2011年4月の記事一覧

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

☆よしゆきが今一番オススメする自動売買システム☆

FXコレクションズ~1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用~

Fコレは、今もよしゆきが実践して資産を増やし続けているサービスです。
約2000種類の自動売買が無料で使い放題!
ゲーム性のある資産運用でとても面白いですよ。

▼よしゆきの「FXコレクションズ」総合評価
おススメ度★★★★★
安定度★★★★★
分かりやすさ★★★★☆
サポート体制★★★★★+★(丁寧で迅速!登録会員はずーっと無料です)

FXコレクションズの検証レビューはコチラ>>>

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

【最新レビュー!!】FX革命の実践と検証2

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します


こんにちは、よしゆきです。

今回から、『FX革命』の検証レビューを始めていきます。

この商材には、『恋スキャFX』や『乱獲FX』でもおなじみの
「FX-jin」さんのロジックが扱われているので、期待できそうですね。
また、価格も他のFX商材と比べ段違いにお手ごろですので、導入しやすい商材だと思います。

それでは、さっそくFX革命の実践結果の報告をしたいと思います。


▼FX革命実績

4月12日-4月22日

4/12 +63pips
4/13 ±0pips
4/14 -27pips
4/15 -51pips
4/18 +128pips
4/19 +24pips
4/20 +36pips
4/21 ±0pips
4/22 ±0pips

勝率
80%

4月の合計獲得pips

+239pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

FX革命についてのコメントと評価

今回のトレード結果はプラス収支で終わりました。
勝率は80%となっており、申し分ないものとなりました。
ですが、マイナスが少し大きくついてしまったため、
結果は思ったよりも伸び悩みました。

やはり、FX-jinさんの言うとおり、せっかく何度か勝ちが続いても、
大きな負けをつけてしまうのはもったいないですね。
今後も負けるときであってもなるべく小さな負けを目指します。
18日の勝ちは納得のいくものでしたので、引き続き続けていけたらと思います。

FX革命
http://ctwpromotion.s3.amazonaws.com/fx/kakumei/index.html
販売者:株式会社Catch the Web 横山直広


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

「恋スキャFX」検証と評価17


↑クリックすると拡大します


▼恋スキャFX実績
4月12日-4月22日

4/12 +8pips
4/13 -28pips
4/14 +3pips
4/15 +67pips
4/18 +22pips
4/19 +2pips
4/20 +19pips
4/21 -3pips
4/22 +17pips

▼勝率
82.8%

合計
+107pips
+11万4218円

▼4月の獲得利益

+204pips

+23万846円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+1681pips
+335万9996円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。


■恋スキャFXについてのコメントと評価

今回のトレード結果もまずまずといったところですね。
負けが少ないことに対しては安心していますが、油断はできません。

ところで、恋スキャFXの会員の方が参加できるFX-jinさんの無料セミナーが
行われたそうですね。映像を観てトレードのノウハウを学ぶことも大切だとは
思いますが、プロトレーダーのお話をリアルに聞くことができれば、
また意識の向上にもつながるかもしれませんね。
実際に質問をするチャンスでもあります。
機会があれば参加してみるのもいいかもしれませんね。


恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価10

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
4月18日 - 4月22日

■ドル円:15分、30分足

+13pips
-6pips

合計 +7pips


■ユーロドル:15分足

-54pips
+77pips
+33pips
+119pips
+115pips
+114pips
+23pips
-9pips
+27pips
+7pips


合計 +452pips

▼今週獲得+459pips

▼獲得利益
22万9500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+3721pips


⇒手法についての解説

今週は複数の足でエントリー。

ドル円は15分を中心にトレード。
4月20日19時30分に82.77でUULA手法でショート。
すぐに22時30分に82.64で決済。+13pips。

4月22日21時81.90でUULA手法でショート。
81.84で決済し、-6pips。

ユーロドルは、15分を中心に非常に積極的エントリー。
18日21時すぎに1.4267でI手法ショート。すぐに損失1.4321で決済。-54pips。

23時30分に1.4251でI手法再びショート。
すぐに決済。1.4174で決済し、+77pips。

19日21時すぎに1.4280でw手法ロング。
1.4313で23時に決済し、+33pips。

20日の22時すぎに1.4505でw手法ロング。
続けて21日0時に1.4509でw手法ロング。
さらに続けて、1.4510でw手法ロング。

トレード可能な21時16時30分に1.4624ですべて決済。
+119pips。115pips。114pips。猛烈な利益確定。

22日の2時すぎに1.4571でu手法ショート。
3時前に1.4548で決済。+23pips。

22日16時すぎに1.4578でuulaでショート。
18時に1.4572でuulaショート。

18時の決済がすぐに損きり。1.4563で決済。-9pips。
16時の決済を22時前に1.4551で決済。+27pips。

23時にU手法1.4551でショート。2時間後に決まり、
1.4544で決済。+7pips。

⇒今週の相場。
今週のドル円は週明け18日6時から83.22付近から寄り付き、19日朝には82.16まで下落。
その後一時83.00付近まで買い戻されるものの再び下落に転じました。
一時81.70付近まで売られ、その後やや買い戻され81.94で引けています。
前週の85円台からのドル安の流れが継続しています。

ユーロドルでは、週明け18日に1.4400付近で寄り付きます。
その後、19日0時には一時1.4156まで売られる展開となりますが、ユーロが急反発し、
20日の20時には1.4522をつけます。一時1.4645と今年の最高値をつけました。
その後は売られ1.4553で引けていますが、高値圏での取引を終えています。
週の半ばに大きな谷を作る展開となりました。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週はドル円は取引自体が閑散としていました。15分ではほとんど取引がありませんでした。
一方のユーロドルでは非常に活発な取引が行われ、トレードが行えない日本時間の深夜や、
日中にも活発なエントリーを連発していました。
全体的に割合の多いw手法で大きな利益を上げていますが、一方的なショート・ロングの
トレンドを予想するI手法も散見され、かなり見通しが拮抗した流れとなりました。
裁量では今週のユーロドルはなかなか難しい値動きだったのではないでしょうか?

今週は久しぶりにFX-PLUS essentialで、トレードを伴う大幅な利益を計上しました。
W手法を短期間に3つポジションをとり、週後半の上昇局面で大きな利益を上げました。
やや気をよくして、週末のトレードが雑になってしまいましたが、比較的相場の流れに沿って、
週末まで持ちこたえたと思います。 週半ばで大きな損失を出すと、
週後半のトレードがつらいので、今週は非常にやりやすい流れでした。
来週も積極的にエントリーしてゆきます。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年4月25日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価21


↑クリックすると拡大します


「REO-Terzzo」の検証報告です。


先週はユーロドルがさらに急伸した週になった半面、ドル円はさらに下落が進み
とうとう81円台に一瞬足をつけてしまいました。
欧州信用不安から一度1.41までさげてきたユーロドルでしたが調整の範囲内の下げだったようで
すぐに反発上昇し2009年11月以来の高値を更新しました。
ドル円は85円まで上昇し円安転換かと思われましたが再び82円台まで戻し
現在も82円台前半から後半をうろうろしています。
やはりドル円はここらあたりの価格帯が居心地いいのでしょうか。
今週の相場はどちらへ進んでいくのかとても楽しいです。
ユーロドルは上げすぎて来ており、今週のFOMCでのバーナーキンさんによる発言で
どちらかの方向に大きくぶれる可能性があります。
ここでユーロが売られた場合、ドル円が上昇する可能性がありますので
83円台へ戻してくるかもしれませんね。


それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
309戦 186勝 122敗 1引分

■4/25現在のポジションの状況

CHF/JPY: -1.47pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: +0.20pips(含み益)(0.01ロット)
USD/CHF: +0.34pips(含み益)(0.01ロット)
USD/JPY: -7.45pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: -3.42pips(含み損)(0.02ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +20.06pips
EUR/USD: +48.90pips
USD/CHF: +10.71pips
USD/JPY: +5.82pips


■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+85.49pips


■総獲得pips

+927.40pips


■REO-terzzoについての総評

先週は大きく収益をあげたREOでした。
多くの含み損を解消していき、先週一時、すべてのポジションがプラスになる
場面があり思わず感動してしまいました。

現在は含み損になってしまっていますが、おそらくこのポジションも無事プラスで
決済されると思っています。
現在のような荒れ相場であってもこれだけの結果が出せるREOは本当に頼もしく
見ていてとても面白いです。
とくに先週、先々週のREOの動きは俊敏で動きに軽快さが見られました。
今週もこの調子でトントンとトレードしていってくれることを期待しています。


では来週の結果を楽しみにしたいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価22

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
乱獲FXで決済となり、損益確定となりましたので、報告していきます。

■ドル円:15分足
4月18日 - 4月22日
+11pips[ロングエントリー]
+9pips[ロングエントリー]

-1pips[ロングエントリー]
+3pips[ロングエントリー]

+13pips[ロングエントリー]
+0pips[ロングエントリー]

-14pips[ロングエントリー]
+7pips[ロングエントリー]

+15pips[ロングエントリー]
+21pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+64pips


■ユーロドル:15分足
4月18日 - 4月22日

-32pips[ロングエントリー]
-21pips[ロングエントリー]

+23pips[ロングエントリー]
+23pips[ロングエントリー]

+26pips[ショートエントリー]
+0pips[ショートエントリー]

-54pips[ショートエントリー]
-62pips[ショートエントリー]

▼獲得pips
-87pips


■4月3週の利益

-23pips

■4月合計の利益

+441pips

▼今月獲得利益
22万0500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

今週は寄り前から83.00付近からのレンジから入る予想。
その後ドルの下落に転じ、ドルショートに追随。

18日18時に82.70のロングダブルエントリーから取引開始。20時15分に82.81で決済。
+11pips。22時15分に82.79で決済。+9pips。

18時23分に82.49でロングダブルエントリー。
相場はすぐに逆の方向へ。しかしサインが出ないので決済せず。
19日7時に82.48で一本決済。もう一本を16時45分に82.52で決済し-1pipsと+3pips。

19日23時に82.39でロングダブルエントリー。
45分後に82.52で決済。+13pips。もう一本は、
エネルギーを出し切って弓を描いて下落したので、
同値撤退。+0pips。

20日の23時に82.47でロングダブルエントリー。
すぐに下落に転じ82.33で損きり。-14pips。
0時30分に決済サインが出て、82.55で決済。+7pips。

21日23時30分に81.67でロングダブルエントリー。
0時すぎに81.82で決済。+15pips。もう一本を81.88で翌朝7時に決済し+21pips。

ユーロドルは、18日の18時15分に1.4329でロングダブルエントリー。
19時30分に1.4297で決済。-32pips。
もう一本を22時すぎに1.4308で決済し-21pips。

19日0時すぎに1.4208でロング。翌朝7時に1.4231で決済。+23pips。
もう一本も決済し+23pips。

19日21時すぎに1.4305でショートダブルエントリー。
45分後に1.4279で決済。+26pips。もう一本は1.4305で同値撤退。+0pips。

20日の17時に1.4434でショートダブルエントリー。
18時30分に1.4488で一本決済し、-54pips。
19時15分に1.4496で決済し、-62pips。

■今週の値動き

今週のドル円は、前週の85円台からのドル安の流れが継続しました。
週明け18日6時から83.22付近から寄り付き、19日朝には82.16まで下落。
その後一時83.00付近まで買い戻されるものの再び下落に転じ、
一時81.70付近まで売られました。その後やや買い戻され81.94で引けています。

ユーロドルでは、週明け調整に入ったユーロが週後半になって再び買われる展開になりました。
週明け18日に1.4400付近で寄り付きますが、
19日0時には一時1.4156まで売られる展開となりました。しかしその後ユーロが急反発し、
20日の20時には1.4522をつけその後一時1.4645を記録。若干売られ1.4553で引けていますが、
高値での取引を終えています。


【今週の乱獲FXDT】

今週は全般に裁量での動きに相場が振られる展開になりました。次回6月のFOMCでの米国金利の引き上げが見送られる公算から、ドルが他通貨に対して全面安。ECBは引き上げを行いドル圏との政策の差が鮮明です。ただし、対円についてはやや売られすぎかもしれません。

今週は今年に入って5ヶ月ほどたちますが、ユーロで初めてのマイナスを出してしまいました。
そのマイナスに大きく引きずられる形で、週間の利益も-23pipsと久しぶりの損失計上に、
なってしまいました。
敗因は、トレンドの変化に気がつくのが遅れ、ユーロの上昇局面でショートを連発したことでしょうか。20日の17時のトレードが非常に大きな失敗で110pips以上の損失を出しました。
もうひとつは、レンジの時間軸が15分という比較的細かい時間軸では対応しきれず、
エントリーサインがやや不正確な表示になるのを許してしまったことでしょう。読めない場合は、
戸惑うことなく長い時間軸への意向をしなければいけませんね。来週は気合を入れて望みます。
ドル円は、若干ドル高傾向の非常に平坦なレンジを予想します。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価14


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------
先週は投資家達の外貨リスク回避からか円高が進行したドル円、それにつられユーロ買いも進み
急伸したユーロドルでしたが、上昇ムードも一服といった動きになりました。
ドル円は85円を一度越えたあと、再び85円越えをするこができずに83円台で推移し
今週に入ってからはさらに売り込まれ82円台まで押し戻されています。
一時の介入効果はどこへやら状態ですが、市場はやはりこの値ごろ感がちょうど良いという所なのでしょうか。
ユーロドルも1.45を越えた後は欧州不安から一時1.41まで売り込まれましたが現在は
再び1.44台まで戻しています。
ドル円に比べて上下の動きが激しいユーロドルですが1.45を再び越えるには力不足といった感じで
逆に短期間の間に上げすぎた分、もう一段さげの調整が入ってきてもいいような気がしています。
ドル円も82円まで売られて入るものの下値を底固めしているようで、突然上昇というパターンも考えられます。

今週は再び上昇トレンドとなるのかに注目していきたいですね。


ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
4/11 - 4/15

▼ 獲得pips
4/11 +52pips
4/12 +29pips
4/13 -15pips
4/14 +18pips
4/15 +47pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+467pips

▼4月の獲得利益

+300pips

▼総獲得利益
+964,171円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回は基本戦略その3です。
今週も引き続き逆張りトレードを取り入れてみました。
まず、おさらいとして
・同じ時間内では小さな時間軸ほどターニングポイントが多くなる。
・小さな時間軸ほどボラティリティが小さく、トレンドのpips幅が小さい。
・同じ期間内ではより多い転換点が存在する。
・短期トレードでは順張りでの高値つかみ安値つかみに注意し、転換点を狙う逆張りも必要になってくる。

といういう点を意識したトレードが必要です。

また小さな時間軸でのトレードの場合は損切りポイントも早いためリスクは最小といえます。
損失をだしても数十pips程度ですが、大きな時間軸になると損切りポイントも大きくなるため
数百pips?数千pipsになるということがいえます。

リスク管理を徹底したトレードを行うことでこうしたリスクは回避できますが、
大きな利益を逃してしまう結果にもなる可能性があります。

裁量でそろそろ反転するだろうと思いエントリーしても反転せずに同じ方向へと流れて
しまうというパターンが多いと思います。
これを少しでも回避するにはやはりテクニカルの知識は必須になってくるので
しっかりと相場のパターンを頭に入れておきましょう。

100%テクニカル分析と同じように動くとはいえませんが、高い確率で相場は繰る返すということです。

これまでのマエストロFXなんども見直して勉強していってみましょう。


では皆様も是非参考までに試してみてください。


最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価21

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
乱獲FXで決済となり、損益確定となりましたので、報告していきます。

■ドル円:15分足
4月11日 - 4月15日
+11pips[ショートエントリー]
+13pips[ショートエントリー]

+3pips[ロングエントリー]
+44pips[ロングエントリー]

+0pips[ロングエントリー]
-6pips[ロングエントリー]

+15pips[ロングエントリー]
+13pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+93pips


■ユーロドル:15分足
4月11日 - 4月15日

+20pips[ロングエントリー]
+33pips[ロングエントリー]

-37pips[ショートエントリー]
-30pips[ショートエントリー]

+18pips[ロングエントリー]
+78pips[ロングエントリー]

▼獲得pips
+82pips


■4月3週の利益

+175pips

■4月合計の利益

+464pips

▼今月獲得利益
23万2000円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

今週は寄り前からドル高傾向のレンジを予想し、
15分でロングを長く、ショートを短く取る相場を予想していました。
2日前後から戦略を変更し、レンジで待ちましたが、ドル売り傾向は強い展開になりました。

4月11日はほぼエントリーチャンスなし。
4月12日は17時30分に84.33でショートダブルエントリー。
20時すぎに84.22で一本決済。+11pips。21時すぎに84.00で決済。+13pips。

4月13日83.60でロングダブルエントリー。
かなりいい伸びでしたが、決済サインは出ず。朝7時に見たらマイナスに転換し、一本83.63で決済し+3pips。
夕方のトレード可能時間になって大きく利益を伸ばし、17時に84.04で決済。+44pips。

14日の18時に83.19でロングダブルエントリー。
20時に一本決済し、同値撤退。+0pips。
23時に83.13で、いったん下にエネルギーを放出したと考えて決済し、-6pips。

15日の17時には83.07でロングダブルエントリー。83.22で一本決済し、+15pips。
値を伸ばすものの決済できず、21時前に83.20で決済し、+13pips。

今週のユーロドルは、やや下方向のレンジを想定。15分足。

11日の21時45分に1.4428でロングダブルエントリー。1.4448で決済し、+20pips。
12日の1時前に1.4461で決済し、+33pips。

4月12日20時に1.4455でショートダブルエントリー。急に逆の動きをはじめ、
21時30分に1.4492で一本損きりし、-37pips。
0時すぎにも1.4485でもう一本を決済し、-30pips。すぐにショートの動きになったので、
非常に大きく厳しい損失になりました。

13日には16時すぎに1.4510でショート。
17時15分には1.4489で決済し、+21pips。すぐにもう一本も決済し、1.4492で決済。+18pips。

14日の20時に1.4379でロング。21時に1.4425で一本決済し、+46pips。1.4457で23時30分に決済し+78pips。

■今週の値動き

今週のドル円は、一方向のドル安となりました。4月11日の朝85.00付近から始まり、
4月16日の引けにかけて83.06で終了。今週のほぼ最安値で引けています。値幅は週間で2円となりました。

週間での値動きにほとんどレンジをはさむことなく一方向の売りとなっており、
4月12日の8時には、54.60付近から83.83まで、20時には84.26から83.50までの急落という
断続的な売りを浴びており、売り圧力がかなり強く強いものであることがわかります。

【今週の乱獲FXDT】

今週のFXダブルとラップは、ドル円が寄り前での予想と大きく異なったことにより、
きわめて少ない利益となってしまいました。一方でユーロドルは、
レンジの落とし穴に落っこちてしまい、厳しい連続損きりを形成したものの週末に大きく
利益を伸ばすことができました。
全体的に言うと、先月の大きな利益確定とはならなかったものの、
今週も比較的堅調なトレードで終わることができました。

あまり熱くならずに淡々とトレードを続けるべき局面なので、値動きに素直についてゆきたいと思います。

FXダブルとラップは、今月やや調整があったものの、今年に入ってかなり堅調なトレードを維持しています。
この調子を継続して、チャートのエントリーを正確に見極めて、
じっくりひきつけるトレードを継続してゆきたいと思います。


乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価9

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
4月11日 - 4月15日

■ドル円:30分足

-7pips
-7pips
+23pips
+23pips

合計 +29pips


■ユーロドル:15分、30分足

+43pips
+23pips

合計 +66pips

▼今週獲得+95pips

▼獲得利益
4万7500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+3263pips


⇒手法についての解説


ドル円30分は、4月13日16時にU手法でロング84.11から開始。
すぐに84.04で損きり。-7pips。

13日23時すぎに83.99でU手法でショート。
83.92で損切。-7pips。

15日19時すぎに83.30でW手法でショート。
続けて21時に83.27でW手法でショート。

21時のショートを23時丁度に83.04で決済。+23pips。
先のトレードは、週末をオーバーナイトするのを避け、
83.12で決済し、+18pips。

ドル円の30分は取引時間外で、かなり不利なトレードが散見し、
何とか1週間を終えた感じです。

ユーロドルは、高値警戒感が強いためか、取引自体がかなり少なめ。
週の前半は様子見気分が強いので入りませんでしたが、
15分に至ってはほとんど取引がありませんでした。

15分で14日21時に1.4395でUha手法ロング。23時に
1.4438で決済し、+43pips。

週末にw手法で1.4435付近でショートし、オーバーナイトをさけ決済し、+23pips。

⇒今週の相場。
今週のドル円は、一方向のドル安となりました。4月11日の朝85.00付近から始まり、
4月16日の引けにかけて83.06で終了。今週のほぼ最安値で引けています。値幅は週間で2円となりました。

週間での値動きにほとんどレンジをはさむことなく一方向の売りとなっており、
4月12日の8時には、54.60付近から83.83まで、20時には84.26から83.50までの
急落という断続的な売りを浴びており、売り圧力がかなり強く強いものであることがわかります。

ドル安の背景にあるのは、世界の景気調整リスクを反映した動きだと説明されていますが、
非常にテクニカルな意味合いで、ほとんど普通の理解を欠いている説明となっています。

今週のユーロドルは、高値での一進一退。4月11日の朝1.4430付近から始まり、
4月16日にはほぼ同水準で引けました。1月の11日以来継続する一方向の
ユーロ高の基調が継続している形で、ECB総裁発言をきっかけに、
金利の引き上げが期待されているものと思われます。

高値レンジでの値幅が、1.4395-1.4515の間にあり、短期でのトレードには
非常に向いた値動きとなりました。ただしFX?plusのサイン自体はあまり点灯しませんでした。

ユーロは財政支援を受けた南欧諸国による債務再編案がポルトガルやスペインで否決されており、長期で見た場合に不安が大きい展開となっているようです。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週はこれまで裁量の観点からのコメントをしていなかったので、
ここでちょっとだけまとめておきたいと思います。
FX-PLUSESSENTIALは、基本的にはエントリーの多いEAだと思います。エントリーは増減の波が激しい面もありますが、多いときはいくらでもチャンスがあり、1日に4,5回チャンスがある日もあります。

自動売買機能がついていないのですが、基本的には売り買いの判断をチャートのインジケータだけを見て、スコアで確認し売買を決めるので、裁量というのは、出ている個々のサインを採用するかどうかということに生かされます。

裁量とシストレは、両方のよさを生かしきってトレードできれば大きな価値を生みますが、相反する考え方もあり、たとえば自動売買は結局状況を判断していないという批判もできてしまうし、裁量は淡々と客観的に売買していないからよくないという批判ができてしまいます。

FX-PLUSESSENTIALのスコアを見て決めるという辺りは、この辺の迷いがあるのです。
こういったことを両者ともに解決する視点というのは、
トレードの基本はリスク管理にあるということをもう一度考えることだと思います。
つまり両者に決定的に欠如している観点を考えて、それだけを埋めあえばいいでしょう。

例えばEAは、中央銀行の緩和策を理解できません。一般的に緩和が行われた国の通貨は下落します。また、金利が引き上げられる国の通貨は、値上がりします。
これも理解できません。
最も基本的で、裁量トレーダーなら誰でも知っていることだけをシストレの裁量部分として採用すればいいのです。

一方でEAのすごいことは、少々の相場の状況を無視して押し目を入れたり、
報道に振られることなく売買できることです。またルールがぶれるということがないことも大きな強みでしょう。

誰でもわかる裁量判断と、ぶれないシストレを組み合わせて収益機会を増やしてゆきたいと思います。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年4月19日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FXクロノスの検証と評価22


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。
■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
4月11日 - 4月15日


+16pips[ロングエントリー]
+29pips[ロングエントリー]

▼獲得pips
+45pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■4月の利益

▼獲得pips
+126pip

▼獲得利益
+6万3000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

4月14日11時に83.47でショート。
比較的正しいポジションだったようです。
このポジションを14日の夜の22時くらいまで更改を繰り返していきますが、
15日朝0時に83.30付近で決済。+16pips。

15日の朝6時にも83.47で再びショートをかけ、15日の15時前に決済し、83.20付近で決済し、+29pips。

FXクロノスは今週も比較的激しいトレードを予想していましたが比較的穏健なトレード。
エントリーポイントの修正を週の半ばには比較的頻発に行っていますが、
売買自体は3回程度に抑えられました。利益は少なかったものの、損失もまったくなく、
<公務員のようなまじめなトレード>を実現する見本のような一週間になりました。

【今週の市場の動き】
今週のドル円は、一方向のドル安となりました。4月11日の朝85.00付近から始まり、
4月16日の引けにかけて83.06で終了。今週のほぼ最安値で引けています。値幅は週間で2円となりました。

ドル安の背景にあるのは、世界の景気調整リスクを反映した動きだと説明されていますが、
非常にテクニカルな意味合いで、ほとんど普通の理解を欠いている説明となっています。

日本の輸出産業の電力供給問題を背景に、輸出企業の調整が長引けばドル高を維持する
必要はないとの米国当局の憶測から売られたものと思われます。

【今週のFXクロノス値動きへのコメント】
今週のドル円は、週の中盤から一気にドル売りが加速しチャートが下がってくる展開となりました。
FXクロノスは押し目売りを入れることを若干期待していたのですが、
残念ながらショートトレンドロジックは稼動せずに終わりました。

テクニカルトレードの基本である移動平均線MAには現在のろうそく足の5本から20本程度前の
単純平均を取るだけのものと、もっと以前の平均値を織り込んでいるものがいくつかあります。
もしかしたら、FXクロノスの参照するロジックは単純な移動平均ではないのかもしれません。

ひとつ気がかりなのは、クロノスのロジックの大幅な入れ替えがあるかもしれないことは、
ここでのコメントで依然書きました。作者さんは2007年前後からのドル円の流れをひとつの区切りと考えており、
その流れが昨年の11月、今年の震災後のドルの急落で変わった可能性があります。
ホームページを頻繁に調べておきたいと思います。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価20


↑クリックすると拡大します


「REO-Terzzo」の検証報告です。

先週は上げすぎた相場の調整に入った週でしたね。
相場を大きく動かすほどのニュースや指標もありませんでしたが、
地震関連のニュースや報道には少し反応した感がありましたね。
今週はドル円が83円台で踏ん張れるのか、82円台に下落するのかが見ものです。
ユーロは少々買われすぎているぐらい高値になっているため若干の調整が
入ってきそうな週になりそうですね。
引き続き、原発関連、原油、株、金利等の情報に左右されると思われますので
こうした情報にも耳を傾けていきたいと思います。


それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
289戦 175勝 113敗 1引分

■4/18現在のポジションの状況

CHF/JPY: -28.27pips(含み損)(0.01ロット)
CHF/JPY: -45.71pips(含み損)(0.02ロット)
CHF/JPY: -62.78pips(含み損)(0.06ロット)
USD/CHF: -3.36pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: -23.57pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: -35.84pips(含み損)(0.02ロット)
USD/JPY: -35.36pips(含み損)(0.06ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +0.01pips
EUR/USD: +21.10pips
USD/CHF: +10.71pips

■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+31.82pips


■総獲得pips

+873.73pips


■REO-terzzoについての総評

ようやく大きな含み損を抱えていたUSD/CHFが、
無事にかろうじてプラス決済することが出来ました。
そしてユーロドルも大きく利益を伸ばしています。
ここまでくるとさすがREOとしか言いようがありません。
これまで何度も窮地に立たされていたREOで今回ばかりは無理だろうと少しあきらめていましたが見事に良い意味で、期待を裏切り成果を上げてくれました。
本当にすごいですね。
資産に余裕をもっていれば焦ることなく負かすことができるEAです。
あとはドル円の行方が気になるところです。
来週にはポジション解消していただきたいですね。
まだ最終ロットオーダーまでは出ていないので期待は残っています。
では来週の結果に期待したいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

【最新レビュー!!】FX革命の実践と検証1

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します


こんにちは、よしゆきです。

今回から、『FX革命』の検証レビューを始めていきます。

この商材では、『恋スキャFX』や『乱獲FX』でもおなじみの
「FX-jin」さんのロジックが扱われているので、期待できそうですね。
また、価格も他のFX商材と比べ段違いにお手ごろですので、導入しやすい商材だと思います。

それでは、さっそくFX革命の実践結果の報告をしたいと思います。


▼FX革命実績

4月5日-4月11日

4/5 ±0pips
4/6 +27pips
4/7 ±0pips
4/8 ±0pips
4/11 +39pips

勝率
100%

4月の合計獲得pips

+66pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

FX革命の特徴としては、FX初心者の方でもFXに入りやすいようにFXの簡単な用語説明から
実際の相場で利用できるトレード方法まで、プロトレーダーの「FX-jinさん」が動画において
その手法を明解に説明してくれることです。
ただ単に動画に従うだけのトレードではなく、各々が勝つためのロジックが動画の中には盛り込まれていて。
FX革命のロジックを使ってトレードをしたところ、最初の実績が上記の勝率100%というわけですから、期待も高まりますね。

◆FX革命の3つの特徴

【特徴1】初心者さんでもわかりやすい5時間37分の動画

これまで、私は多くの教材を見てきましたが
「FX革命」は他のFX投資教材よりも価格が安いです。
FXの商材には数万円から十数万円するものが多いなか、
「FX革命」は5時間くらいの長さの動画でトレードのロジックや具体的なテクニックをふまえての説明を受けられるので、まさに革命といったところです。


【特徴2】取り組みやすい2980円という値段設定

2980円という価格と内容をふまえても、初心者の方が最初にFXを始める際の基本書のような形でも使えますね。
すでに他のFX商材で学んでいる方も、FX革命を併用することでさらにFXに関する気付きを得る機会にもなると思います。


【特徴3】スイングトレードから徐々に慣れていくための明確なロジック

FX革命では、インジケーターを使ったロジックが公開されています。
初心者さんでも取り組みやすいように、FX-Jinが直接動画で説明しています。
内容はとってもシンプル。
実践結果としてもまずまずの結果といえます。
これでFXの書籍2冊分程度の金額ですから
「FXの裁量トレードを始めてみたいけど、何から始めたら良いかよく分からない」という方には良い教材だと思います。

引き続き、FX革命の検証を続けていきます。

FX革命
http://ctwpromotion.s3.amazonaws.com/fx/kakumei/index.html
販売者:株式会社Catch the Web 横山直広


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

【最新レビュー!!】キウイ王FXの実績と検証1

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します


こんにちは、よしゆきです。

今回は、FX商材の「キウイ王FX」の実績と検証をしていきます。
この商材は、FXにおいてメジャーな 通貨ペアのドル円やポンド円、ユーロドルではなく
NZD(ニュージーランドドル)と円の通貨ペアに着目しているようです。

さっそく検証を記載していきます。

■実績と特徴■


キウイ王FXの実績
▼2009年の獲得pips

1月 +289pips
2月 +187pips
3月  -82pips
4月 +470pips
5月 +859pips
6月 +215pips
7月  +83pips
8月 +196pips
9月 +507pips
10月 +366pips
11月 -190pips
12月 +258pips

2009年総合獲得利益

+3158pips

↓換算すると
+315万8000円
※1.0ロット(10万通貨)の場合

▼2010年の獲得pips

1月 +216pips
2月 +771pips
3月 +262pips
4月 +188pips
5月 -113pips
6月 +290pips
7月 +651pips
8月 +829pips
9月  +75pips
10月 +122pips
11月 -120pips
12月 +462pips

2010年総合獲得利益

+3613pips

↓換算すると
+361万3000円
※1.0ロット(10万通貨)の場合

▼2011年の獲得pips
1月 +576pips
2月 +189pips
3月 +465pips


以上のような実績をキウイ王FXは上げています。
このような利益を上げている理由にはマイナー通貨であるNZDの特徴が関係しています。
ではどうしてNZDは勝ちやすいのか?
それは以下の3つの理由からだと考えられます。

NZDの取扱量が少なく通貨単価が低い
 個人投資家の多くは専業ではないため、ポンドやドル、円などの聞きなれた通貨以外での取引に、あえて目を向けようとはしないので、必然的にNZDはマイナーとなっています。そのため、通貨単価が低く少ない資金でもポジションを確保できます。

独特の値動きでパターンが読みやすい
 他の通貨ペアとはまるで異質な動きをするので、NZD一本に絞ってトレードをするようにすれば安定させることができます。

豊富な原産物
ニュージーランドは果物などの原産物を多くもつ原産国なため、極端な暴落が少ない。


■どんなサービス内容なのか?■

通常のシグナル配信では「今買って」や「ここで決済をして」という単純なものです。
しかし、キウイ王FXではさらなる利益を得るために以下の3点が特徴的です。

エントリーと同時にストップ を設定する
 ストップの途中変更は行われません

エントリーと同時にリミットの設定をする
リミットは利を伸ばすために変更が行われます

通貨ペアは[NZD/円」のみ
 運用する通貨ペアを1本に絞って利益を得ます

■どう活用すれば良いのか?■
昨今の不況の中、収入は減っています。
その状況の中で、「副業を」と考える人は多いでしょう。
しかし、副業のように月に3、4万円稼ぐだけでは現状維持に過ぎません。
そこでキウイ王FXで投資をし、安定した 最大級の利益を獲得することができると思います。

それでは、引き続きキウイ王FXの検証を続けていきます。

キウイ王FX
http://kiwioufx.sakura.ne.jp/top/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

「恋スキャFX」検証と評価16



↑クリックすると拡大します


▼恋スキャFX実績
4月1日-4月11日

4/1 -17pips
4/4 +5pips
4/5 +32pips
4/6 +44pips
4/7 -10pips
4/8 +25pips
4/11 +18pips

▼勝率
83.7%

合計
+97pips
+11万6628円

▼4月の獲得利益

+97pips

+11万6628円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+1574pips
+324万5778円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。

■恋スキャFXについてのコメントと評価
今回のトレード結果もまずまずといったところですね。
しかし安定してプラスに持っていくことができ、よかったと思っています。
さて、今回は恋スキャFXのサイトを改めて覗いてみました。
サイトをじっくり読むのもおもしろいですね。
サイトに載っている、FXの取引を初めて間もない人が失敗する例は自分の経験と重なる人も多いのではないでしょうか。
FX-jinさんのロジックや実践者さんの体験記など多くの情報で、
あまりにサイト内が充実しているので記事を読むだけで少しお得に感じました。
改めて、FXのプロトレーダーのロジックを安価で手に入れられるというのは、投資として考えれば十分な価値があります。
FX-jinさんがロジックを公開しようと思った理由というのが
人と気持ちを分かち合いたいという のも面白いですね。
プロトレーダーならではの心境なのかもしれません。

それでは、引き続き恋スキャFXに関する評価を更新していきたいと思います。


恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価13


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------
先週はドル円を始めその他沢山の通貨がレンジブレイクした週となりました。
ドル円は85円台の乗せる動きとなり、その上昇につれユーロ円も上昇。
ユーロが買われたことでユーロドルも大きな上昇を果たしました。
今週にはいって福島に今も続く余震や原発による事故がレベル7に引き上げられたことが影響し
一時83円半ばまでうられましたがすぐに反発し84円台まで戻しています。
下値もだいぶ固まっているようで83円台を下抜くには時間がかかりそうです。
とくに現在は転換的に来ている可能性があるので下値は相当底堅く83円まで下げてきた場合は
買い戻しが起きるのではないかと思っています。

ユーロドルも1.4450のレンジを上抜けたことでもう一段上げてくるかもしれません。
1.45ミドルまでの上昇は十分考えられますが、ここらあたりまで上げてきた場合は売りが待っているのではないでしょうか。
まさに今回のマエストロでの勉強が活かせる場面がやってくる週になるかもしれません。


ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
4/4 - 4/8

▼ 獲得pips
4/4 +15pips
4/5 -21pips
4/6 +38pips
4/7 +33pips
4/8 +41pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+467pips

▼4月の獲得利益

+169pips

▼総獲得利益
+87万7187円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回は基本戦略その2です。

今回は逆張りついての基本戦略です。
順張り同様にやはり逆張りの場合もチャートにトレンドラインや平均移動線を引いて現在のトレンドの確認をするということがまず基本となります。

逆張りの場合は転換点を掴んでエントリーするというトレード方法です。
順張りはトレンドの流れに乗って同じ方向にエントリーしてきますが、逆張りとは反転の動いにのってトレードをするスタイルで,
順張りと違いチャートポイントを把握する力がつようになってきます。

逆張りの場合、短い時間足でのほうが転換点も多くポイントをつかみやすいと言えます。
ただ逆張りの恐いところは高値掴みや安値掴みにあいやすいというところです。
今回逆張りでトレードしてみて思ったことは、これは思った以上に高度な技であるということです。

初心者の方が行った場合、完全に呑まれてしまう場合が多いと思います。
明らかに転換点がわかる相場の場合は非常に有効な手法ですが
あいまいな相場の場合は順張りでのトレードのほうが無難かもしれません。

とはいえ、マエストロFXでは逆張りの手法についてとても丁寧に説明してくれています。
何度も見直してしっかりと手法を身につけていくことで恐れることなくトレードできるものだと思います。


では皆様も是非参考までに試してみてください。


最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価8

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
4月4日 - 4月8日

■ドル円:30分足

+8pips
+7pips


合計 +15pips


■ユーロドル:30分足

+14pips
+32pips
+8pips
-9pips
+6pips
+19pips
+14pips

合計 +84pips

▼今週獲得
+99pips

▼獲得利益
+4万9500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+3168pips


⇒手法についての解説
ドル円 15分を中心に観察。

4月8日の18時に85.23でU手法ロング。
21時前に85.31で決済。+8pips

9日の1時前に84.99でU手法ショート。
すぐに決済し、+7pips

ユーロドルは、
15分を中心にトレー ド。
4月7日の21時前に1.4283でU手法ショート。次の足ですぐに1.4269で決済。+14pips

8日の14時に1.4390でU手法ロング。
かなり長く持ち越し、22時に1.4422で
決済。+32pips

8日16時前に1.4399でU手法ロング。
すぐに決済+8pips。

8日17時前に1.4414でU手法ショート。
すぐに損きり。-9pips。

18時に1.4409でU手法ロング。
夜中に1.4415で決済。+6pips。

18時45分に1.4398でW手法ロング。
1.4416で決済し、+19pips。

21時15分に1.4406でW手法ロング。
30分後に1.4420で決済し、+14pips。


⇒今週の相場。
4月4日-8日にかけてのドル円では、84.00から始まり引き続いての高値圏での取引となりました。週の半ば85.50をつけたもののその後、やや失速し、84.70との間のレンジを形成し週の取引を終了しました。
先週のドル高一辺倒の上昇ではないものの、
ドルの先高、円の先安感がとても強いのが特徴です。
6月のFOMCでは金融引き締めが見送られることから非常に今後も同水準が続きそうです。

ユーロドルは、4日に1.4230付近から始まり、5日にはややユーロが売られ1.4160付近まで下落。
しかし、その後週の後半にいたって、はぼ一本調子での上昇となり、週末には1.4481で最高値で取引を終えました。
この水準は、09年12月以来、約16ヶ月ぶりの水準となっています。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週もドル円の取引が少なかったのが気がかりですね。
15分と30分を時間中に観察していたわけですが、
なかなかトレードの機会がなく週末にいくつかあったくらいです。

ユーロドルはかなり頻繁なトレードで、
このレビューがトレード時間にしている夕方から深夜までの時間帯だけでもついてゆくのはかなり大変です。

短い時間足では少ない利幅のトレードが続きますが、
今週はしっかりプラスに転換して利益を上げ始めているので、よいと思います。

手法については、出現する場面がすこしずつ読め始めているので、
今後はもっと付き合いやすいインジケーターになってゆくと思います。

やはり気がかりなのは、トレードがまったくなくなる時間があること。
EAは客観的にチャートを評価しているのでそれでもいいのですが、使い始めのEAではやや不安な場面があります。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年4月12日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

ポンド円MAXの検証と評価30


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
4月4日-4月8日のポンド円MAXのシグナルについて検証報告したいと思います。

先週一週間は雇用統計の流れを受けて円安続伸となりドル円は85円台、ポンド円も一時140円台に乗せる回復をみせました。
しかし、ここまで上昇するとさすがに売りオーダーがまっており現在は若干値を下げたところで落ち着いています。
4月の為替相場はだまし的な動きをする場合が多く、5月を終えてみないと本当の円安への転換と判断できないと言えます。
2番底を試す前のぶりかとも言われていますが、今回の流れをトータル的にみると本格的な円安転換とみてもよさそうな気もします。
ですが相場は繰り返す・・・
どこで突発的な動きを仕掛けてくるか読めませんので変な裁量は頭に入れないようにしておきたいですね。
では先週の報告をしたいと思います。


■4/4-4/8までの実践結果報告

4月4日(月)

135.87ロング

136.40リミット

133.20ストップ


4月5日の夕方にリミットにかかり利益確定

+53pips


4月6日(水)

138.51ロング

139.27リミット

136.10ストップ


同日夜にリミットにかかり利益確定

+76pips


■これまでの結果
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼12月総獲得 pips 結果

-202 pips

▼1月総獲得 pips 結果

+267 pips

▼2月総獲得 pips 結果

+189 pips

▼3月総獲得 pips 結果

+333 pips

▼4月総獲得 pips 結果

+129 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼9月からの総獲得 pips 結果

+1139 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼28勝4敗

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ポンド円マックスについて

先週のポンド円マックスは週に2回もシグナル配信があり好調のスタートとなりました。
雇用統計が終わり先週は終始上昇する相場となっており、ポンド円マックスの獲得PIPSも
大きなものとなりました。
トレンドが明確な時はこうして確実に利益がとれるものです。
裁量が入ると値頃感から売ってしまい、結局損切りというパターンに陥ります。
ですが、こうしてシグナル配信を受けてシグナルに従うことによってそういった失敗を
避けることができます。
検証を初めてからの勝率も非常に好調です。
ここまで勝率の高いFX商材もなかなかないと思います。

今後の配信に注目し、来週の結果に期待したいと思います。
ポンド円MAX
http://www.infocart.jp/e/46981/58176/
販売者:綱島大介


↑クリックすると拡大します

乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価20

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
乱獲FXで決済となり、損益確定となりましたので、報告していきます。

■ドル円:15分足
4月4日 - 4月8日
+7pips[ロングエントリー]
+6pips[ロングエントリー]

+0pips[ショートエントリー]
-9pips[ショートエントリー]

+16pips[ショートエントリー]
+2pips[ショートエントリー]

+15pips[ロングエントリー]
+42pips[ロングエントリー]

▼獲得pips
+79pips


■ユーロドル:15分足
4月4日 - 4月8日

+28pips[ショートエントリー]
+52pips[ショートエントリー]

+16pips[ロングエントリー]
+15pips[ロングエントリー]

+14pips[ロングエントリー]
+12pips[ロングエントリー]

+5pips[ショートエントリー]
+18pips[ショートエントリー]

+17pips[ショートエントリー]
+17pips[ショートエントリー]

+5pips[ロングエントリー]
+11pips[ロングエントリー]

▼獲得pips
+210pips


■4月2週の利益

+289pips

■4月合計の利益

+289pips

▼今月獲得利益
14万4500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント
ドル円は15分、4日の18時30分に83.99でロングダブルエントリー。
19時に小さく小幅に84.06で決済。+7pipsもう一本もすぐに
決済。+6pips。

5日の22時30分に84.60でショートダブルエントリー。
これが決済できず一本同値撤退。+0pips。もう一本は84.69で決済してしまい、
-9pips。

6日の朝7時に85.12でショートダブルエントリー。
9時に84.96で決済し16pips。
夕方17時のトレード時間帯でチャートを見るとサインが出ているので、
85.10で決済。+2pips。

6日の18時には84.97でロング。19時すぎに85.12で決済。+15pips。
23時45分には久しぶりに大きく決まって、85.39で決済。+42pips。


ユーロドルは15分、まず4日の9時30分に1.4258でショートダブルエントリー。
10時前に1.4230で決済。+28pips。もう一本を夕方17時すぎに
1.4206で決済。+52pips。

4日の18時に1.4203でロング。
19時に1.4219で決済。+16pips。もう一本を1.4218で決済。+15pips。

次に5日の19時すぎに1.4165でロングダブルエントリー。
20時すぎに1.4179で決済。+14pips。もう一本を21時に1.4177で決済。
+12pips。

6日の19時すぎに1.4303でショートダブルエントリー。
20時すぎに1.4298で決済。+5pips。22時過ぎに1.4285で決済+18pips。

7日の0時に1.4341でショートダブルエントリー。朝方8時30分に
1.4324で決済。+17pips。もう一本もすぐに決済。+17pips。

7日の17時すぎに1.4287でロングダブルエントリー。
しかしすぐに逆の方向へ。いったん波形を作ったので、
1.4282で決済し、+5pips。21時すぎに1.4298で決済し、
+11pips。

■今週の値動き

4月4日-8日にかけてのドル円チャートは、4日朝に84.00から始まり、
先週から引き続いての高値圏での取引となりました。
週の半ばに85.50まで上昇する場面があったものの、後半になってからは失速し、
週の最後は84.70まで売られて取引を終了してしています。
ドルは、日銀の円の大量供給と米国経済の景気回復期待から金利差の拡大が予想されていて
まだドル買いが続く見通しです。


ユーロドルは、4日に1.4230付近から始まり、5日に売られ1.4160付近まで下落するものの、
その後は徐々に買われてゆき、週末には1.4481で週の最高値で取引を終えています。


【今週の乱獲FXDT】

今週の乱獲FXDTは、週の始まる前はドル円では引き続き強いドル買いの流れから、
高値圏でのレンジを予想。結果的には予想の範囲となり、レンジの幅がテクニカル
トレードの時間軸を選ぶ展開となりましたが、まずまずのチャートだったでしょう。

久しぶりによいトレードができました。

一方ユーロドルは、週の前半は高値圏から調整を予想。ほぼ予想通りで、
週の後半からは異常にユーロが強いので相場に乗ってゆくイメージを描いていました。
週末の急上昇は、急激な上昇局面が昼間の時間帯のトレードできない時間帯であったために、
かろうじて何を逃れていますが、いつもの夕方や深夜NY時間のオープニングにあっていたら、
大きなダメージを出していたでしょう。


■検証開始
2010年7月26日

■総獲得pips
+6951pips

■運用によるトータル損益(各0.5ロット)
+347万5500円

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FXクロノスの検証と評価21


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
4月4日 - 4月8日


+71pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+71pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■4月の利益

▼獲得pips
+71pip

▼獲得利益
+3万5500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは怒涛のような先週1週間から一転してほとんどノートレードとなりました。
相場全体の値幅もきわめて狭いものとなり、週の後半も84.70-85.50のここのところの
相場にしては比較的和やかな相場になりました。

4月5日の22時前に84.55でロング。
続けて22時すぎに84.83でショート。
いきなり両建てをしてきました。

先にしたロングを再び何度も更改を繰り返し、
6日の16時すぎに85.16で決済。+71pips

ショートのほうは損失が大きそうですが、
一応週を挟んで持ち越しています。


今週のドル・円は、84.00から始まって、週の前半は大きなドル高トレンドが継続。
その後やや失速し85.50付近からはやや弱含みのレンジを形成。84.70で取引を終えています。

ただし、今後も金利差などドルに対する注目が集まっていることからドル買いの基調は
変わらない模様です。

今週のFXCRONOSの注目ポイントは、トレードが極めて少なく時間があったので、
FXCRONOSの基本理念にやや反ったEAの利用法をしてみたいと思います。

このレビューをある程度読まれていると、
FXCRONOSの6つのロジックのパターンがある程度読めていると思います。簡単に言うと、
レンジとトレンドの判断があり、どちらかで大きな損を出すと切り替わります。

レンジでは逆張りをし、
トレンドでは比較的押し目を入れやすい傾向があることは先週も書きました。

FXCRONOSはドル円の5分足専門のチャートなのですが、
優れたEAというのは違う通貨や時間軸でも利益を出すことがあります。

そこで今回は、ドル円の15分と、ユーロドルの15分について実験をしてみました。
その結果を書いておきます。

ドル円15分は3月1日から4月8までで+143pips。
トレード回数は、13回で、最高利益193pips  最低損失-173pips

ユーロドル分は3月1日から4月8までで+41pips。
トレード回数は、12回で、最高利益+70pips  最低損失-149pips

やはりドル円に最適化されているのかもしれません。FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価19


↑クリックすると拡大します


「REO-Terzzo」の検証報告です。


先々週に続き、先週も円安の流れが継続しさらに高値を更新していくといった相場展開となりました。
今週もその流れが続くのかといったところですが、若干急激に上昇し過ぎている感じがするため
今週は調整戻しで売り先行の動きとなるのではないかと私的には見ていますが、先週もそう思っていた
ところを反対の動きで終わっていたので今週もまた裏切られるかもしれません。
ドル円は85円を越えて上昇してきましたので勢いづいて一気に87円台まで回復する可能性ありますが
この上昇は下げるまえにぶりという可能性もまだ否めませんので急激な動きには気をつけてみていきましょう。

それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
258戦 158勝 99敗 1引分

■4/11 現在のポジションの状況

CHF/JPY: -31.73pips(含み損)(0.01ロット)
CHF/JPY: -52.85pips(含み損)(0.02ロット)
CHF/JPY: -85.64pips(含み損)(0.06ロット)
EUR/USD: -18.40pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: -27.40pips(含み損)(0.02ロット)
EUR/USD: -22.20pips(含み損)(0.06ロット)
USD/CHF: -6.07pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -1.99pips(含み損)(0.02ロット)
USD/JPY: -42.35pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: -73.61pips(含み損)(0.02ロット)
USD/JPY: -150.05pips(含み損)(0.06ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +0.01pips
EUR/USD: +8.00pips
USD/CHF: +9.15pips

■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+6.01pips


■総獲得pips

+847.92pips


■REO-terzzoについての総評

先週はほとんどあげ一点張りの相場となり円安がかなり進行した相場展開となりました。
そのためREOが取り残されつつあり、含み損がどんどん増えていってます。
なかでもドル円は現在かなりの含み損となっており若干不安になってきました。
そのほかの通貨でも現在はすべてマイナスとなっており、REOの挽回をまっている状態です。
しかし、これだけ含み損を抱えているREOでも着実に利益は増えていっておりトータルの成績としては
非常に優秀な結果を出していっているのではないでしょうか。

今週こそは含み損がなくなりプラス決済できることを願って見守りたいと思います。

では来週の結果に期待したいと思います。
REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価12


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------

81円から83円の間で推移していたドル円がついにレンジブレイクし85.50をも突破しました。
先週末の雇用統計があった日、朝からドル買いが進み、そのほかクロス円全般上昇していました。
雇用統計を前にこの上昇の流れだったので、指標発表後下げるのかと思っていましたが
ぐんぐんとそのまま上昇を続け週明け火曜日には85円台に乗せてきました。
現在86円目前のところまでという強い上昇を続けています。
ただうかつに円安にシフト転換したと判断するのはまだ時期尚早です。
過去の流れを見ると4月に高値をつけた後、底を試す動きになっているパターンがあります。
5月のGWを過ぎるまではまだまだ安心できませんが、ドル円は85円を越えてきたことで
いよいよ円安への流れに変わりつつあるという気配は否めません。

ユーロドルはここのところ上げすぎた感じがあり、現在は上げ止まっている状況です。
ドル円の流れに押されてともに上昇するのか今後の展開に注目したいと思います。

ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
3/28 - 4/1

▼ 獲得pips
3/28 +33pips
3/29 +25pips
3/30 +41pips
3/31 -17pips
4/01 +63pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+467pips

▼4月の獲得利益

+63pips

▼総獲得利益
+80万6803円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回は基本戦略その2です。

前回のその1同様に順張りでのエントリーについての基本戦略です。
チャートにトレンドラインや平均移動線を引いて現在のトレンドの確認をする
ということがまず大事だということです。

値頃感で「ここまできたんだからそろそろ反転だろう」とポジショニングして
結局トレンド方向へさらに進むなんてことはザラにあるとおもいます。
いわゆる逆張りのトレードをするよりも
流れに素直にそってポジションを取るほうが利益が出やすくなるというものでした。

エントリーの際はラインを用いてまずトレンドの確認を明確にしてから
エントリーするように心掛けましょう。

では皆様も是非参考までに試してみてください。


最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価19

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
乱獲FXで決済となり、損益確定となりましたので、報告していきます。

■ドル円:15分足
3月28日 - 4月1日
+12pips
+25pips

-10pips
-10pips

-14pips
-5pips

-21pips
+0pips

▼獲得pips
-23pips


■ユーロドル:15分足
3月28日 - 4月1日

+0pips
+9pips

+11pips
+35pips

+17pips
+29pips

+77pips
+0pips


▼獲得pips
+168pips


■4月1週の利益

+145pips

■3月合計の利益

+983pips

▼今月獲得利益
49万1500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント
今週のドル・円のFXDTは円安方向が強いということは、結果的に読めていたので、
週の前半からショートは短くロングは長く待つ傾向がありました。

3月29日16時すぎに81.65でロングダブルエントリー。18時すぎに81.77で一本決済。+12pips。
同29日19時すぐに81.90で決済。+25pips。

それでもドル高の流れは変わりません。

3月29日23時に82.25でショートダブルエントリー。しかしまったく利益が出ないうちに、
すぐマイナス・・
翌朝30日の7時すぎに82.35でダブル損切り。
-10pips。-10pips。

3月30日の17時すぎに83.00でショートダブルエントリー。やや結果を焦っていたためか、
まったくうまくいかずに18時30分に83.14で決済サインにしたがって、
-14pips。20時45分に83.05で決済し、-5pips。

4月1日の22時15分に84.22でショートダブルエントリー。すぐに相場が逆に触れ、
22時45分に84.43で損切りをし、-21pips。同値撤退し、
+0pips。

今週のユーロドルは、比較的レンジの深い相場を予想していたので、
こちらはショート・ロングで積極エントリー。

3月28日の23時15分に1.4092でショートダブルエントリー。しかし相場はすぐに思わぬほうへ。
一度弧を描いてエネルギーを消失したと考えて29日1時に一本同値撤退。+0pips。
29日の朝気がついたときに7時30分にこちらも決済。1.4083で決済し、+9pips。

29日17時に1.4131でショートダブルエントリー。
17時45分に1.4120で一本決済し、+11pips。
19時30分に1.4096でもう一本を決済サインのとおりに決済し、+35pips。

続けて21時に1.4063でロングダブルエントリー。一時かなりの含み損・・・
かなり冷や冷やしたものの決済サインが出ないのでそのままにしておくと好転し始め、
23時に1.4080で一本決済。0時過ぎに1.4092でもうひとつ決済。+17pips。+29pips。

30日16時すぎに1.4078でロングダブルエントリー。すぐに1.4001で決済し+77pips。もう一本は同値撤退。


■今週の動き
今週のドル・円は、世界協調介入の後のドルにとって都合のいいこと、
つまり米国経済の復調や日本の国債リスクの再認識といった事実が確認され、
一気にドル買いが進みました。
週の始め、3月28日の81.64付近から、わずかに調整をはさみながらも、一気にスパート。
週末には一時81.60付近に到達し、84.04で終えています。
週の初めとの差約3円。非常にインパクトのある週になりました。先々週のドル介入からの差額を考えると、
4円近い上昇になっており、かなりのドル高が進んでいます。
米国経済の最も景気に遅行する指標である労働市場関係の市場が好転したことで、
米国経済には楽観論が広まっています。一方で日本に対しては、
潜在的に深刻なリスクが意識されています。

一方のユーロ・ドルは、週の前半1.4060から始まり、
30日の夕方までにやや値幅の荒いレンジを繰り返して1.4060付近。
その後次第にユーロが切り上がり、31日の20時には1.4220付近に到達。
その後1日には米国の雇用統計の回復からドルが買われ、
一時的にユーロが急落する局面がありますが、終わり値では1.4220付近で、
ユーロ堅調な1週間になりました。
足元では、ユーロ経済の金利の引き上げと南欧諸国の国債不安が増幅しており、
今後も大きく一進一退を続ける動きを予想。

【今週の乱獲FXDT】

今週は全般的に見ると、ドル円でのドルの復調に、はじめから動きを裁量で読んでいたにもかかわらず、
もちろんサインの範囲内でのエントリーではありましたが、十分ひきつけることができずに、
早めにエントリーをした結果次第にドルの上昇に利益を削られる結果となってしまいました。
FXDTでの週間の通産で損失を出したのは3ヶ月以上記憶がないのですが、
かなり珍しい一週間となりました。

これまでのところテクニカルで多くの商材がやられていた局面で確実に利益を上げてきたFXDTにあって、
今回のドル円は記憶すべき流れになったのかもしれません。

今週のドル円でもうひとつ特徴的だったのが、
日本時間で大きく変動し夕方のヨーロッパ時間の開始では調整になりエントリーサインが
出にくい相場展開になったことがあります。

こういったことはこれまでの中で珍しく、ここでレビュアーがトレード可能な時間帯である
絶好のエントリーサインが鳴り響く時間帯でもありました。しかし今週は、
世界のリスクが日本になったことで、日本時間での情勢の変化に機敏に世界が反応するという特殊事情があったため、
そうなったのでしょう。一般的な傾向ではありませんが、日本のリスクが意識される限り、
こういった動きは継続されるのかもしれません。

それでは引き続き、乱獲FXを実践、検証していきます。


■検証開始
2010年7月26日

■総獲得pips
+6951pips

■運用によるトータル損益(各0.5ロット)
+347万5500円

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価11


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。

◆MaestroFX(マエストロFX)の実践と検証
--------------------------------------

介入後のドル円は81円台前半でもみあっていました。
日本の震災による景気低迷の懸念やFRBの出口戦略による発言等で今週に入って
からだんだんと円安の向きへと傾いてきています。
市場の円高への意識と円安への動きとの攻防戦といった感じでしたが
80円付近では介入警戒も強く下値は底堅いため攻めにくいといった様子はありました。
米が利上げを示唆していることで、米経済が回復しつつある現状、やはり円安転換への
動きが優勢ではないでしょうか。
上値は現在83円台まで回復してきており、クロス円も総じて上昇しています。
なかでもポンド、ユーロといった欧州通貨の上昇が強いです。
しかしユーロは、利上げはすでに織り込み済みでこれといった上げ材料に乏しい状態です。
トリシェ総裁発言により上振れする場面もありましたが、上値は重そうです。

ではマエストロFXの検証結果を報告したいと思います。

■検証結果■

▼検証期間
3/21 - 3/25

▼ 獲得pips
3/21 -8pips
3/22 +52pips
3/23 +21ips
3/24 +69pips
3/25 -13pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+385pips


▼総獲得利益
+710,523円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回は基本戦略その1です。
FXでトレードを始めるまえにまず現在の相場の状況を把握しなければなりません。
その上で売り買いのどちらかでエントリーするかを決めるわけですが、基本的な戦略として
流れに(トレンド)にのったエントリーをするということが大切です。

いわゆる順張りというものです。
上昇トレンドの場合は買いでエントリーし、下降トレンドの場合は売りでエントリーしていくというものです。

何故順張りが有効なのかと言えば相場の流れとして、トレンドは継続する傾向があるからです。
もちろんいつかは転換期があるため、運がわるければちょうどターニングポイントのときに
エントリーしてしまったという場合も生じてくるわけですが、
順張りでのエントリーのほうが逆張りでのエントリーに比べ勝率が高いといえます。

ボリンジャーバンドの傾斜方向に合わせて順張りでエントリーしてみましょう。

私も今回順張りを意識して挑戦してみました。
残念ながら数回ターニングポイントでポジショニングしたため損切りが出てしまいましたが、
上手く波にのれば利益も大きくなります。ターニングポイントがつかめるようになれば
さらに勝率があがると思いますので相場を読む力をつけていきたいと思っています。

では皆様も是非参考までに試してみてください。

最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

ポンド円MAXの検証と評価23


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
3月28日-4月1日のポンド円MAXのシグナルについて検証報告したいと思います。

4月1日はいよいよレンジブレイクしたのではないかという動きとなり大きく急伸しました。
7日のBOEを前にして現在135円後半まで上昇しています。
ポンド円に限らずユーロ円、ドル円などクロス円全般円安転換した動きとなっています。
少々上昇のスピードが速すぎる感じがします。
このまま順調に更なる円安に向かいそうな勢いがついていますが、過去の相場を見る限り
再度二番底を試す動きにもなりかねません。
協調介入から1ヶ月間を過ぎるまで、いや、今回の場合はGWを終えるまでは本当の方向性はまだ
見えてないのではないでしょうか。
安値売り、高値買いはリスクが大変高くなってきている状態といえます。
とは言え、ポンド円が140円台を回復するまでにそう時間もかからないかもしれませんね。


■3/28?4/1までの実践結果報告


シグナル配信なし

保有ポジションは現在ありません


■これまでの結果
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼12月総獲得 pips 結果

-202 pips

▼1月総獲得 pips 結果

+267 pips

▼2月総獲得 pips 結果

+189 pips

▼3月総獲得 pips 結果

+333 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼9月からの総獲得 pips 結果

+1010 pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼26勝4敗

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ポンド円マックスについて

先週はポンド円MAX運営事業部より号外レポートの配信が行われました。
これは先週、シグナル配信に慎重にならざるをえない理由や現在の相場の様子を記したものでした。
やはり今は慎重にならざるを得ない事態に直面しており、安易はシグナル配信が行えない、
無駄なポジショニングは避けるべきという考えだということがわかります。

今後の進展を見極めた上で新たなシグナル配信が行われるようです。
また現在の異常相場にあわせシグナルも今までとは違った形のものとなっています。

ここは運営者を信じて次なるシグナルに期待したいと思います。

今後の配信に注目し、来週の結果に期待したいと思います。


ポンド円MAX
http://www.infocart.jp/e/46981/58176/
販売者:綱島大介


↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価18


↑クリックすると拡大します


REO-Terzzo レビュー 018

4月4日(月)

「REO-Terzzo」の検証報告です。


先週は末の1日金曜日は全面安の展開となりドル円やユーロドル、クロス円等で高値を更新しました。
ドル円は久しぶりの84円台に突入です。
日本の震災でのダメージの大きさが不安要因となったことや利上げ期待、出口戦略等がドル買いにつながり
いよいよ円安の流れが本格化していきつつあるなと感じます。
今年は脱円高の動きとなる年になりそうですね。
ユーロドルも1.4245あたりまで上昇しており1.43を狙う動きとなっていますが
この壁は厚いように思います。

それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
258戦 158勝 99敗 1引分

■4/4 現在のポジションの状況

CHF/JPY: -2.25pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: -2.90pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -6.27pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -2.59pips(含み損)(0.02ロット)
USD/JPY: -35.64pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: -60.11pips(含み損)(0.02ロット)
USD/JPY: -109.05pips(含み損)(0.06ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +0.01pips
EUR/USD: +6.00pips

■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+6.01pips


■総獲得pips

+847.92pips


■REO-terzzoについての総評

ドル円の思わぬ展開に少々置いていかれているREOでは現在ドル円で含み損が膨らんでいっています。
現在のポジションはすべてショートポジションとなっており残念ながらすべてがマイナスです。
いかに先週が荒れ相場であったかが読み取れます。
上昇の動きが早く、REOにとってはロジック想定外の上昇なのではないでしょうか。
今週はこの含み損が解消されるのかどうかに注目です。
ドル円は現在0.6ロットまでオーダーが発注されているので
次のエントリーでポジション解消となってほしいところです。
最終オーダーが82.65となっているのでそろそろ4番目のオーダーが出そうな気配です。
ドル円がプラス決済で終えることができるかどうか、REOに期待したいと思います。


では来週の結果に期待したいと思います。
REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価7

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
3月28日 - 4月1日

■ドル円:30分足

+12pips
+14pips
+14pips
+17pips
+24pips

合計 +81pips


■ユーロドル:30分足

+20pips
-33pips
-53pips
-38pips


合計 -23pips

▼今週獲得-23pips

▼獲得利益
-10万1500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+3069pips


⇒手法についての解説
ドル円 30分を中心に観察。
30分はショートトレードにはならないので、
比較的大きな単位で相場の動きを観察します。

29日0時過ぎに81.67でw手法でロング。
29日の18時すぎに81.79で決済。+12pips。

3月30日の7時に82.36でw手法でロング。
すぐに朝のうちに決済でき82.50で決済。
+14pips。

30日17時過ぎに83.12でI手法ショート。
21時に芳しい結果を出さずに82.98で決済。
+14pips。

21時前後に82.98付近で二つのw手法ロングエントリー。
朝がたに83.15で決済。+17pips。もう一本も翌朝に決済+18pips。

1日の20時に83.71でI手法83.71でロング。
すぐに83.95で決済でき、+24pips。


ユーロドルは、
30分を中心にトレー ド。

3月28日18時すぎに1.4057でw手法ショート。
1.4037ですぐに決済でき+20pips。

3月30日朝8時に1.4115でI手法ロング。
これが大きな失敗をしてしまい、
夕方トレード可能時間に、1.4082で決済。
-33pips。

31日の23時に1.4188でW手法ロング。
後日1.4125で損切り、-53PIPS・・・

23時30分に1.4188でロング。
後日1.4150で損切りになっており、-38PIPS。

後半はかなり損失が大きいトレードとなりました。

⇒今週の相場。
今週のドル・円は、先々週の世界強調ドル買いの介入以後、ドル売りの下値が見えていたこと、
日本国債の償却不安、米国経済の本格回復というドルにとって都合のいい内容がしっかりと
意識された展開から、週の始めの3月28日の81.64付近から、29日の12時まで、横一線で行った後、
わずかに調整をはさみながらも、一気にスパート。週末には一時81.60付近に到達し、
84.04で終えています。週の初めとの差約3円。非常にインパクトのある週になりました。

一方のユーロ・ドルは、相場としてはいまいちピリッとしませんが、
システムトレードでのレンジを狙うにはかなりよい相場。
週の前半は1.4060から始まって、30日の夕方までにやや値幅の荒いレンジを繰り返して1.4060付近。
その後次第にユーロがきりあがって、31日の20時には1.4220付近に到達。
その後1日にはドルの回復から一時的にユーロが急落する局面がありますが、
終わってみれば1.4220付近で終え、かなりのユーロ堅調な1週間になりました。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialはドル円と、ユーロドルではかなり対照的な結果を出すこととなりました。
ともに先週より時間足を長くして臨んだ30分足の相場でしたが、結果を見れば、
ドル円が好調だったのに対し、ユーロドルがマイナスに沈む展開・・・

ドル円はドル高のトレンド相場であったために、
かなり素直に相場に従ってロングを仕掛けていることがわかります。
手法も一方的な相場に登場するI手法が登場するようになっており、正確な相場分析でしょう。

一方のユーロドルは、後半の値動きを見誤った感じとなりましたね。
週末の雇用統計の発表寸前の値動きで相場がほぼ横一線から下落になる状況で、
相場を見誤ったのが原因と思われます。


今週 FX-PLUS essential でやや気になった動きがあったので、
追記しておくと、リアルタイムトレードの場合に出る指標が、
後から指標を見直す場合に出てこないことがあるようです。
再起動しても同じ結果が表示されませんでした。注意が必要です。 

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年4月 6日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FXクロノスの検証と評価17


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
早速FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践レビューを記載します。

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)の実践運用結果

【ドル円】・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドル円:5分足
3月28日 - 4月1日

-176pips[ショートエントリー]
+214pips[ロングエントリー]
+42pips[ロングエントリー]
-174pips[ショートエントリー]
+41pips[ロングエントリー]
+116pips[ロングエントリー]

▼獲得pips
+63pips

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■3月の利益

▼獲得pips
+71pip

▼獲得利益
+3万5500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

■FXCRONOS(エフエックスクロノス)についてのコメント

今週のFXCRONOSは、
「公務員のようなまじめなトレード」が基本理念のEAにしては珍しい、
荒削りで更改の大きい激しいトレードとなりました。
今週のトレードをハイロットでやっている方は冷や冷やしていらっしゃったのではないでしょうか?

今週は、先週の週末3月25日で立てたショートとロングの両建てをして、
81.00付近のポジションを何度も更改し始めるところから始まります。

ドルの上昇につけ、ロングポジションを再び60回ほどの更改。
3月29日のショートポジションを持ちきれなくなり、82.41で決済し、-176pipsの損失。

しかし25日の大きなロングを両建てしているので大きな損失にはつながりません。

3月29日には82.33付近でショート。どうやらFXCRONOSは、この相場をレンジと読んだようです。

その後も先週のロングの後悔を連発し、利益確定ポジションを何度も引き上げてゆきます。

3月31日2時にやっとロング。82.90付近。
同時に大きなロングポジションを利益確定し+214pips。

4月1日朝8時に31日のロングを利益確定。+42pips。朝9時に83.37でロング。
昼14時に83.45で続けてロング。
夜の21時すぎに3月29日に取ったショートポジションを損切り。-174pips。
14時にとったロングを決済し+41pips。
同日は夜中まで更改を繰り返し、
日本時間の日付が変わった4月2日に残りの
ロングポジションを決済して+116で終えました。

今週のドル・円は、3月18日の世界協調介入後、ドルの復調を意識させる展開となりました。
つまり米国経済の雇用統計が改善し、失業率8.8%となり、日本の国債リスクの再認識といった
事実が確認され、一気にドル買いが進みました。
週の始めしばらくは横一線の展開を向かえ、その後、3月28日の81.64付近から、
わずかに調整をはさみながらも、一気にスパート。週末には一時81.60付近に到達し、
84.04で終えています。
週の初めとの差約3円。非常にインパクトのある週になりました。ドル介入からの変動幅は、
4円近い上昇になっており、ドル高が進行しました。

今週のFXCRONOSの注目ポイントは、先週から始まった81円台から84円台に至る
一方的なドル高のトレンド相場にトレンド対応ロジックA.Bが
しっかりと反応して結果を残すかどうかということでした。
テクニカルで売買するEAは、このところのドル高トレンドで多くの損失を出しているものが、
少なくないようです。全体的に損失を確定して、レンジの終焉を知り、トレンドの押し目を入れる
というパターンが多いです。

FXCRONOSもそのような売買をすることが少なくありません。
結果的にみるとFXCRONOSも同じようなところがあります。

先週からの持ち越していた81円台でのショートポジションと、3月29日の週の中盤に
とったショートが、今週はきわめて損失の大きい厳しいトレードですね。

持ち越しのほうのポジションは両建てですので損失は高が知れていますが、
29日のほうは、レンジという読みが大きく外れました。

週後半でのロングも、やや立てるのが遅かったという印象があります。


今月3月は、週間で見ると落ち着いた順当なFXCRONOSらしい利益の積み上げを実現しましたが、
週間でのトレードや個々のトレードの振幅幅を確認すると、これまでどおりの順当な売買とは
言えない状況だったようです。

特に週の前半は、先月の初めに引き続いてやや寒い内容でしたが、週の後半になって、
かなり激しいトレードとなりました。ドルの先高感はまだ強いといわれますが、
調整ももちろんあるでしょう。おもしろくなってきましたね。

FXクロノス
http://cronos.sakura.ne.jp/top/
販売者:株式会社エスフィールド  玉村 吉弘


bunn012.gif

↑クリックすると拡大します

タグ

スキャルピング極の検証と評価22


↑クリックすると拡大します

■スキャルピング極の検証と評価レビュー

3/22-3/28までの報告をしたいと思います。


取引時間は概ね19時から24時ぐらいの間の2、3時間前後です。

協調介入後、高値圏で落ち着いているユーロドルは一時1.4200を越える上昇を
しましたが、その後は1.4050-1.4120の間のレンジで行き来しています。
協調介入により上げたあと、利上げ観測によりもう一段あげとなりましたが
少し買われ過ぎのような気がします。
高値からは少し戻してきていますが、1.3850ぐらいまでの下げは一度調整を兼ねて
ありそうです。
その後再度上を目指すのか再び下落へと転じるのかの方向が楽しみです。


では、早速『スキャルピング極』の実践結果を報告いしていきます。

※推奨通貨ペアのユーロドルで取引を行っています。


■『スキャルピング極』 の実践結果報告


▼3/22 - 3/28 スキャルピング極の実践結果
・取引通貨『EUR/USD』

3/22: +4pips
3/23: +35pips
3/24: +28pips
3/25: +32pips
3/28: +18pips

合計:+117pips


▼10月総獲得pips
EUR/USD:+1198pips

▼11月総獲得pips
EUR/USD:+1642pips

▼12月総獲得pips
EUR/USD:+771pips

▼1月総獲得pips
EUR/USD:+1191pips

▼2月総獲得pips
EUR/USD:+548pips

▼3月総獲得pips
EUR/USD:+484pips


合計:+5961pips


3/22 - 3/28は合計で+117pipsとなりました。


3月の合計損益は+484pipsという結果となりました。


■『スキャルピング極』の実践レビュー

休み明けの22日のスキャルピングでは損切りがでてしまいわずか4pipsしか獲得できませんでした。
結果プラスで終わったので良しですが、他のトレードでもEEアラームの更新がかさなりなかなか
pipsが伸びませんでした。
そのため次のエントリーシグナルがでるまでの待ち時間ながくひたすら相場を眺めるという
日が2、3日ありましたがその他の日は比較的エントリー回数が多く「スキャルピング極」の
本領発揮という感じでした。
トレード時間をもう少し増やせばもっとpips獲得数も増えていくはずです。
EEアラームのだましをみやぶるのは至難の技で、いまだに何度もだましにあいます。
それでもこれだけの利益を上げることができるのですから、忠実にトレードしていけば
かなり勝率の高い商材だということが言えると思います。
スキャルピング極
http://fxkiwame2.web.fc2.com/
販売者:宮崎 航


↑クリックすると拡大します

タグ