2011年3月の記事一覧

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

☆よしゆきが今一番オススメする自動売買システム☆

FXコレクションズ~1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用~

Fコレは、今もよしゆきが実践して資産を増やし続けているサービスです。
約2000種類の自動売買が無料で使い放題!
ゲーム性のある資産運用でとても面白いですよ。

▼よしゆきの「FXコレクションズ」総合評価
おススメ度★★★★★
安定度★★★★★
分かりやすさ★★★★☆
サポート体制★★★★★+★(丁寧で迅速!登録会員はずーっと無料です)

FXコレクションズの検証レビューはコチラ>>>

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

スキャルピング極の検証と評価21


↑クリックすると拡大します

■スキャルピング極の検証と評価レビュー

3/15-3/21までの報告をしたいと思います。


取引時間は概ね19時?24時ぐらいの間の2 - 3時間前後です。

地震発生から10日以上たって少し落ち着きを見せ始めた相場です。
先週末にはG7による協調介入が実施され79円台から81円台へ戻すことに成功しました。
日銀による介入額は2兆円とも言われていますが、介入前はこれ以上の予算を提示していた
ので再度80円を割ってくる動きになった場合、再び介入してくるかもしれません。
協調介入によって大きく上昇したのはドル円ではなくユーロではないでしょうか。
ドル円は再び81円を割ってくる動きとなっており、82円の壁越えする勢いは感じられません。
ユーロドルも1.4250付近まで上昇していますが1.4300を越えるにはまだ力不足です。
全通貨、全面安の展開となっていますが今後の動きに注目したいと思います。


では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。

※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。


■『スキャルピング極』 の実践結果報告


▼3/15 - 3/21 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

3/15:+26pips
3/16: +54pips
3/17: +14pips
3/18: -5pips
3/21: +63pips

合計:+152pips


▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+1191pips

▼2月総獲得pips
EUR/USD:+548pips

▼3月総獲得pips
EUR/USD:+367pips


合計:+5961pips


3/15 - 3/21は合計で+152pipsとなりました。


3月の合計損益は+367pipsという結果となりました。


■『スキャルピング極』の実践レビュー

15日のスキャルピング極はEEアラームに惑わされました。
いわゆるダマシに騙されてしまって早めの決済をしたため、その後エントリーサインが
なかなか現れず時間を無駄にしてしまいました。
このダマシを見破る為のなにかいい方法はないのでしょうか。
やはりこれにはテクニカルをしっかりと勉強し、スキャルピング極と併用していくことが
ベストな方法かと思いますので頑張りたいと思います。
ダマシにあう日もあれば、16日や21日のようにサインどおりに忠実に従うことで
大きな利益を得ることも出来ることもまた事実です。
トータル的に見て勝率は高いものなので、あまり難しく考える必要もないのかもしれませんが
より損失をなくすため、より多くpipsを得るためにはテクニカルは必要不可欠です。
18日は損切りが発生しトレード回数は多かったものの獲得pipsは伸びませんでした。
これを教訓に次からも頑張りたいと思います。

スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ

「恋スキャFX」検証と評価15


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
恋スキャFXを検証レビューしていきます。
こちらの商材ですが、レビューオファーを頂いておりまして、
乱獲FXでもおなじみ「FX-Jinさん」のロジックということもあり、期待している商材です。
販売ページでは推薦文も書かせていただきました。

それでは、早速恋スキャFXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
2011年 3/21 - 3/25

【ドル円】

3/21  +20pips
3/22  +19pips

▼ 獲得+39pips

▼勝率
82.4%

【ユーロドル】

3/21 +13pips
3/21 +10pips
3/22 +20pips
3/22 +17pips
3/22 +22pips
3/23 +17pips
3/23 +20pips
3/25 +21pips

▼ 獲得+140pips

▼勝率
83.5%

合計
+179pips
+15万5014円

▼3月の獲得利益

+648pips
+57万8619円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+1477pips
+312万9150円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。


--------------------------------------


■週間の相場の動き
今週のドル円は、先週の歴史的な株価の動きから一変して、
非常に値動きのない1週間となりました。
水面下ではまだ神経質な見通しが立っていると思いますが、
81.00をはさんで値幅は25銭前後です。
週末にややドルが買われチャートが上昇しましたが、一時的なものとなり、
81.00付近から81.45まで上昇しましたが、週末に再び10戦前後売られて、
終了しています。

一方のユーロドルは、
リビアに対して西側諸国の直接介入とポルトガルの財政再建の見通しが悪化し、
一方でユーロの金利の引き上げがうわさされることで、
魅力のある1週間となりました。
週間値幅は1.4245 - 1.4050で大きなレンジを繰り返す、
テクニカルトレードにはよい相場となりました。

■恋スキャFXについてのコメントと評価

今週の恋スキャは、神経質な展開を予想しながらも短めの15分でドル円にエントリーするものの、
チャンスが少なくあえなく少ないトレードで終えました。
一方のユーロドルは、比較的大きな展開の相場を予想していましたが、
値動きが恋スキャに非常にマッチングしたために、
小幅な利益を積み上げる展開となりました。

ユーロドルでは今後も上値権での値動きの激しい展開が予想され、
可能ならば、長い時間足でのショートポジションを織り込んでいけたらと思います。
スキャやデイトレでの短い売買でも、トレンドを織り込みたいので、
ショートはできるだけ深めに構えたいです。

一方ドル円は、今後は同水準での81.00付近での値動きが続くものと予想されますが、
ドルの介入で、下値が見えているために、
80円台前半でのショートポジションはやや取りにくい相場です。
80円台にかかれば強いロングを待ち、大きく買われれば短くショートを狙う展開でしょう。
もちろん恋スキャのトレードのルールを守ってです。守らないと大きな損失が出るので、
いつもルールに従うことを頭の隅においておきます。

恋スキャは本来もう少しエントリーを積極的に仕掛ける商材として設計されています。
エントリーはほとんどいつでもできるというくらい仕掛けられる商材なのです。
しかしここでのトレードは、
最も保守的な見積もりに基づくトレードだということをお断りしておきます。


恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価6

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■ドル円:15分足

-5pips
+37pips
+18pips

合計 +50pips


■ユーロドル:15分足

-20pips
+13pips
+32pips
+26pips


合計 +51pips

▼今週獲得+101pips

▼獲得利益
5万500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+3092pips


⇒手法についての解説
ドル円 15分。

今週のFXPLUS-ESSENTIALの
ドル円は15分を中心にトレード。
3月25日の7時にU手法で80.98でショートエントリー。
すぐに失敗し、81.03で損切り。-5PIPS。

25日21時すぎに81.02でU手法ロング。
続けて26日0時過ぎにU手法で81.15でロング。

26日1時過ぎにドルが急騰し、
両方利益確定。
最初のエントリーを81.39で利益確定し、+37PIPS。
後のエントリを81.33で利益確定し、+18PIPS。


ユーロドルは、
15分を中心にトレー ド。

3月25日19時に1.4163でUna手法で
ロングエントリー。

21時に1.4155で再びUna手法で、
ショートエントリー。

ロングを1.4143で損切りし、-20PIPS。
ショートを、1.4142で利益確定し、+13PIPS。

24時前に1.4139でW手法でショート。
26日1時にUna手法で1.4133でショート。
両ポジションをすぐに1.4107で利益確定。
+32PIPS。+26PIPS。

⇒今週の相場。
今週のドル・円は、先週の歴史的な展開を引き継いで、
神経質な閑散相場となりました。
値幅も上下30銭に満たない小幅な値動きで、81円を中心の値動きとなりました。
週の前半は特に値動きが少なかったものの、
後半はややドルを買い進める動きとなりましたが、
結果的には週末に再び売られ、81.30銭台で引けています。

一方のユーロドルは値動きする材料が目白押しで、
今年の最高値付近である1.4050付近でもみ合う展開になりました。
材料としてはユーロ圏の利上げの観測と、
一方でポルトガルの財政再建内閣が倒れたことで、
ユーロに対する信任が疑われるユーロショックの再来を警戒した売り浴びせが断
続的に生じる見通しです。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

まだ発売してまもなく、テストを始めても1ヶ月に満たない⇒FX-PLUS essential ですが、
ここでは厳格に成果を少しづつ評価してゆきたいと思います。

その方針と問題点をここではまとめておきたいと思います。
FX-PLUS essentialは、リアルタイムトレードを主眼においているためか、
後からテストのデータの検証ができにくいという側面があります。そのため、
実際のトレードを目的とせずソフトの評価をするだけの場合でも、
かなりソフトを動かしている時間を増やさなければなりません。

もうひとつは、裁量トレードでない完全システムトレードの側面が強いので、
エントリーは手動ですが、トレードしている期間に斑があります。
あるときは1時間でかなりの頻度のトレードを行うのに、
まったくトレードを行わない期間が時々あったりします。
そういう場合は、時間軸を変更するようですが、やや遣いにくいところがあります。

最近の勝率をスコアだけ見て把握するのが難しいという難点もあります。
エントリーするかどうかの判断を最近のスコアの勝率で決定しますが、
やや躊躇することがあります。

こういったリスクについてあらかじめ知っておくことが、
長くソフトと付き合って行くよい方法なのでしょう。来週からは、
場中に行ったFX-PLUS essentialの判断について、詳細に見てゆくことにします。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年3月29日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価18

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

■ドル円:15分足
3月21日 - 3月25日
+0pips[ショートエントリー]
+0pips[ショートエントリー]

+6pips[ロングエントリー]
+4pips[ロングエントリー]

+0pips[ショートエントリー]
+20pips[ショートエントリー]

▼獲得pips
+30pips


■ユーロドル:15分足
3月21日 - 3月25日

+5pips[ショートエントリー]
+22pips[ショートエントリー]

+27pips[ロングエントリー]
-11pips[ロングエントリー]

-6pips[ロングエントリー]
-6pips[ロングエントリー]

+25pips[ショートエントリー]
+41pips[ショートエントリー]


▼獲得pips
+107pips


■3月1週の利益

+137pips

■3月合計の利益

+838pips

▼今月獲得利益
41万9000円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

今週は週間で神経質な展開を予想していたので、エントリーは絞りたかったのですが、
ドル円は、15分でエントリーしました。

3月21日は18時30分に81.17でダブルショートエントリー。
あまり自信のないエントリーでしたが、
見る見るチャートは上昇。20時には30pips近い含み損。
しかし21時30分に81.17で決済サインが出て同時に同値になったので両決済。+0pips。+0pips。

その反省から大きく引き付けたかったのですが、
エントリーチャンスがなく、24日の16時45分に80.88でロングダブルエントリー。
18時15分に80.93で決済サインで決済。+6pips。
やや値が伸びたもののサインが出ずに、80.92で決済サインが出て、+4pips。

25日の18時すぎに18.15でショートダブルエントリー。相場は比較的急進な上昇相場でしたが、
チャートは上昇を続け含み損へ。
21時ころにいったん上昇をしてエネルギーを使ったということで、
ここは商材のシステムどおりに、同値撤退。+0pips。
しかし待てばいいこともあります。21時過ぎに80.95で決済でき、+20pips。

ユーロドルは30分でエントリー。
まず22日の1.4233でショートダブルエントリー。
21時30分に1.4229で決済。+5pips。
21時30分のその後に、1.4211で決済。+22pips。

23時30分に1.4190でロングダブルエントリー。
2時に1.4217で決済。+27pips。
朝方見ると含み損が出ているので、8時すぎに
1.4179で決済。-11pips。

3月23日の22時に1.4121でロングダブルエントリー。朝方見ると大きく含み損で、
8時30分に1.4115で両方決済。-6pips。-6pips。

25日の0時30分に1.4195でショートダブルエントリー。25日の朝8時30分に1.4170で決済。
+25pips。1.4154で決済。+41pips。

今週のドル円は、先週の歴史的な相場を引き継ぎましたが、
非常に神経質な展開で、週前半の値幅はほとんどありません。
80.75付近から始まって、
徐々にドル買いが始まりチャートが上昇し、81.38で引けました。
その間もレンジ値幅は大きくても20銭前後にとどまる小さな相場でした。
協調介入で下限が見えていることから、時間をかけてドルは上昇する見通しです。

一方ユーロドルは、リビアへの西側諸国の多国籍軍空爆で、
ユーロに下落圧力がかかる一方、
利上げへ本格的に移行するECB幹部の発言を受けて買われる局面もあり、
複雑な値動きをしています。

ただ日足などやや眺めのチャートでみると、今年の最高値付近である1.4050をはさんで、
やや売り圧力の強まる局面でありますが、
比較的買いの勢いも強くレンジで荒れるテクニカルチャートでの利益相場はまだ続く見通しです。


【今週の乱獲FXDT】

今週の乱獲FXDTは、久しぶりに小幅な利益となりました。

今週は、結果から見たらわかることとトレードを行う週のはじめに立てる戦略について
書いておきたいと思います。

今週の初めは、先週の歴史的な相場を引き継いで、神経質な動きが続くという見通しでした。
見通しは一見シストレには無関係に思われますが、
ロングとショートのエントリーの深さを探るときに、いろいろと差が出てきます。
小さい値動きだと思えばレンジを待ってがんがんエントリーをするし、
逆にトレンド相場だと思えば、十分深いところまで来ていることを示すサインを待ちます。

時間軸についても考察が必要で、今週は神経質な相場で短い利益を取っていきたかったので、
ドル円では15分を、ユーロドルではリビアなどやや大きいトレンドが生じる可能性から、
少し引いた観点から30分を中心にエントリーしました。

しかしこの戦略が、必ずしも相場にあっているとは限らないのです。
例えば30分でエントリーしても、
必ずしも相場の波が30分で利益を得られる波の形になっていないこともありますし、
15分で連続して同じ上昇なら上昇、
下降なら下降のポジションを仕掛けられる可能性もあります。

結果として言えることは、裁量判断と状況判断は、車の両輪でいつもどちらも必要ということです。
この辺をシステム化するには、もう少し技量が必要です。


乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価16


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
3月21日 - 3月25日

+28pips[エントリー]
-45pips[エントリー]
+31pips[エントリー]

▼獲得pips
+14pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■3月の利益

▼獲得pips
+8pip

▼獲得利益
+4000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは、3月21日の20時すぎに81.17でショートエントリー。
このポジションは今週の中では比較的値幅が大きく、
月曜日の81.20付近からの30銭ほどの下げでショートし、
一時含み損を抱えるも持ち越し、22日の12時前に利益確定。+28pips。

3月25日の朝5時に80.96でショートエントリー。
そのあと25日の朝17時に珍しく逆のエントリーをし、81.06でロング。

このロングエントリーが更改を連発します。値幅を0.01銭で切っているので、
それほど意味はなさそうですが。

週末の26日に一度ポジションを解消して、ショートエントリは-45pips。
ロングエントリーのほうは+31pipsで取引を終えました。


今週のドル円は、先週の歴史的な株価の動きから一変して、
非常に値動きのない1週間となりました。
水面下ではまだ神経質な見通しが立っていると思いますが、
81.00をはさんで値幅は25銭前後です。
週末にややドルが買われチャートが上昇しましたが、一時的なものとなり、
81.00付近から81.45まで上昇しましたが、週末に再び10戦前後売られて、
終了しています。
震災に基づく協調介入の下限は、78円前後と見られており下値を探る展開には
多くの投資家は及び腰です。

今週は、先週と大きく変わってFXCRONOSも沈静化しました。
取引量が再び極端に小さく、小さな利益を出して1週間を終えました。
値幅がこれだけ少なく、多くの人が神経を使った相場で、
こういった取引をするのは小気味がいい感じもしますね。月間利益もプラスに転換しました。

先週の相場は多くのFX個人投資家が損失をだし、
為替金融先物の上場会社であるひまわりHDが、
証券部門の廃業に追い込まれています。
そういった相場で、積極的な売買を繰り返したソフトは、立派だと思います。

最近日本の中小のFX業者が積極的にMT4を導入し始めていいることから、
EAの普及率が少しづつ上がってきている気がします。
ネット上には、かなり耳の早いトレーダーと新しいもの好きのシステムエンジニアらしい人が
ウェブサイトの書き込みを始めたのが07年なので、徐々に普及し始めているということでしょう。

最近では売買するための基本アルゴリズムも少しづつ知られ始めており、
これまでとは違った機能を持つEAも誕生し、
ベンチャー化している一部業者もあるようです。
今後の展開が期待できますね。


FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価18


↑クリックすると拡大します

▼「RSI-terezzo」の実践レビュー結果


「REO-Terzzo」の検証報告です。


先週のドル円は動きに乏しく値幅の狭いレンジでの動きとなりました。
協調介入後、79円から82円手前まで戻すも、
再び売られ80円台後半の推移となっていましたが
先週末は要人発言の影響を受けたりしたことで81.49まで戻しましたが
惜しくも81.50を越えることはできませんでした。
ユーロドルは週前半堅調に推移していましたが、
週末あたりから欧州通貨売りが強くなり1.4053まで
売られましたが、こちらも1.4050を下抜けることはできませんでした。
今週はドル円の方向性に注目です。


それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
258戦 158勝 99敗 1引分

■3/28 現在のポジションの状況

CHF/JPY: +10.79pips(含み益)(0.01ロット)
EUR/USD: +12.00pips(含み益)(0.01ロット)
USD/CHF: -8.68pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -7.38pips(含み損)(0.02ロット)
USD/JPY: +2.93pips(含み益)(0.01ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +35.97pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.00pips
EUR/USD: +15.90pips


■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+161.15pips

■総獲得pips

+812.54pips


■REO-terzzoについての総評

大きな含み損を抱えていたユーロドルとドルスイスフランでしたが、
先週ポジションが解消されましたが。
結果、ユーロドルはプラス決済で終えましたが、
ドルスイスフランは残念ながらわずかですが
マイナスでおわってしまいました。
しかしスイス円でのプラス決済のおかげでトータル的には利益は増えています。
3月は介入が入ったりと相場そのものが異常相場といわれている状況の中で、
この結果は評価に値するものだと私は思います。
まるで誰かの監視のもとポジションを操作している、
とも思えるREOの動きに称賛したいと思います。


では来週の結果に期待したいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)
http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価10


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------

先週は地震による原発の影響を受け相場も荒れていました。
一時は76円台に突入する異常事態です。
1995年4月19日の79.75を軽く突破してしまいました。
東京時間前の商薄の状態を狙った大きな売込みです。
市場の混乱を少しでも回避するためG7で協調介入の決定・実施が行われ
79円台から81円台まで円安になりましたが、再び80円台後半まで戻しています。
ただ80円割れでは再び介入するとの観測があるため底堅い動きではありますが
上値も82円手前で売られているため上値も思いようです。

ユーロドルは介入効果が高く1.4247まで上昇しました。
現在は戻し売りにあい1.4100辺りまで上げています。
1.427で天井をつけた感がるためテクニカルから見ても一度
1.4000を割り込んで売られる可能性があります。

ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
3/7 - 3/11

▼ 獲得pips
3/14 +18pips
3/15 +39 pips
3/16 -16pips
3/17 -5pips
3/18 +73pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+264pips


▼総獲得利益
+630,179円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回はチャートポイントを意識したトレードを心掛けてみました。
チャートを見れば、あるポイントで反転、いわゆる上げどまりや下げ止まりの
ポイントがあるのがわかります。
このポイントが多いほど、重要なチャートポイントだと言えます。

しかし、売り買いの圧力が強まった場合はこのチャートポイントは破られ
ストップを巻き込んでしまいます。
そうなると逆に歯止めが利かない状態となり、上昇、下落しやすくなるため
スピードが加速していきます。

チャートポイントは
レジスタンス、トレンド、サポート、チャネルライン等のテクニカル分析を
使うことである程度把握できます。
大体の場合はこのポイントで反転する場面が多いということが言えます。

簡単に言えば、チャートポイントは防波堤で価格(レート)は押し寄せる波といった
関係だとマエストロ作者は言っています。

確かにそう考えるとわかりやすいですね。
いったん防波堤を破ると怒涛のごとく押し寄せる波がレートの動きに似ていますね。

では皆様も是非参考までに試してみてください。

最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

「恋スキャFX」検証と評価14


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
恋スキャFXを検証レビューしていきます。
こちらの商材ですが、レビューオファーを頂いておりまして、
乱獲FXでもおなじみ「FX-Jinさん」のロジックということもあり、期待している商材です。
販売ページでは推薦文も書かせていただきました。

それでは、早速恋スキャFXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
2011年 3/14 - 3/18

【ドル円】

3/15 +26pips
3/16 +28pips


▼ 獲得+54pips

▼勝率
87.7%

【ユーロドル】

3/14 +18pips
3/15 +80pips
3/15 +28pips
3/16 +26pips
3/17 +35pips
3/18 +20pips

▼ 獲得+207pips

▼勝率
85.2%

合計
+261pips
+23万4117円
▼3月の獲得利益

+469pips
+42万3605円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+1298pips
+297万4136円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。


■週間の相場の動き
今週のドル円は、歴史上の出来事がいくつか重なる非常 に大きな相場になりました。

ユーロドルは、週の前半は1.3850-1.3990のレンジの間でかなり頻繁な往復をしていましたが、
日本の災害でのドルの弱体化を確認し、
さらに引き続きリビア情勢が不安なことから次第にユーロが変われる展開へと移ってゆき、
最終的には1.4150付近で週の終わりを迎えました。

■恋スキャFXについてのコメントと評価

今週の恋スキャは終わってみれば比較的穏当な利益確定で終われましたが、
稼いだのは主にユーロドルで、さすが二ドル円はエントリーを大幅に減らし対応したことが
損失を出さない鍵だったように思われます。
ユーロドルについては前半はかなりテクニカルに適したトレードで比較的利益を出しました。

さて、今週は東日本大震災に引き続き原発で大きな事故がありました。亡くなられた方には、
ご冥福を申し上げます。それに続いて為替市場でもかなり大きな出来事が起こっているので、
記述しておく必要があるようです。

現在のドル円は裁量トレードではドルの下落基調を見込まれており、原因は1995年の1月に
おこった阪神淡路大震災の後3ヶ月に渡って大幅にドルが売り込まれ、歴史上最安値となる
79.76まで売り込まれた出来事をフィードバックしている模様です。当時は98.73の水準から
売り込まれたので1ヶ月で9円近い下落を見るという有様でした。

今回もそれを意識した動きが活発化しており、17日の朝6時には76.46という95年の水準を
あっさりと3円近く割ってドル売りが進むこととなりました。

その後協調介入によってドルが買い戻されましたが、
ドル円では今後短期とレーダーにとってはかなり厳しい相場になることが予想されます。

スキャルピングトレードにおいては確実にストップロスをおいておくこと。
裁量の観点も忘れないで、大きなトレンドが現れたと思ったらすぐに損きりすること。
相場の方向に逆らっているエントリーに関しては深くエントリー、
短く決済を忘れないようにしたいです。

恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価17

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

■ドル円:30分足と15分足
3月14日 - 3月18日
+39pips[ロングエントリー]
+68pips[ロングエントリー]

+3pips[ロングエントリー]
+18pips[ロングエントリー]

+56pips[ロングエントリー]
+0pips[ロングエントリー]

▼獲得pips
+184pips


■ユーロドル:30分足と15分足
3月14日 - 3月18日

+39pips[ロングエントリー]
+100pips[ロングエントリー]

+47pips[ショートエントリー]
+21pips[ショートエントリー]

▼獲得pips
+207pips


■3月1週の利益

+391pips

■3月合計の利益

+701pips

▼今月獲得利益
35万500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント


今週の乱獲FXDTのドル円は、14日の朝8時の81.46のロ ングから始まります。
そのポジションを81.85で一本決済。 82.24で決済。+39pips。+68pips。

15日の21時に80.86でロング。
16日の朝8時に80.89で1本決済。+3pips。
もう一本をすぐに81.04で決済。+18pips。

この後、先週のクロージングでドルが売られた経緯を知って
いたことからロングが取りにくいので様子見。
17日の朝6時 にドルが急落するもノーポジション。

17日朝78.88でロング。9時に79.44で決済。+56pips。
もう一本は同値撤退。

17日の20時にロングのチャンスがありますが、
怖いので見送りました。

ユーロドルは前半チャンスが少なく、
いつもより若干値幅が少ないので積極的にエントリー。

15日18時過ぎに1.3863でロング。
1.3906で一本決済。15日の23時すぎに
1.3963でもう一本決済して、+39pips。+100pips。

17日20時に1.4035でショート。
18日の0時に1.3987で一本決済。
18日の朝気がついたときに1.4014で決済。
+47pips。+21pips。

今週のドル円は、歴史上の出来事がいくつか重なる非常 に大きな相場になりました。

14日の今週の始め81.90の水準から、80.60まで売り込ま れ、
82.45まで急騰する相場から始まります。
その後は値を 次第に一方的に切り下げる展開で、3月15日の21時には 80.75。
3月17日の5時には79.53。

17日の朝6時には76.46という歴史的水準まで売り込まれ ます。
値は朝8時には79.55まで戻すものの、
再び下げ局面 となり、17時の20時には78.28まで売り込まれました。

ユーロドルは、週の前半は1.3850-1.3990のレンジの間でかなり頻繁な往復をしていましたが、
日本の災害でのドルの弱体化を確認し、
さらに引き続きリビア情勢が不安なことから、
次第にユーロが変われる展開へと移ってゆき、
最終的には1.4150付近で週の終わりを迎えました。

【今週の乱獲FXDT】

今週の乱獲FXDTは引き続きかなり順調なトレード。今月の獲得利益が700pipsを越えました。
トレード回数こそ減っているもののユーロドルも引き続き堅調で、
このところあまり利益を獲得できていなかったドル円についても、
かなり順調なトレードとなりました。

今週FXでの投資家は、勝者と敗者がくっきりと分かれたと 思います。
シストレのトレーダーにとっては、大きな損失は 回避されたものの、
やや厳しい一週間になったのではないでしょうか?

いくつか教訓になることは、3月17日の急落局面での値幅 についてです。
この間2円50銭の急落だったわけですが、
今週の始め14日に一時急騰した82.50付近から数えると、
ちょうど4円となり、日本の追証を認めないFX業者でのトレードを10倍で行うと
1万通貨単位あたりの損切りは約4円なので、
先週からの持ち越しはストップロスを入れていない場合、
ほとんどロスカットされたということです。

しかしそれでもロスカットは資金管理の上では欠かせないということを忘れないようにしたいです。
テクニカルを指標とするトレーダーは、
今後1ヶ月は必ずポジションのストップロスを入れることと、
大きく値動きがありそうなヨーロッパ・ニューヨーク時間のオープニングとクロージングには、
神経をとがらせて必ず画面を確認しながらトレードする必要があると思います。

ヨーロッパ時間の入り口は、特に乱獲ではユーロドルで、
これまでかなり利益を出せる時間だったので、今後は注意が必要です。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価5

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価

FX-PLUS essential の実践運用結果
3月14日 - 3月18日

■ドル円:15分足

+0pips


合計 +pips


■ユーロドル:15分足
-32pips
-41pips
+25pips
+9pips
+47pips
+22pips
+21pips
+22pips
+11pips
-19pips


合計 +65pips

▼今週獲得+65pips

▼獲得利益
3万2500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+2991pips


⇒手法についての解説
ドル円 15分。

今週のFXPLUS-ESSENTIALの
ドル円はトレードなし。

ユーロドルは、
15分を中心にかなりボリュームのあるトレー ド。

3月17日の朝5時前に、1.3904でW手法ショート。
6時に1.3936で損きり。-32pips。

3月17日19時すぎにU手法で1.4013でショート。
後日1.4054で決済し、-41pips。

同日17日の20時過ぎに1.4009でショート。
23時に1.3984で決済。+25pips。

21時過ぎに1.4012でU手法でショートし、
すぐに1.4003で決済。+9pips。

22時前に1.4003でロング。
このロングが後に大きく伸びて、1.4050で決済でき、
+47pips。

18日の1時前に1.4007でW手法ロング。
1.4029で決済。+22pips。

2時前に1.4012でW手法ロング。1.4033ですぐに決済。
+21pips。

3時前に1.4012でW手法ロング。後日
1.4034で決済。+22pips。

18日21時に1.4141でU手法でロング。
19日の1時に決済し、1.4152で決済。
+11pips。

18日の22時前に1.4128でU手法でショート。
しかし1.4147で決済。-19pips。


⇒今週の相場。
今週はドル円、ユーロドルとも大幅な取引となり、
週末には日本で大規模な災害が発生し、
とりあえずは様子見が続くという相場となりそうです。

3月7日から11日のドル円は、
中東情勢を中心とした先行き不安からドルが売られていた前週から、
比較的良好な米国経済を見通して、
7日18時以降強いふみ上げ相場で83.00を突破しますが、
週末の11日、日本で地震と津波の大規模な災害で円が売られる場面があり
一時83.25付近まで買われますが、その後円の実需買いが発生することを見込んで、
ドルが大幅に買われました。
ドルは比較的弱含み傾向です。

ユーロドルは週の前半1.4000から次第に売られ、
8日の午後以降1.3900で数日間ほぼ横一線の展開。
10日から再び値を下げて11日の朝には1.3780付近まで下落。同水準でもみあうも、
日本時間の大災害の後、避難通貨として次第にドル売りユーロ買いの展開が生じ、
1.3900付近で取引終了となりました。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

前回まででFX-PLUS essential の主要な解説は終わりました。

ここではこれまでにわかっているいくつかの不明確な点と、今週起こった大きな災害と
その後の為替の動きについて一言書いておきます。

1 ライトモードで起動した場合と通常モードで起動した場合に、
エントリーの数が変わると言うことです。
ライトモードは前回解説しましたがシステム負荷のかからない起動法ということで
重宝しますが、エントリーの内容が若干異なるのは気がかりです。

2 これはトレード上のテクニックの話ですが、
FX-PLUS essential はエントリーをするフェーズがいつも一様ではありません。
非常に多くのエントリーをする週もあれば、まったくエントリーしない週もあります。
今週のドル円の15分足などがそうです。そういったことをあらかじめ知っておいて、
トレードに臨む必要があります。

3 以前にも指摘したように、複数ポジションが取れる最近のアップデート以降、
ポジションを連続して立てる傾向が強まっているため、
FX業者の口座に入れる資金量についていつも意識しておく必要があります。
FX-PLUS essential では、これまで確認できているだけで連続して5本のポジションを立て
ここでのトレードの例では、一時のポジションの総額が250万を越えています。
自分の可能なポジションと相談をする必要があります。

今週のドル円では非常に大きな変動が起こったためか、
FX-PLUS essentialのトレードはぱったりとなくなってしまいました。
正確には1回だけI手法でのエントリーがあったのですが、先週からの引き続きで、
テクニカルトレードにはふさわしくないトレードと考えてエントリーしませんでした。

FX-PLUS essential では、あくまでも過去のトレードのレジスタンスとトレンドを参考にしています。
現在のトレードは1995年1月以降3ヶ月のトレードを意識しており、
ここ数週間のトレードで現在を見るのはやや危険に思われます。
トレードを行う投資家は、必ずストップロスを入れて、慎重なトレードが必要です。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年3月23日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FXクロノスの検証と評価15


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
3月14日 - 3月18日

-90pips[ショートエントリー]
+57pips[ショートエントリー]
+195pips[ショートエントリー]
+112pips[ショートエントリー]
+49pips[ショートエントリー]
-75pips[ショートエントリー]
+38pips[ショートエントリー]
-235pips[ショートエントリー]
+31pips[ショートエントリー]

▼獲得pips
+82pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■3月の利益

▼獲得pips
-6pip

▼獲得利益
-3000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは、非常にアクティブなトレード。
トレンドロジックが稼動したものと思われます。
この相場局面で徹頭徹尾ショートを仕掛ける、
非常に激しい1週間となりました。

週明け14日8時から81.40付近でショートエントリー。
しかし相場が反転し2時間を待たずに損きり。-90pips。
これは一時的なドルの急騰だったので、
惜しいトレードとなりました。

16日1時すぎに80.65でショート。このポジションを何度も
更改し3月17日の3時すぎに決済。+57pips。

17日の6時に再びショート。このポジションは、
ドルが急落する1分前に取ったポジションで、
15分間にポジションの更改を60回以上繰り返し、15分後の
6時15分に+195pips。

78.00付近で再びショートを取り、このポジションも更改を繰 り返して19分に利益確定。+112pips。

さらに再び17日6時19分に77.15でショート。
このポジションも3分で決済。+49pips。

もう一度6時21分に76.76でショート。
しかしドルが反転し、77.51で決済。-75pips。

6時22分には再び77.50でショート。これでもかというくらい ショートを連発。
6時30分ころに決済し+28pips。

まだショートをかけて9時50分に79.35でショート。
同日の昼12時ころに決済し+38pips。

しかしここで大きな失敗をし18日の深夜1時ころに取ったシ ョートポジションが、
朝方の協調介入で大きな損失を計上し 、19日の9時過ぎに-235pipsの損失。

週末18日11時に81.55でショートを仕掛け、同日18時ころに 決済し、+31pips。

今週のドル円は、歴史上の出来事がおこる大きな相場となりました。

14日の今週の始め81.90の水準から、80.60まで売り込まれ、
82.45まで急騰する相場から始まります。
その後は値を 次第に一方的に切り下げる展開で、3月15日の21時には 80.75。
3月17日の5時には79.53。

17日の朝6時には76.46という歴史的水準まで売り込まれます。
値は朝8時には79.55まで戻すものの、再び下げ局面 となり、
17時の20時には78.28まで売り込まれました。

原因は日本の保険会社の海外資産の買戻しを当て込んだ目先筋の円買いドル売りです。
あまり根拠がなく、地震保険の総額は多くても1兆5000億円と見込まれているため、
実需があるかどうかは、非常に不明確です。

しかし阪神淡路大震災後のドルの急落局面が9円を越えていることから、
非常にインパクトがあるというのも事実でしょう。

今週FXCRONOSは、記録をとり始めてから最高のトレード回数でした。
決済に至らない更改を1エントリーで60回40回と行っており、
FXCRONOSがトレードに目を光らせていたことがわかりました。
今月の合計は前半が絶不調だったためにいまだにマイナスですが、
短時間に更改の判断を繰り返して利益を獲得する様子は頼もしかったですね。

ただ、週末の協調介入で大幅に利益を削った点はもったいなかったと思います。

今週は、大きなトレンド相場でのテクニカルトレードの心構えについて書いておきたいと思います。
今週FXCRONOSは利益を出して終わることができました。
FXCRONOSにはトレンド感知ロジックが組み込まれていて、これまでの挙動を見ると、
レンジで若干失敗した場合に、大きく偏っている相場に対して、
順張りを仕掛けるというものがあります。

しかし、5兆円近い売りを浴びて一瞬で下がる相場や協調介入での一本上げは、
大きな損失の元となることを覚悟しておく必要があります。

FXCRONOSはやや特別かもしれませんが、
一般的に入ってテクニカルはレンジで利益を出し巨大なトレンドでは、
取り返しのつかない損失を出すことが少なくありません。
慎重なトレードを行いたいです。


FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

スキャルピング極の検証と評価20


↑クリックすると拡大します

■スキャルピング極の検証と評価レビュー

3/15-3/21までの報告をしたいと思います。


取引時間は概ね19時?24時ぐらいの間の2?3時間前後です。

地震発生から10日以上たって少し落ち着きを見せ始めた相場です。
先週末にはG7による協調介入が実施され79円台から81円台へ戻すことに成功しました。
日銀による介入額は2兆円とも言われていますが、介入前はこれ以上の予算を提示していた
ので再度80円を割ってくる動きになった場合、再び介入してくるかもしれません。
協調介入によって大きく上昇したのはドル円ではなくユーロではないでしょうか。
ドル円は再び81円を割ってくる動きとなっており、82円の壁越えする勢いは感じられません。
ユーロドルも1.4250付近まで上昇していますが1.4300を越えるにはまだ力不足です。
全通貨、全面安の展開となっていますが今後の動きに注目したいと思います。


では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。

※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。


■『スキャルピング極』 の実践結果報告


▼3/15 - 3/21 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

3/15:+26pips
3/16: +54pips
3/17: +14pips
3/18: -5pips
3/21: +63pips

合計:+152pips


▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+1191pips

▼2月総獲得pips
EUR/USD:+548pips

▼3月総獲得pips
EUR/USD:+367pips


合計:+5961pips


3/15 - 3/21は合計で+152pipsとなりました。


3月の合計損益は+367pipsという結果となりました。


■『スキャルピング極』の実践レビュー

15日のスキャルピング極はEEアラームに惑わされました。
いわゆるダマシに騙されてしまって早めの決済をしたため、その後エントリーサインが
なかなか現れず時間を無駄にしてしまいました。
このダマシを見破る為のなにかいい方法はないのでしょうか。
やはりこれにはテクニカルをしっかりと勉強し、スキャルピング極と併用していくことが
ベストな方法かと思いますので頑張りたいと思います。
ダマシにあう日もあれば、16日や21日のようにサインどおりに忠実に従うことで
大きな利益を得ることも出来ることもまた事実です。
トータル的に見て勝率は高いものなので、あまり難しく考える必要もないのかもしれませんが
より損失をなくすため、より多くpipsを得るためにはテクニカルは必要不可欠です。
18日は損切りが発生しトレード回数は多かったものの獲得pipsは伸びませんでした。
これを教訓に次からも頑張りたいと思います。

スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価9


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------

11日は世界的に見ても大規模な地震が日本を襲いました。
120年に1度の規模といわれているぐらいの大きな地震で、
その威力は想像絶するものです。
地震での被害というより津波による被害が大きく、
中でも想定外の被害を受けている原発事故がかなり深刻化しています。
一日も早い救助、復興を祈るばかりです。
被災地の方々にお見舞い申し上げます。
また各国の対応に感動して胸が熱くなりました。
今週も引き続きこの地震が相場に影響を及ぼしてくると考えられますので、
時には静観して見守るということも大切です。
チャンスとばかりに手を出していては痛い目にあうこともあります。

また日銀の介入の可能性も再び出てきていますので、
急激な相場の動きに飲み込まれないようリスク管理を徹底したトレードを行ってください。


ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
3/7 - 3/11

▼ 獲得pips
3/7 +27pips
3/8  -10 pips
3/9 +35pips
3/10 +31pips
3/11 +10pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+155pips


▼総獲得利益
+558,152円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について

今回は相場が持つ基本的な性質を分析してのトレードが中心です。
これまで学習してきたものの総集編といってもいいものです。
現在の相場状況の把握が大切です。
上昇トレンド、下降トレンド、レンジ等を見極めることが必須です。

それとあわせてトレンドラインを使って上値と下値の抵抗線を把握する。
ローソク足、ボリンジャーバンドの状態を見て、
的確なエントリーポイントを判断できるようになることで損切りも減っていきます。

基本的に逆張りは上級者の方でないとリスクを伴います。
勿論徹底したリスク管理(ストップやリミットの設定)を行ったうえでの勝負ならば大きな
損失は避けることができますが。

基本的には順張りでトレンドにのったポジショニングが望ましいです。
トレードに慣れるまではあまりリスクのあるトレードはせず、
順張りでなれていくことをオススメします。

では皆様も是非参考までに試してみてください。

最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

スキャルピング極の検証と評価19


↑クリックすると拡大します

■スキャルピング極の検証と評価レビュー

3/8-3/14までの報告をしたいと思います。


取引時間は概ね19時 - 24時ぐらいの間の2 - 3時間前後です。

先週、8から10日あたりまでは安定した動きが継続しトレードしやすい状況だったように
思いますが11日から一転。
とてつもない天災が日本を襲ってきました。
これまで大きな地震は何度かあったものの、
これほどまでに凄い津波を生まれて初めて目にしました。
しかし、これでもスマトラ沖地震よりは規模が小さいときき、
スマトラ沖がどれだけ打撃を受けたのか計り知れません。
不運なことに、今回の地震による津波の被害で原発が大変な事態に陥り、
日本国民の不安は膨らみつつあります。
どうにか速くこの事態を終息して欲しいと願うばかりです。
そして今自分に出来ることは何かを考え、
小さな事からでも皆で協力しあわなければいけないと思っています。

日経平均も続落し、為替も前面安の傾向です。
原発の事故等の影響で更なる円高になる可能性もありますが日銀の介入警戒があるため
突発的な動きに注意が必要です。


では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。

※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。


■『スキャルピング極』 の実践結果報告


▼3/8 - 3/14 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

3/8: -5pips
3/9: +28pips
3/10: +23pips
3/11: +12pips
3/14: +34pips

合計:+92pips


▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+1191pips

▼2月総獲得pips
EUR/USD:+548pips

▼3月総獲得pips
EUR/USD:+215pips


合計:+5442pips


3/8 - 3/14は合計で+92pipsとなりました。


3月の合計損益は+123pipsという結果となりました。


■『スキャルピング極』の実践レビュー

週初めは落ち着いた相場だったのも関わらず8日は損切りでマイナスを出してしまいました。
これはポジションニングのタイミングがちょっと遅れたため、
損切りまでのpipsが多くなってしまったためです。
タイミングを逃した場合はあわててエントリーするよりも、
次のチャンスまで見送ったほうがいいという教訓を得ました。
皆さんもあわてずにチャンスを待ちましょう。

その他の日は順調にトレードが出来ましたが、
地震があった日はいつもより控えめのトレードに押さえてニュースをひたすら見ていました。

14日は混乱明けの相場だったにも関わらず比較的安定しており予想以上に利が取れました。
まだまだ不安定な相場が予想されますので、
スキャルピングだからと安易なトレードは控え、慎重な判断で行うようにしましょう。

では来週の結果もpips獲得目指して頑張りたいと思います。

スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価14


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
3月7日 - 3月11日

+21pips(ロングエントリー)
+24pips(ショートエントリー)
-107pips(ロングエントリー)


▼獲得pips
-62pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■3月の利益

▼獲得pips
-88pip

▼獲得利益
-4万4000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは少ないトレードで、なおかつ利益は出ず損失を計上。
先週もかなりよくないトレードを繰り返し、先々週の流れを引きずっています。
2月に復活した比較的堅調なトレードの復活を望みます。

トレードは
3月8日15時に82.39でロングエントリー。
このポジションは今週前半の上昇相場の入り口に当たり、すぐに小幅な利益を計上しますが、
更改を繰り返します。

3月10日に82.60で利益確定。+21pips。

8日には18時にショートエントリーを82.43でとっており、3月11日19時に82.18で決済。+24pips。

3月10日の22時にとった82.99でのロングエントリーが
週末に大きな損失を出して、11日19時に決済。
-107pips。

3月7日から11日のドル円は、
週の前半はリビアを中心とした中東情勢の先行き不安からドルが
大幅に売られていた前週からやや冷静になり、
7日18時以降強いふみ上げ相場で83.00を突破しますが、
週末に起きた日本の大規模な災害で円が売られる場面があり、
一時83.25付近まで買われますが、
その後円の実需買いが発生することを見込んでドルが大幅に買われました。

今週FXCRONOSは、小幅ではありますが再び損失を計上しました。
3月の8日16時にとったショートポジションの更改が相次ぎ、
更改を19回繰り返しています。

この今週最初のポジションについては+決済で終えていますが、
10日の22時にとったドル買いポジションが、
週末の円の急騰で大きなダメージを出しています。

1ヶ月近くぶりの-100pipsを超える損失であり、
大きな裁量での変動が生じたといえ苦いものがあります。

ポジションと更改ではあってもトレード回数は再び大幅に増えてきています。
5分足専門でのEAとはいえ、ポジションの保持期間が長く、
かなり長い期間の分析によって売買を決しているところがあるので、
トレード回数が増えることはよい方向なのでしょう。

今後ドル円には近い将来、大きな市場の変化が訪れようとしています。
FXCRONOSはリーマン・ショックを境にトレードスタイルを再構築した旨、
商材のビジネスレターに書かれているのですが、
そのような大幅なアルゴリズムの変化が必要な可能性のある変化です。

今のところ更新プログラムの提供は配布されていない模様なので、
このプログラムがこういったこれまでの未知の相場でどのようなトレードを行ってゆくのか?
注視してゆく必要があります。


FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価16

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

■ドル円:30分足
3月7日 - 3月11日
+4pips  (ショートエントリー)
-6pips  (ショートエントリー)
+13pips  (ショートエントリー)
+18pips  (ショートエントリー)


▼獲得pips
+19pips


■ユーロドル:30分足
3月7日 - 3月11日
+19pips  (ショートエントリー)
+59pips  (ショートエントリー)
+13pips  (ロングエントリー)
+10pips  (ロングエントリー)
+23pips  (ロングエントリー)
+22pips  (ロングエントリー)
+15pips  (ロングエントリー)
+42pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+203pips


■3月1週の利益

+222pips

■3月合計の利益

+310pips

▼今月獲得利益
15万円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

ドル円は30分を中心に観察。
8日に82.71でショートダブルエントリー。
翌日8日の7時30分に82.67で決済。+4pips。
もう一本の決済が遅れ82.77で決済。-6pips。

9日の17時に82.82でショートダブルエントリー。
20時に決済+13pips。22時にも82.64で決済。+18pips。


ユーロドルは30分を中心に観察。

3月7日の18時に1.4018でショートダブルエントリー。
22時に1.3999で一本決済。+19pips。
8日の2時過ぎに1.3962で決済。+56pips。

8日の21時に1.3895でロングダブルエントリー。
一時含み損。1時30分に1.3908で決済。+13pips。もう一本も決済。

8日の23時30分に1.3879でロングダブルエントリー。
朝方決済サインが出ていたところを、1.3902で決済。+23pips。
もう一本も安全のため決済し、+22pips。

9日の18時に1.3873でロングダブルエントリー。
20時に1.3888で決済。+15pips。
15分後に1.3915で決済。+42pips。

10日の17時30分に1.3819でロングダブルエントリー。
11日の深夜にダブル撤退。

3月7日から11日のドル円は、
前半大きく今後の中東情勢を嫌気してドルが売られる展開でしたが、
その前の週のドルの売られすぎから買戻しが次第に進み、
82.00付近から次第に上昇しました。

9日には82.80付近まで上昇し同じ水準で週の後半を迎えますが、
金曜日に日本で大規模な災害が発生し、
11日の14時過ぎから円が一時急落し83.30寸前まで進みました。
しかしその後は外債の売り出しによる日本の円の買戻しを当て込んで円が急騰。
終値は81.87で終えています。

ユーロドルは今週も高値圏での取引で、週の前半1.4000から次第に売られ、
8日の午後以降1.3900で数日間ほぼ横一線の展開。10日から再び値を崩し、
11日の朝には1.3780付近まで下落します。
同水準で荒れた展開を迎えるも、日本時間の大災害の後、
避難通貨として次第にドル売りユーロ買いの展開が生じ、
最終的には週の半ばの水準である1.3909まで買われて終了となりました。

今週の乱獲FXDTはユーロでは予想が大きく当たってかなり順調なトレード。
トレード自体の回数も多く、ドル円とは差がつきました。

今週のユーロドルがなだらかな下落基調をたどったことにより、
大きな相場となりましたが、
乱獲ではヨーロッパ時間の場中にロングを連発。
下落トレンドだったことを考えると、
極大化して表示されたエントリーサインの要所をついて、
コンパクトで正確なトレードができた模様。

ユーロドルでの成功が今後の相場での適切なトレードの見本として
フィードバックに生かしてゆきたいです。

今週は日本で大規模な災害が発生し、
いまだにその全容がはっきりしないのが現状です。
テクニカル売買では、チャートの非常に大きなトレンドと理解されそうですが、
損害の規模がよくわかっていないため、
リスクの高い売買になりそうです。

乱獲FXDTは損失が限定されているトレードといえ、
回数を重ねると損失もそれなりのものになってきます。
倍率を下げるか、
長い時間軸でのじっくりとしたトレードを数日心がけたいです。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

ポンド円MAXの検証と評価22


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく先週分の「ポンド円MAX」のレビューを始めていきたいと思います。

■ポンド円MAXの取引結果
3月7日 - 3月11日のポンド円MAXのシグナルについて検証報告したいと思います。

先週前半はこれといった指標もなく、相場も安定した動きでした。
1年前から142円から10円下げてきているポンド円ですが、
130円から134円のレンジでの往復での停滞が長いように思います。

そろそろどちらかの方向にレンジブレイクしてもいい時期にきているとは思うのですが、
ポンド円に限らずドル、ユーロ円も同じ状況なだけに本当に先が読めない相場です。
為替の上昇には金利が関係してくるのでしょうが、
今の段階で金利の上昇は難しいと思いますので、
やはりまだしばらくはこのレンジでの値動きになるのでしょうね。

夢のようなスワップ金利の時代が懐かしい今日この頃です。
では先週の結果を報告したいと思います。

■3/7 - 3/11までの実践結果報告


▼3月8日(火)

133.45ロング

133.83リミット

131.60ストップ


同日夜、リミットに掛かり利確
獲得pips +36 pips

▼3月11日(金)

132.78ロング

133.38リミット

131.35ストップ


同日夜、リミットに掛かり利確
獲得pips +60 pips

■これまでの結果
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼12月総獲得 pips 結果

-202 pips

▼1月総獲得 pips 結果

+267 pips

▼2月総獲得 pips 結果

+189 pips

▼3月総獲得 pips 結果

+136 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼9月からの総獲得 pips 結果

+813 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼25勝4敗

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ポンド円マックスについて
週初めの7日は米長期金利低下の影響を受け、
ポンド円にも影響が生じているため方向性が見えないということで、
水準が戻るまでエントリーは様子見となり、配信がありませんでした。
しかし、先週は順調にシグナル配信もあり、
配信後同日決済とかなり好調な成績を出しています。


ポンド円マックスの作者はファンダメンタルズとテクニカルの両方の視点からみて、
エントリーのシグナルを配信していることがよくわかります。

11日は地震の影響や原油高による影響を受けた動きが大きいため、
今週のシグナル配信はよりいっそう警戒したものとなりそうなので、
しばらく様子見が続くかもしれませんね。

では来週の結果に期待したいと思います。


ポンド円MAX
http://www.infocart.jp/e/46981/58176/
販売者:綱島大介


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価4

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価

FX-PLUS essential の実践運用結果
3月7日 - 3月11日

■ドル円:15分足

-13pips
-13pips
+10pips
+18pips
+6pips
+7pips
+10pips
+7pips

合計 +32pips


■ユーロドル:15分足
+24pips
+25pips
-13pips
+16pips


合計 +52pips

▼今週獲得+84pips

▼獲得利益
4万2000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+2936pips


⇒手法についての解説
ドル円 15分。

3月7日22時前に、WALK手法で82.05でショート。
22時30分に、82.05で続けてWALK手法でショート。
両ポジションを82.18で損きり。-13pips。-13pips。

8日22時15分ころに82.50でWALK手法でロング。
すぐに23時ころ82.60で決済+10pips。

9日の深夜2時に82.65でロング。
翌日の朝に82.83で決済。+18pips。

10日の18時前に82.82でU手法でロング。
そのまま突き抜けて19時に82.88で決済。+6pips。

21時に82.89でWALK手法ロング。
22時に82.96で決済。+7pips。

23時30分ころにW手法で82.97でロング。
続けて11日の0時過ぎにU手法で83.00でロング。
深夜に両ポジション決済。83.07で両決済をして、
+10pips。+7pips。
  
ユーロドル 15分

ユーロドルはまず、3月8日21時にI手法で1.3912ショート。
23時前に1.3888で決済。+24pips。

10日の16時にU手法で1.3860でショート。
大きく決まって15分以内に1.3835で決済。+25pips。

18時15分に1.3832でU手法ショート。失敗し、
19時に損きり。1.3845で決済。-13pips。

21時すぎに1.3833で再びU手法ショート。
1.3817で22時前に決済。+16pips。

⇒今週の相場。
今週はドル円、ユーロドルとも大幅な取引となり、
週末には日本で大規模な災害が発生し、
とりあえずは様子見が続くという相場となりそうです。

3月7日から11日のドル円は、
中東情勢を中心とした先行き不安から、
ドルが売られていた前週から比較的良好な米国経済を見通して、
7日18時以降強いふみ上げ相場で83.00を突破しますが、
週末の11日、日本で地震と津波の大規模な災害で円が売られる場面があり
一時83.25付近まで買われますが、
その後円の実需買いが発生することを見込んで、
ドルが大幅に買われました。
ドルは比較的弱含み傾向です。

ユーロドルは週の前半1.4000から次第に売られ、
8日の午後以降1.3900で数日間ほぼ横一線の展開。
10日から再び値を下げて11日の朝には1.3780付近まで下落。
同水準でもみあうも、日本時間の大災害の後、
避難通貨として次第にドル売りユーロ買いの展開が生じ、
1.3900付近で取引終了となりました。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

前回までてFX-PLUS essentialをコンパクトにまとめた主要部分の見方の解説は終わっています。
前回までのエントリーラインを縦に見る、
決済ラインをしっかり追ってゆく、というのを忘れないように。
今回は、サイン形成の根拠とユーティリティについて解説します。

サイン形成の根拠は主要となる取引手法と、
同等のパターンが過去に形成されたサポート・レジスタンスラインでの概算値を根拠に、
決済サインを出しているようです。
FX-PLUS essential はチャートの癖を読んでいくのが得意で、多少のブレがあっても、
同じものとして計算します。

ユーティリティでは重要な点がいくつかあります。
マニュアルでは応用モードの解説としてパラメータの解説が含まれていますが、
この中にははじめてFX-PLUS essentialを利用する人が使うべき点がいくつかあります。

ひとつはライトモードの利用です。ライトモードはPCが非力なユーザー向けの機能ですが、
頻繁に時間軸を切り替えるユーザーも利用したほうがいいと思います。
作成者に確認できていませんが、
ライトモードではトレード回数が変わる傾向があります。
初期設定が使えないようになっているので、変更する必要があります。

FX-PLUS essentialでは、ひとつのエントリーがいつ決済されるのか、
時間軸で切るという概念がありません。
そのためエントリーポジションを1つにしかできないのですが、
これをパラメーターで見直す必要があります。

もうひとつ非常に重要な機能が、スプレッドを換算した値を出すということです。
FX-PLUS essentialはデイトレソフトなので、そこまで神経質になる必要はありませんが、
資金を守るためには、保守的にやる必要があるので、この点をしっかりと押えておきたいです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年3月15日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

「恋スキャFX」検証と評価13


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
恋スキャFXを検証レビューしていきます。
こちらの商材ですが、レビューオファーを頂いておりまして、
乱獲FXでもおなじみ「FX-Jinさん」のロジックということもあり、期待している商材です。
販売ページでは推薦文も書かせていただきました。

それでは、早速恋スキャFXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
2011年 3/7 - 3/11

【ドル円】

3/7  +3pips
3/8  +19pips
3/2  +8pips

▼ 獲得+30pips

▼勝率
86.1%

【ユーロドル】

3/7  +27pips
3/8  -13pips
3/9  +38pips
3/10  +27pips
3/11  +22pips

▼ 獲得+101pips

▼勝率
80.3%

合計
+131pips

▼3月の獲得利益

+208pips
+18万9488円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+1037pips
+274万19円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

■週間の相場の動き

3月7日から11日の相場は、前週比較的ドルが弱含む展開が長く続いたことから、
一時82.00まで売られるもその後次第に値を上げ始め、
8日には82.25付近で半日足踏みをした後、
次第に上昇に転じ、9日のお昼には、82.90付近にいたります。
その後やや荒れた展開で82.65付近まで戻されますが、
82.84付近まで再び買い越され、10日には83.00をつけました。

14日の東京証券取引所の終了前の14時45分ころに日本で大規模な地震があり、
その影響で円が一時急落。
しかしその後、保険会社の海外債権からの資金の引き上げを当て込んで大幅に円が買われ、
81.87で終了しています。

ユーロドルは高値での比較的安定しているものの強い下落トレンドの取引で、
週の前半は1.4000から売りこしとなり、
その後1.3790付近まで売られましたが日本の地震で急速に買い戻され、
1.3909で引けています。

■恋スキャFXについてのコメントと評価

今週は日本で大規模な災害が起こったことからリスク管理のためにどういったトレードを
すべきかということを考えておきます。
一日も早い復興を祈ります。

世界から見てもGDPが世界3位の国で大災害が生じることで大きなリスクが認識されています。
当然為替の世界ではこの出来事はひとつのイベントとして認識され、
大きなチャートを動かす原動力になるでしょう。

恋スキャの場合は、相場が急転する可能性のあるトレンド相場と認識できます。
一歩誤ると何が起こるかわからない非常に危険な相場で、
FXの倍率によってはポジションが一瞬で決済されてしまいます。
当然恋スキャでは、相場が安定するまでの間不要な手出しは無用で
ポジションはできるだけ少なく持っておきたいです。


恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価8


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------

先週は中東情勢に関する反応も落ち着きましたが、
米指標によって相場が大きく振れました。
原油高や株、中東情勢に過敏な時期は指標の反応はいまいちでしたが、
3日、4日は指標やユーロドルの利上利上げ発言により相場が動きました。

ファンダメンタルズの影響を受けている相場はテクニカルがほとんど作用しませんので、
相場が落ち着くまで待っていますが、気持ち的にはトレードしたい欲にかられます。
しかしながら私の場合、ここで裁量トレードを行うと必ずと言っていいほど反対方向へと進むので
これまで堅実に積み重ねた利益を損ないかねません。
なので、NY時間でのトレードはなるべく控え、
日中から欧州の動きが比較的落ち着いているときのトレードを心掛けています。


ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
2/28 - 3/4

▼ 獲得pips
2/28 +10pips
3/1  -6pips
3/2 +22pips
3/3 +38pips
3/4 +8pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+62pips


▼総獲得利益
+496,400円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について

今回はボラティリティについての勉強をふまえてのトレードを意識しました。
ボラティリティとは価格変動の大きさのことをさします。
ボラが狭いとか広いといった言葉を耳にしたことがあると思います。
ボリンジャバンドはそのボラティリティの大きさをわかりやすく示したものと
言えばわかりやすいかと思います。
このボラティリティにも特性があり、例えばボリンジャーバンドの幅が狭まった時には、
ボラティリティが拡大していく前兆のようなものなんだそうです。

こういった性質をふまえてエントリーのタイミングを計ったトレードを行うことで、
負けトレードを減らしていくことも十分可能になると思います。

テクニカルが有効に作用する相場の場合はかなり有効に作用します。
ただ、ダマシもありますのでしっかり見極める力も必要にはなってくると思います。

これにはやはり経験が必要になってきますので、ただ闇雲にトレードするのではなく
テクニカルを活用したトレードをするということを心掛けてください。

では皆様も是非参考までに試してみてください。


最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

スキャルピング極の検証と評価18


↑クリックすると拡大します

■スキャルピング極の検証と評価レビュー

3/1-3/7までの報告をしたいと思います。


取引時間は概ね19時 - 24時ぐらいの間の2 - 3時間前後です。

先週末は米指標やトルシェ総裁の利上げ示唆する発言等の影響を受けて、
荒れ相場となりました。
ユーロドルは4ヵ月ぶりに1.4036まで大きく上昇し高値を更新しました。
これはトリシェ総裁が利上げを決定したことにより反応した結果です。
しかし利上げは1回のみということで現在は織り込み済みで材料で尽くし感からか、
戻りをうられ1.3860台まで下げています。
このまま更なる上昇が続き、ドル円は82円を下回るのかと思いましたが、
ユーロドルは上げどまり、ドル円もなんとか82円で踏ん張っています。
今週も米指標、中東情勢、原油高の情報に注意が必要ですが、
今は比較的落ち着いて着ているように思います。


では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。

※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。


■『スキャルピング極』 の実践結果報告


▼3/1 - 3/7 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

3/1:+26pips
3/2: +21pips
3/3: +23pips
3/4: +26pips
3/7: +27pips

合計:+pips


▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+1191pips

▼2月総獲得pips
EUR/USD:+548pips

▼3月総獲得pips
EUR/USD:+123pips


合計:+5350pips


3/1 - 3/7は合計で+123pipsとなりました。


3月の合計損益は+123pipsという結果となりました。


■『スキャルピング極』の実践レビュー

先週1.3855にあったサポートラインをブレイクし1.4036まで上昇したユーロドルです。
今週はコンスタントにpips獲得ができました。
3月2日と4日のトレードでは損切りが何度かありましたが、その後トレードで大きくプラスをだし
結果的には両日ともプラスで終えることができました。
あと、だましのEEアラームが多く、あとからチャートで結果をみるともっと獲れたのにという場面が
多々ありましたが、EEアラームのだましをみやぶる力はありませんので
とりあえず最初に出たアラームに従うのみです。
結果的にはプラス決済できているので良いのですが、どうしても欲が出てしまいます。
しかしここで意思を強くもたなければなりません。
先の相場は読めないので、自己流の裁量トレードはリスクが伴います。

ある程度は裁量も必要になってきますが、
基本的にはアラームどおりでのトレードをオススメします。

では来週の結果もpips獲得目指して頑張りたいと思います。

スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ

「恋スキャFX」検証と評価12


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
恋スキャFXを検証レビューしていきます。
こちらの商材ですが、レビューオファーを頂いておりまして、
乱獲FXでもおなじみ「FX-Jinさん」のロジックということもあり、期待している商材です。
販売ページでは推薦文も書かせていただきました。

それでは、早速恋スキャFXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
2011年 2/28 - 3/4

【ドル円】

▼ 獲得pips
3/1  +17pips
3/2  +12pips
3/3  +22pips
3/3  +9pips

▼勝率
85.9%

【ユーロドル】

▼ 獲得pips
3/1  +20pips
3/2  -3pips


▼勝率
81.2%

合計
+77pips

▼3月の獲得利益
+77pips
+6万9750円

■通算獲得利益(2010年11月25から)
+906pips
+262万281円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

■週間の相場の動き

先週は中東情勢の緊迫化がやや薄らぎ、リビアの現体制が維持される見通しから、
週の後半にはドルが次第に持ち直し81.70付近から一時83.00に至る大幅なドル高となりました。
週末には雇用統計の改善期待から大幅に買われその後下落しました。
先々週までの83.70付近からの下落を半値戻ししたことになり、レンジを形成しそうです。

ユーロドルは新たな材料を意識した相場になりました。
ユーロ中央銀行総裁の金利引き上げ発言をきっかけに、金利を狙った大幅なトレードによって、
1.3700前半から、週末には1.4000付近。

■恋スキャFXについてのコメントと評価

今週のような主にトレードする主要通貨ペアでの大幅なトレンドが
形成された場合に恋スキャFXのロジックではどのように対処するのが望ましいのか?今週改めて考えます。

恋スキャでは、もともと2つのレンジ対応ロジックとトレンド感知ロジックが組み込まれています。
恋スキャのトレンド対応ロジックはどのようなサイズのトレンドも捕まえられそうですが、
実際には対応できる幅が決まっており、
レンジよりも大きなトレンドのレンジを捕らえるものと考えていいと思います。

そういったシステム構成では、予想を超えたトレンドが出現した場合さまざまな工夫をする必要があります。
1つはエントリーしないこと。
もう1つは手仕舞うポイントを見極めること。
この検証では時間の許す限りほぼすべてのチャンスにエントリーして
アルゴリズムどおりの決済をしていますが、それを見極めることが必要です。

短期売買用に設計されるアルゴリズムでは、
大幅なトレンドでは大きなチャンスとなりえます。
相場がさまざまな要因で動く中、恋スキャをしっかりと実践すれば利益を取ることが出来ます。
裁量商材としては優秀な商材と言えると思います。

■恋スキャFXの効果的な利用方法と評価

裁量とシステムの組み合わせは利益率が一番いいと思います。
「稼ぐこと」にフォーカスした恋スキャFXは実現性の高い教材といえるでしょう。
サポートも迅速ですし売りっぱなしでは無く、
会員さんの声を取り入れてコンテンツを増やしていく姿勢は素晴らしいと思います。
読者の皆さんからのコメントやメッセージもお待ちしています。
では、引き続き恋スキャFXを検証レビューしていこうと思います。

恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価3

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価

FX-PLUS essential の実践運用結果
2月28日 - 3月4日

■ドル円:15分足
+10pips
-15pips
+5pips
+6pips
+6pips


合計 +12pips


■ユーロドル:15分足
+16pips
+25pips
+38pips
+6pips
+10pips
-12pips
+21pips
+25pips
+6pips
+18pips

合計 +154pips

▼今週獲得+168pips

▼3月の獲得利益
7万6607円

※時間足によって取引数量を0.1ロットから0.5ロットで調整しています

▼開始後獲得pips
+2852pips


⇒手法についての解説
ドル円 15分。

3月2日20時すぎに81.91でULU手法ロング。21時すぎに82.01で決済。+10pips。
23時に81.86でULU手法でショート。23時40分ころ81.71で決済損切り。-15pips。
3日の17時ころ81.81でULU手法ショート。17時45分ころに81.76で決済。+5pips。
19時にもULU手法で、エントリー。+6pips。21時にもULU手法。+6pips。
  
ユーロドル 15分
2日の8時30分にU手法で1.3771でショート。決済サインが出ていて1.3755で決済。+16pips
22時30分にU手法で1.3828でロング。同時にW手法で1.3814でロング。ともに1.3852付近で決済。+25pips。+38pips。
3日の朝7時30分に1.3864でロング。16時15分にトレード可能な時間になり1.3870で決済+6pips。
16時15分に1.3864でU手法ロング。1.3874で決済。+10pips。

3日の20時45分ころU手法で1.3871でショート。1.3883で損きり。-12pips。
23時30分ころULU手法で1.3941でロング。
朝方決済サインが出ているのに気が付いて、1.3962で決済。+21pips。

4日の0時すぎにもUHA手法で1.3950でロング。こちらは5日深夜に1.3975で決済し、+25pips。
4日の20時には1.3964でW手法ロング。すぐに1.3970で決済。+6pips。
21時すぎには1.3969でULU手法でショート。1.3951で決済。+18pips。


⇒今週の相場。
今週はドル円、ユーロドルとも大幅なトレンドを形成した動きとなりました。
ドル円では、2月28日の朝に81.66付近からトレードを開始し、
1日の12時ころには82.18に到達。
その後下げ基調をたどり、3日の0時には週間安値を一時割り込む場面があり、
今週も安い流れが続くかと思われましたが、次第に踏み上げを開始し、
3日の20時には81.77から82.27まで50銭を超える上昇。
その後一時83.00をつけましたが下落し、82.25で引けています。

ユーロドルは一本調子の上昇で、28日の4時に1.3720で開始し、
28日の夕方には1.3840付近。その後やや値を切り下げ、
ドルよりも早く2日朝8時には1.3745をつけました。
しかしその後強烈なふみ上げを開始し、週末には1.4000の
大台に再び手が届く相場。昨年の11月以来4ヶ月ぶりです。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

まだ検証を始めて間もないので、
マニュアルに記載されていないシステム稼動時の解説を進めてゆきます。

前回は、FX-PLUS essentialが想定しているチャートパターンが形成されると、
スコアの色がグレーに変わりスタンバイとなり、エントリーが近づくとスコアが手法色になるところまで書きました。

エントリーが実行されると、スコアは手法色から更に白に変わります。
スコアに白が入っているときは何らかのエントリーポジションを抱えています。
エントリーされると、チャートエリアに縦に3つまたは4つのカラフルな四角で囲われたサインがつきます。
これはエントリーした時点をチャートに記録したものです。
ゴールドが決済ライン、シルバーが損切りラインを示しています。 

W手法の場合、エントリーが二つになるので、サインはゴールドとシルバーをあわせて合計4つ付きます。
W手法は紫色ですので、見分けやすいです。そのほかの青、水色、紅色のU手法やI手法は、
ゴールドとグレーの間にひとつだけサインができます。

重要な点は、サインは必ず3つ、又は4つ、
縦一直線に並ぶということです。

FX-PLUS essentialには自動売買機能がないので、エントリーは普通、
取引現在値がゴールドで利益確定、またはシルバーで損失確定をするまで続きます。
利益にせよ損にせよ、決済が行われるとエントリーポイントから決済ポイントまで破線が引かれます。
これはFX-PLUS essentialでは 決済ライン と呼ばれます。

この自動売買を行わないという特性上FX-PLUS essentialでは、4時間を越える長い時間足の場合、
システムどおりの売買をすると非常に長期の間ポジションを保有するので、ゆったりしたトレードをしたい方は長い時間足で実践してみましょう。
テクニカル派の私としてはトレードもしやすく、理にかなったロジックだと思っています。
持っておいて損のない教材ですね。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年3月 9日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価17


↑クリックすると拡大します

▼「RSI-terezzo」の実践レビュー結果

「REO-Terzzo」の検証報告です。

さて、先週は多くの通貨でレンジブレイクした週になったのではないでしょうか。
雇用統計、長期金利、トルシェ総裁の発言等、ファンダメンタルズに踊らされた為替相場でした。
中でもユーロドルは大きく上昇し、現在も高値圏を維持した動きになっています。
その他の通貨は一度は大きくぶれたものの上昇、下落前の値までほぼ戻しています。
今週も原油価格、金、NYダウ、金利の情報に意識した動きになるのではないでしょうか。

ドル円は一時83円を抜けましたがすぐに戻りを売れて結局は82円前半までもどしています。
市場はまだ円高方向が心地よいということの現れなのかもしれませんね。

それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
238戦 146勝 91敗 1引分

■3/7 現在のポジションの状況

USD/CHF: -22.90pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -35.86pips(含み損)(0.02ロット)
USD/CHF: -42.16pips(含み損)(0.06ロット)
USD/JPY: +2.43pips(含み益)(0.01ロット)
EUR/USD: -12.70pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: -15.80pips(含み損)(0.02ロット)
CHF/JPY: -8.50pips(含み損)(0.01ロット)
CHF/JPY: -6.07pips(含み損)(0.02ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

USD/JPY: +8.48pips
EUR/USD: +1.30pips


■10月総獲得pips(スワップを含む)
+44.92pips

■11月総獲得pips(スワップを含む)
+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)
+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)
+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)
+74.67pips


■総獲得pips
+651.39pips


■REO-terzzoについての総評

今週もドルスイスフランの含み損持ち越しのREOです。
突発的な動きがあった週だけにREOも予測不能でとっさに持ってしまった
ユーロドルのポジションがあるようですが、これをどう処理していくのか見ものです。
ドルスイスフランも先週より含み損が拡大しているだけに、
いつ解消されるのか先の遠い話になりそうですが
前回のユーロドルも随分長い間ポジションを抱えていた末、無事プラス決済で終わっているので
今回のドルスイスフランも期待して待ちたいと思います。

最近はREOのポジション持ち越し期間の長さに若干の慣れがでてきて
焦らず見守ることができるようになりました。
しかし通常こうして見守ることが出来るのはきちんとしたリスク管理あってのことです。
余裕をもった資産と無理の無いトレードでFXを楽しんでいきましょう。

では来週の結果に期待したいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)
http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価15

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

■ドル円:30分足
2月28日 - 3月4日
+10pips  (ショートエントリー)
+20pips  (ショートエントリー)
+11pips  (ショートエントリー)
+18pips  (ショートエントリー)
+8pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+67pips


■ユーロドル:30分足
2月28日 - 3月4日

+14pips  (ショートエントリー)
+24pips  (ショートエントリー)
+7pips  (ショートエントリー)
+24pips  (ショートエントリー)
-48pips  (ショートエントリー)

▼獲得pips
+21pips


■3月1週の利益
+88pips

■3月合計の利益
+88pips

▼今月獲得利益
4万4000円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

ドル円は30分を中心に観察。
2月28日は21時30分に
82.85でショートダブルエントリー。
0時に同値撤退。+0pips。

1日の17時に82.16でショートダブルエントリー。
19時に82.06で一本決済し+10pips。
21時に順調に81.96で決済。+20pips。

2日の17時に82.01でショートダブルエントリー。
81.90ですぐに決済。+11pips。
22時30分ころに81.83で決済。+18pips。

3日の18時30分に81.73でロング。
19時に81.81で決済。+8pips。もう一本は同値撤退。
ユーロドルは、週の前半を30分を中心に、週の後半は1時間を中心に観察。

2月28日の21時30分に1.3831でショートダブルエントリー。一時-20pips近い損失が出ますが、
決済サインが出ないので無視します。
1日の0時30分にじっと堪えて、1.3817で決済。+14pips。
深夜に大幅利益確定サインが出ていましたが決済できなかったため、朝方1.3807で決済。+24pips。

1日の18時に1.3827でショートダブルエントリー。
これも含み損がでますが、ロジックの基本上無視できる動きなのでそのまま。
21時に1.3820で決済。+7pips。
2日0時に1.3800で決済。+27pips。

2日の21時に1.3825でショートダブルエントリー。
22時30分に同値撤退+0pips。その後損きりサインが出て、1.3873で決済。-48pips。
1時間足に移行するもトレードなし。

先週は、先々週のリビア情勢を受けての大幅なドル売り円買いから、
週の後半にはドルが次第に持ち直し81.70付近から一時83.00に至る大幅なドル高となりました。
週の後半には比較的堅調な米国経済の回復を見込んで雇用統計の改善期待でドルが急進しましたが、
発表後に材料で尽くしで急落。週後半の値幅が1円30銭を超える比較的大きな取引となりました。
ユーロドルは、ユーロ中央銀行総裁の金利引き上げ発言を意識し、引き続き大幅に買われました。
2月28日の月曜始値を週間安値1.3715とし、週末には1.4000付近です。

ここ1ヶ月は、乱獲FXDTはかなり順調な利益をあげてきました。
しかしテクニカルトレードである乱獲FXDTは、
基本的にはレンジに強いというのが一般的な合意のある見解です。
今週は、ドル円では比較的乱獲に適した相場つきになったものの、
ユーロドルでは大きなトレンドがですぎて、短期売買ではやや苦戦する場面でした。

大きなトレンドを短期売買のシステムトレードでやり過ごす方法は、
より長い時間軸を使うということです。長い時間軸を使うと、サインも大きなスケールで図れるのです。
しかし大きなサインを使うか、小さなサインを使うかで、
そこには裁量的な価値判断が含まれています。
大きなトレンドがきそうな場合は長い時間軸に移行するのは、成功すれば賢明ですが、
失敗すると大きな値幅で損失が出ることになります。

基本的にはプログラムで実践されているトレードに従い、
大きな予想に確度の高いトレードができそうなときは、長い時間足に移動します。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価13


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
2月28日 - 3月4日

+29pips(ショートエントリー)
-55pips(ショートエントリー)

▼獲得pips
-26pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■3月の利益

▼獲得pips
-26pip

▼獲得利益
-1万3000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは少ないトレードで、なおかつ利益は出ず損失を計上。
やや残念で寒々しいトレード。

2月28日21時ころに81.84でショート。
3月3日の0時ころ利益確定。+29pips。

2月の25日5時から持ち越していたショートポジションが、
週末の上昇相場で大きな損失を出し、手仕舞い売りをして-55pips。

今週のドル円は先々週の大幅なドル売り、2月の17日以降の
83.70付近から81.50付近までの売りから一転し、週後半には反転する相場。
とりあえず中東情勢の緊迫化要因が解消されたという期待感と、
雇用回復期待から週末には一時83.00を付けました。その後82.25まで売られ取引を終了。

ユーロドルは先々週から引き続きユーロの大幅な買い越し。
28日の月曜に1.3720付近からジリジリとあげ、
週末には1.4000目前の1.3984で引けています。
ユーロの金利引き上げを狙って買い越された模様です。

今週FXCRONOSは、それほど良い取引ではありません。
ここのところ復調が目立っていたので、
やや週末に大きな見切売りをし1週間越しのショートポジションを売ったのが良くない結果となりました。

取引量も極めて少なめ。
気迷い相場で連発するポジションの更改作業もまったく行わずにいました。
週末の損失は、直前まで50PIPSほどの利益を上げていたために残念な結果となりました。

FXCRONOSはターゲットを非常に明確に絞ってトレードする時間足を5分に限定する非常に拘りのあるEAです。
ロジックは単一の通貨ペアに対して6通りが用意されていて、入念な準備があります。
シンプルで取引量が少なくてもいいので、確実に利益を出すトレードを期待したいです。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価2

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価

FX-PLUS essential の実践運用結果
2月21日 - 2月25日

■ドル円:15分足

+22pips
+17pips
+7pips
+24pips
+22pips
-6pips

合計 +86pips

■ドル円:1時間足

■ユーロドル:15分足
-24pips
+28pips
+21pips

合計 +25pips

■ユーロドル:30分足
-81pips
+39pips
+37pips
+29pips

合計 +34pips

▼今週獲得+145pips

▼獲得利益
+5万1589円

※時間足によって取引数量を0.1ロットから0.5ロットで調整しています

▼開始後獲得pips
+2684pips

▼獲得利益
+37万260円

⇒手法についての解説
ドル円 15分。
24日13時すぎに82.11でI手法ショート。81.89で決済。+22pips。
24日20時すぎに81.88でW手法ショート。81.71で決済。+17pips。
24日23時すぎに81.79でW手法ショート。81.70で決済。+7pips。
26日0時に81.79でW手法ショート。81.65で決済。+24pips。
26日0時に81.77でW手法ショート。81.65で決済。+22pips。
28日8時30分81.63でW手法ショート。81.69で損きり。-6pips。
  
ユーロドル 15分
25日12時30分に1.3822でW手法ショート。1.3798で損きり。-24pips。
26日深夜1.3751でW手法ショート。1.3723で決済。+28pips。
26日深夜1.3754でw手法ショート。1.3733で決済。+21pips。

ユーロドル 30分
21日8時30分に1.3715でI手法ショート。1.3634で大幅な
損失-81pips。
24日の0時すぎに1.3736でロング。1.37775で決済。+39pips。
24日の1時に1.3738でW手法ロング。1.3775で決済。+37pips。
24日の3時に1.3744でW処方ロング。1.3773で決済。+29pips。
24日、W手法でUna手法で複数の利益がありましたがエントリーせず。


⇒今週の相場。
今週は世界の中東情勢の不安からドルが一方的に売られる展開となり、
世界経済の巻き戻し懸念からドルが売られることとなりました。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

FX-PLUS essentialのマニュアルは、コンパクトで見やすいのです。
しかし、インストールなどの導入手順と日々確認するスコアの説明などが一緒になっているので、すこし分かりにくい面もあります。
ソフトを読込むと、MT4のチャート以外にサイドバーができます。
左上にスコアが出てきます。

スコアは、FX-PLUS essentialが現在の値動きをテクニカルの何で追っているかを示しています。
FX-PLUSの手法は4種類。
それぞれを使うことで、エントリーチャンスを増やせますし、リスクヘッジにもつながります。

次でチャートの見方の重要なコツを書いていきます。
インジケーターに沿ってトレードしていくため、結構ゲーム感覚でトレードができます。
投資ですから、リスクは限定させるべきですが、
楽しみながら自分でトレードしたいという方にはオススメです。

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)
http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年3月 3日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価7


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------

この一週間は中東情勢の不安も織り込み済みの様子で若干落ち着きを見せ始めた
ことから、ドル円も底堅い動きとなったのではないでしょうか。
81円後半から82円前半の動きですが、大きく下回ることもなく下値を堅めているようです。
ようやくこのあたりでドル円も底をうったのでしょうか。

とはいえ、まだまだ上へ上昇する勢いもさほどないため、
しばらくは上げても83円台どまりのレンジで動くのではないでしょうか。
今週も重要指標や要人発言が多く控えていますので、
急激な相場の動きに注意が必要です。

最近は指標の結果がよくても、
原油高や金利に注目がつまり反応が限定的となるパターンが多いようです。
ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
2/21 - 2/25

▼ 獲得pips
2/21 -12pips
2/22 +26pips
2/23 +42pips
2/24 +20pips
2/25 +6pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+546pips

▼総獲得利益
+448,592円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について

今回はボリンジャーバンドについの勉強をした上でトレードを実践しました。
ボリンジャーバンドはレートの変動幅を示すテクニカル指標の一つで、
レートはその範囲内で移動する確立が非常に高いということだそうです。や
ボリンジャーバンドを使用することで、サポートラインといった各種ラインでは
判断できないリアルタイムの抵抗線を把握することが可能といわれています。

佐野さん流のボリンジャーバンドの活用をしっかりと把握することで
次の相場の動きかたを確率的に読むことができるようになります。
ボリンジャーバンドは±1σ、±2σ、±3σという3つのラインを使うことでより的確になるそうです。

今回もそれらを意識したトレードを心掛けました。
もちろんすべての相場において同じ動きを示すわけではなくあくまでも確立的なものです。

結果、マイナスとなった日もありますが、
総合的に見て確かにボリンジャーバンドはかなり有効に作用するものです。
初心者の方がまず初めに取り入れるべきテクニカル指標ではないかと私は思います。
皆様も是非参考までに試してみてください。

一から勉強しなおしたい方に、もっともオススメしたい情報商材です。
コレは手に入れて損の無い商材ですね。よしゆきもオススメです。
今後もMaestroFX(マエストロFX)を検証レビューしていこうと思います。

最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

「恋スキャFX」検証と評価11


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
恋スキャFXを検証レビューしていきます。
こちらの商材ですが、レビューオファーを頂いておりまして、
乱獲FXでもおなじみ「FX-Jinさん」のロジックということもあり、期待している商材です。
販売ページでは推薦文も書かせていただきました。

それでは、早速恋スキャFXを試してみた結果を記載していきます。

--------------------------------------

■検証結果■

▼検証期間
1011年 2/21 - 2/25

【ドル円】

▼ 獲得pips
2/22 +8pips
2/22 +13pips
2/22 +22pips
2/24 -19pips

▼勝率
86.3%

【ユーロドル】

▼ 獲得pips
2/22 +24pips
2/22 +16pips
2/23 -26pips
2/24 +31pips
2/25 +15pips


▼勝率
89.5%

合計
+84pips

▼2月の獲得利益
+357pips
+31万2984円

■通算獲得利益(2010年11月25から)
+919pips
+185万2145円
スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。

--------------------------------------

■週間の相場の動き

今週のドル円では、世界第8位の石油輸出国リビアの内戦に端を発した
米国の中東での政情不安からドルが大きく売られる展開。
有事のドル買いが今の市況ではフランと円に買いが集まり、
ドルは今月2月の初旬の下値レンジまで押し下げられた格好となりました。

ドルは21日以降、反騰した場面が翌日の22日あるだけとなり、83.30付近から81.70付近まで
大きく売られ、81.70付近の週間の最安値で引けました。

一方ユーロドルは、
2月21日から、先週末の急騰を受けて大きく買われた場面から、月曜日には売りから始まり、
22日の夕方には1.3530付近まで急落する場面がありましたが、
朝方は比較的堅調で1.3530付近で一週間が始まります。
夕方16時以降に、1.3440付近まで崩れますが、
ドルの一方向の売りを尻目に大きく踏み上げを開始し、25日の夕方には、1.3810を突破。
その後週末には、1.3750まで急落しますが、週間で見た場合、
レンジ0.025と大幅な値動きのある相場となりました。


■恋スキャFXについてのコメントと評価

今週は、中東情勢やニュージーランドで大きな激震が走り、
中東情勢はドルやユーロに大きな影響を与え、
自信の影響で1兆円を越すといわれるニュージーランド経済を心配して、
為替の先行き不透明感が、強い1週間でした。

相場がさまざまな要因で動く中、恋スキャをしっかりと実践すれば利益を取ることが出来ます。
裁量商材としては優秀な商材と言えると思います。

■恋スキャFXの効果的な利用方法と評価

裁量とシステムの組み合わせは利益率が一番いいと思います。
「稼ぐこと」にフォーカスした恋スキャFXは実現性の高い教材といえるでしょう。
サポートも迅速ですし売りっぱなしでは無く、
会員さんの声を取り入れてコンテンツを増やしていく姿勢は素晴らしいと思います。
読者の皆さんからのコメントやメッセージもお待ちしています。
では、引き続き恋スキャFXを検証レビューしていこうと思います。


恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲2FXダブルトラップの検証と評価14

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

さて、乱獲FXの第2弾、「乱獲FX2ダブルトラップ」の検証レビューです。
乱獲FXで、今は利益をかなり上げられているので、検証を楽しみにしていた商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

■乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価

■ドル円:30分足
2月21日 - 2月25日

+0pips  (ロングエントリー)
+0pips  (ロングエントリー)
-22pips  (ロングエントリー)
+2pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
-20pips

■ユーロドル:30分足
2月21日 - 2月25日

-54pips  (ロングエントリー)
+0pips  (ロングエントリー)
+11pips  (ショートエントリー)
+11pips  (ショートエントリー)
+15pips  (ショートエントリー)
+0pips  (ショートエントリー)
+31pips  (ロングエントリー)
+79pips  (ロングエントリー)

▼獲得pips
+93pips

■2月4週の利益
+73pips

■2月合計の利益
+756pips

▼獲得利益
37万8000円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

ドル円は週の半ばからは裁量部分はドル売りを予想してトレードに臨んでいます。

24日の深夜1時30分に82.38でロング。
朝方に82.38で両エントリーとも同値撤退+0+0pips。

24日の17時すぎに81.87でロング。
そのままドルは売られ続け22時には1エントリー81.65で損きり。-22pips。
25日朝5時すぎに81.89で決済。+2pips。

ユーロドルは、裁量部分ではレンジを想定してトレード。
30分を中心に観察。

22日の14時ころ1.3584で戻りを確認してロングのダブルエントリー。ところが5分も立たずに急落します。
一時1.3525まで売られ、決済サインが出てしまい、1.3530で1ポジションロスカット。-54pips。
19時に1.3584で決済サインが出て同値撤退+0pips。

21時すぎに1.3675でショート。23日の朝7時に1.3664で夜間に決済が出ていて両ポジションを決済。
+11pips。+11pips。
23日は夜の21時30分に1.3732でショート。1ポジションを1.3717で決済し、+15pips。
もう一本は1.3732で同値撤退。

24日は17時すぎに1.3729でロング。30分後に1.3760で決済。+31pips。続けて1.3808で決済。+79pips。


中東リビアでの政変をきっかけに世界の安定通貨である対円と対スイスフランでドルが売られ、
週間では22日の一時高値の83.50から日本時間の終わり値である81.70まで、1円80銭の大幅安。
最安値付近で引け、今後の中東でのアメリカのプレゼンスの低下が深刻な懸念を呼んでいます。

一方のユーロは対ドルで断続的に売りを浴びながらジリ高。
22日には、1.3670付近から1.3550を割って大きく急落する場面がありましたが、
その後はドルとの比較で1.3820まで買われました。週末は1.3750まで下げて取引を終えました。

今週は久しぶりに大きな相場になり、このところ絶好調の利益を上げている乱獲FXDTですが、
どういった対応をするのか毎日楽しみにトレードとテストをしていました。

ここ1ヶ月は、乱獲FXDTはかなり順調な利益をあげてきました。
しかしテクニカルトレードである乱獲FXDTは基本的にはレンジに強いというのが一般的な合意のある見解です。

今週はトレード成績を見ても明らかに利益を減らしています。それでも週間で70pips以上の
利益を出しました。ユーロドルでは比較的レンジと解釈できる相場があったため、
急騰や反落する場面での利益の確保ができましたが、ドル円の一方向のドル売り相場では、
やはり利益は出ませんでした。

今週のドル円は、エントリーチャンスがかなり少なかった点もあって、少ないチャンスでほぼ確実に
エントリーしているので、トレードは誰がやっても同じ結果になったと思われます。
わずかに反映させる裁量での判断によって結果は若干変わってきますが、
これなら利益は十分に取れるロジックです。
再現性も高く、手に入れておきたいFXロジックのひとつだと思います。

▼『乱獲FX2ダブルトラップ』よしゆきの評価

・おススメ度★★★★★
>乱獲FX同様、動画教材として見られるのは、分かりやすくて高評価です。
実際に私もこの手法を利用してみて、手堅く利益を確保できました。
持っていて損は無い教材だと思います。

・再現性★★★★★+★
>『2つの仕掛け』による絶妙な決済タイミングは、かなり有効だと思います。
そのシンプルな手法は再現性も高く、
FXトレードに慣れている方ならすぐに体得できることから、高評価。

・分かりやすさ★★★☆☆
>このダブルトラップは『ロジック』のみが公開されているため、
まったくの初心者さんの場合には慣れるまでに時間がかかりそうです。
今までトレード経験がある方なら難なく始められそうです。
そのため、分かりやすさは一般的なレベルとして★3つとしました。

▼乱獲2FXダブルトラップの総評

この『ダブルトラップ』は再現性において、
かなりの高評価をつけさせていただきました。
というのも、メタトレーダーさえ使えれば誰でも出来る手法だからです。

時間足も選ばず、流通量の多いメジャー通貨ペアであれば、
好きな通貨ペアでトレードすることが出来るのも魅力的ですね。
よしゆきオススメの商材です。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価12


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
2月21日 - 2月25日

-70pips(ロングエントリー)
+94pips(ショートエントリー)
+31pips(ショートエントリー)

▼獲得pips
+55pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■2月の利益

▼獲得pips
+262pip

▼獲得利益
13万1000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは少ないトレードながら、順調で週末には比較的大幅な利益です。
先週末のロングポジションの損切で週の最初に、-70pips。
しかしその後、週の半ばにはトレードがなかったものの、先週末18日に82.78付近で、
持ち越しとなったショートポジションが更改を繰り返しながら週末25日にまで決済が持ち越され、
朝方に+94pipsと大きな利益を上げました。

25日は再び朝方に81.94付近でショートポジションを取って、
深夜22時過ぎに81.64付近で決済し、+30pipsの利益を出しています。

今週のドル円は世界経済の復調基調に大きく水を差すドル売りにより
相場の雰囲気は急変しました。
先先週末の16日ころから18日まで83円台での半ばのレンジを形成し、
今年の高値圏での推移が続いていましたが、
今週に入って中東情勢でのアメリカのプレゼンスの低下を嫌うドル売りに火がつき、
22日以降に1円を超える急峻な売りを浴びて、習慣の最安値圏81.70付近で取引を終えました。
この水準は今月2月のはじめの水準であり、ドルは1ヶ月を待たずに81円半ばまで売られました。

今週FXCRONOSは、更改を繰り返しながらも再び利益を上げ、今月2月のはじめまで続いた不振な相場を、
完全に吹き飛ばす強さを発揮しました。

今週はかなり大きなドルの売り相場でしたが、
大幅な売り局面でのアルゴリズムトレードの非常に冷徹なショートポジションを連発する絶妙のトレードでした。
もう少しトレード回数が増えてくると面白くなるのですが、
前年の秋ごろなどの相場では、頻繁なトレードも可能なことがわかっているので、じっくりと見守ることにしたいです。
自動売買のポートフォリオとして持っていていいかなと思います。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価16


↑クリックすると拡大します

▼「RSI-terezzo」の実践レビュー結果

「REO-Terzzo」の検証報告です。

先週はユーロドルが上げ基調1.38半ば、ドル円は再び81円台へと下落する展開となりました。
22日の火曜日の相場は久しぶりに荒れ相場の1日でした。
ユーロドル、ドル円など、朝から突然売り買いが多発し、乱降下しました。
この原因は原油高、NZランド地震等いろいろな情報が材料になっています。
東京市場でこれだけ激しく動く日もそうそうないので、混乱を招いた日でもあったと思います。

これらが原因でユーロドルは一時1.3593から1.3525まで売り込まれましたが、
その後はすぐに買い戻され上昇基調に戻りました。
ドル円も同様に83.07から8352まで一気に50銭近く上昇しましたが、
はやりこちらもすぐに売られて下落基調に戻りました。
今週の為替相場はどういう展開になるのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
238戦 146勝 91敗 1引分

■2/28 現在のポジションの状況
USD/CHF: -19.93pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -29.94pips(含み損)(0.02ロット)
USD/CHF: -24.56pips(含み損)(0.06ロット)
USD/JPY: -2.45pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: +5pips(含み益)(0.01ロット)
CHF/JPY: +4.77pips(含み益)(0.01ロット)

■11月の各獲得pips
CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 

■12月の各獲得pips
CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 

■H23.1月の各獲得pips
CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips
CHF/JPY: +8.97pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +33.66pips

■10月総獲得pips(スワップを含む)
+44.92pips

■11月総獲得pips(スワップを含む)
+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)
+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)
+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)
+74.67pips


■総獲得pips
+651.39pips

■REO-terzzoについての総評

ユーロドルでの含み損を解消できたとおもったら、
今度はUSD/CHFで現在含み損を抱えています。
とはいえ、ここ数カ月のREOは順調に利益を積み上げていっており、
EAとしてはかなり出来がいいものではないかと思います。

とくにユーロドルやドルスイスフランは抱える含み損も大きいですが、
その反面利益が一番出やすい通貨でもあるのではないでしょうか。
クロス円より値動きの幅が大きい分、
利益も獲りやすいですがリスクも大きいということの現れだと思います。

ドルスイスフランは現在0.6ロットのオーダーまで発注していますので、
まだまだこれからの巻き返しに期待が持てます。
そのほか通貨は0.1ロットのオーダーなので順調なポジショニングを行っているようです。
最近ようやく含み損が膨らんでいても落ち着いて見守ることができるようになってきた気がします。
それはやはりREOが実績を積んでいってくれているからでしょう。
では来週にも期待したいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)
http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

スキャルピング極の検証と評価17


↑クリックすると拡大します

■スキャルピング極の検証と評価レビュー

2/22 - 2/28までの報告をしたいと思います。

取引時間は概ね19時?24時ぐらいの間の2時間から3時間前後です。

22日の相場は朝から乱降下する動きの荒い展開となりました。
中東不安や原油価格、NZ大地震、金利の情報に影響を受けること多かったように思います。
22日以外は比較的安定した相場でしたが、ボラは狭い状況でした。
ドル売り、ユーロ買いが進み、ユーロドルは一時1.3855まで上昇しましたが、
目先の抵抗1.3860で上げ止まりました。
ドル円は81.60近くまで売られましたが、現在は中東情勢に若干落ち着きが見えたことで
原油価格も下落し、ドルが買い戻されました。

ユーロドルはしばらく1.3600から1.3900のレンジでの推移となりそうです。
今週どちらかに下抜けるか上抜けるか相場が読めません。
では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。
※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。

■『スキャルピング極』 の実践結果報告


▼2/22 - 2/28 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

2/22:+48pips
2/23: +21pips
2/24: +31pips
2/25: -1pips
2/28: +24pips

合計:+123pips


▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+1191pips

▼2月総獲得pips
EUR/USD:+548pips

合計:+5350pips

2/22 - 2/28は合計で+123pipsとなりました。
2月の合計損益は+548pipsという結果となりました。

■『スキャルピング極』の実践レビュー

今週もユーロドルは上昇をつづけ、1.3855まで上昇しましたが、
ここへきてようやく頭を押さえられています。
今後の展開は1.39を目指した動きになるのか、
1.36まで下押しされるのかというところですが、
ドルの影響が大きく関係してくるため、個人的見解でいえば
ドル円が83円台まで戻すのではないかと思っているので、
ユーロドルもそれに伴い1.36か或いはそれよりもう少し下まで売られるのではないかと思っていますがあくまでも個人的予想です。

今週のスキャルピング極はボラの狭い中での取引が多かったためか
損切りがいつもより多くでてしまいました。
スキャルピング極を使ったてトレードをする場合、
100%シグナル通りに従うのもたしかに利は獲れるのですが、
ある程度テクニカル的な知識をもって、
自分なりにルールを作った上で実践するともっと確実に損切りも減り、利益も増えると思います。

たとえば、いろんな時間足をつかってトレンドをつかむといったごく簡単なことでも
やっていれば絶対に違いを感じると思いますので、
そういったことを取り入れてより効率的なトレードを目指して下さい。
スキャルピング極みは、初心者には分かりにくい教材となっていますので、ご注意ください。
マニュアル作りが結構簡素になっています。

スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ

ポンド円MAXの検証と評価21


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく先週分の「ポンド円MAX」のレビューを始めていきたいと思います。

■ポンド円MAXの取引結果
2月21日 - 2月25日のポンド円MAXのシグナルについて検証報告したいと思います。

先週までのポンド円は利上げ観測で135.50を超える上昇となりました。
2010年8月以来の135.50です。
ただ、若干利上げにより上昇が続いたためか、当然のように頭をたたかれた状態となり
現在は131円から133円のレンジとなっています。
やはり今もまだ上値は重いようで、なかなか136円を抜くことはできません。

先週のNZ地震による影響や指標の影響を受けやすい状況で、現在は方向性を模索中と
いった感じです。
またドル円につられて下落する可能性もありますので注意が必要です。
また欧州の利上げにより、ユーロが買われ、ポンドが売られるという現象も予測され、
そうなった場合は必然的にポンド円も下落していきます。

■2/14?2/25までの実践結果報告
先週14日から18日までの報告も合わせて行います。


▼2月15日(火)

133.91ロング
134.35リミット
131.80ストップ

2月15日火)夜、リミットに掛かり利確
獲得pips +44 pips

▼2月18日(金)

135.08ロング
135.44リミット
133.50ストップ

2月18日金)夜、リミットに掛かり利確
獲得pips +36 pips

その後のシグナル配信はありませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼12月総獲得 pips 結果
-202 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼1月総獲得 pips 結果
+267 pips

▼2月総獲得 pips 結果
+158 pips


▼9月からの総獲得 pips 結果
+646 pips


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼21勝4敗

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼1月総獲得 pips 結果
+267 pips

▼2月総獲得 pips 結果
+78 pips

▼9月からの総獲得 pips 結果
+566 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼19勝4敗

■ポンド円マックスについて
14日から18日は2回シグナル配信があり、どちらもエントリーと同日に
利確するという好成績をだしました。
やはりシグナル配信も慎重かつ的確に行われているということでしょう。
18日の利確後、先週1週間は一度もシグナル配信はありませんでした。

これは作者が混乱した相場のなかでの安易なポジショニングを避ける為だそうです。
たしかに、22日のNY休場あけの為替相場は朝から上下に変動する荒れ相場でした。

そのあとは比較的落ち着いた動きでしたが、ちょっとしたニュースや発言に敏感に
反応する相場状況だけに、慎重にならざるを得ないということでしょう。

最近好調なポンド円MAX、次なるシグナルに期待します。
では次回も良い報告ができるよう祈りたいと思います。


ポンド円MAX
http://www.infocart.jp/e/46981/58176/
販売者:綱島大介


↑クリックすると拡大します

タグ