipsの利益。翌日の29日の16時にショートで+36pips。
30日の12時に小さな利益ショート+7pips。
ところが31日の12時半に82.56で買ったロングのロスカットをして-141pips。
同日ショートで+36pipsを上げますが、週間では辛くも+を保ち13pipsの利益となりました。

少し気になるのが時々出す大きなドローダウンです。
クロノスの正式な運用が始まって何度かの調整局面というのがありますので、
調整局面ではポジションの更改を頻繁に行います。
そういった場面が最近再び増えていることにちょっとした気がかりを感じます。

先週の年末為替相場はドルの一方的な売りで始まり売りで終わる相場となりました。
ドルの逃げ足が速くドルの本格的なファンダメンタル懸念が生じかねない状況でした。
ドル売りの主体が米国のファンド系資本だったようで、小額で動くインパクトの大きい相場となりましたね。

自動売買ソフトは、VPSサーバーを準備できたり長期間稼動できるPCを持っていると非常に負担が少ないものです。
FXはシステマチックなトレードでもポジションの設定や情報収集に非常に神経と時間と費やす為、
そういった負荷が少ないというのはよい点です。

しかしデメリットとしては、ロジックの中身が完全にはわからない為に、
そのEAを使うかどうか、迷うこともあるかもしれません。
特にトレーディング成績が芳しくない場合は、ロジックやポジションに気がかりさを感じます。
リスクヘッジのためにも自動売買もいくつか組み合わせてポートフォリオを組めると良いですね。
引き続きFXクロノスの運用を続けていきます。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ