2011年6月の記事一覧

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

☆よしゆきが今一番オススメする自動売買システム☆

FXコレクションズ~1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用~

Fコレは、今もよしゆきが実践して資産を増やし続けているサービスです。
約2000種類の自動売買が無料で使い放題!
ゲーム性のある資産運用でとても面白いですよ。

▼よしゆきの「FXコレクションズ」総合評価
おススメ度★★★★★
安定度★★★★★
分かりやすさ★★★★☆
サポート体制★★★★★+★(丁寧で迅速!登録会員はずーっと無料です)

FXコレクションズの検証レビューはコチラ>>>

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価21


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。


2011年 6月 30日(木)

ドル円は今週ようやく81円を越えて上昇となりました。
とはいえまだまだ上昇には弱含みな展開で上げては戻され、戻されては上げという
どっちつかずの展開は今だ継続中です。
ただ下値は切りあがってきているので週末あたりは81.30付近まで上昇しそうな
感じでもあります。
一方、ユーロドルはいまだにギリシャ不安から抜け出せないといった状態です。
先日の議決発表前後は相場が荒れに荒れています。
ユーロドルは非常に流動性の高い通過なだけに荒れた時の値動きも凄い勢いがあります。
こういった相場をチャンスと取るトレーダーも居ますが、私は静観することをオススメします。
冷静な判断も欠けますし、とてもギャンブル的要素の高いトレードになってしまいます。
また、決済したいところやエントリーしたところでの操作が不能になって
しまうケースも多々ありますので、落ち着くまで動きを見守っていくほうが賢明でしょう。


ではマエストロFXの検証結果をご報告します。


■検証結果■

▼検証期間
6/20 - 6/24

▼ 獲得pips
6/20 +17pips
6/21 +36pips
6/22 -15pips
6/23 +42pips
6/24 +22pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+467pips

▼4月の獲得利益

+553pips

▼5月の獲得利益

+665pips

▼6月の獲得利益

+560pips

▼総獲得利益
+193万7951円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回はストップ設定の基本的考え方についてです。
FXでトレードしてくにあたってストップの設定は自分の資産を守るためにも
必須であるということです。

設定値はエントリーしたレートの主要チャートポイントの近くです。

損失許容範囲は1ポジションあたり口座資金の2%と言われています。
FXの良いところは資産管理が自分で出来るというところです。
資金量やポジション量、利益幅・損切り幅もすべて自己管理です。
つまり上手な資産運用をしていけば大きな損失もなく資産を安全に
増やしていくこともできるということです。
どちらの道に行くかは自分次第なのです。

ポジションを持ったら、まず最初にストップの設定を行うことです。
ストップの設定は急な相場の動きに巻き込まれても小さな損失で済みます。
FXから退場を強いられないためにも損切りの設定は徹底していきましょうね。


では今週もこれをふまえてトレードしていきましょう。

最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

【最新レビュー!!】全スキャFXの検証と評価1


↑クリックすると拡大します

こんにちは、よしゆきです。

今回から、『全スキャFX』の検証レビューを始めていきます。

この商材は"25歳にして毎月100万円(多いときは500万円)を稼いでいるトレーダーFX全力男"が使っているシンプルな手法をまとめた、本格的トレンドフォロー型スキャルピング商材です。スキャルピング商材ですので、少ない時間を使ってトレードを行えると思いますので、普段FXにそんなに時間をとれないサラリーマンの方にもおすすめです。また、全スキャFXで使われているテクニカルは数も少なく、マニュアルも用意されていますのでしっかりと理論を学んでトレードを始められるかと思います。


それでは、さっそく全スキャFXの実践結果の報告をしたいと思います。


全スキャFX の運用結果
6月20日 - 6月24日

実績

ドル円
-6pips
+4pips
+4pips
-5pips
-4pips
+30pips
+5pips

ユーロ円
+17pips
+21pips
-10pips
+7pips
+53pips


合計 +105pips


勝率67%

獲得利益
5万2500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

全スキャ
<ドル円トレード>

20日の22時15分に80.16でロング。
22時45分に80.10で決済。-6pips。

21日2時80.20でロング。
21日7時に80.24で決済し、+4pips。

エントリーポイントの決定には、比較的多くの裁量余地がありそうです。
基本に沿って取引するため、もっとも厳格な方法でエントリーポイントを決めてゆきます。

21日23時に80.15でショート。
80.11で決済し、+4pips。

23日2時すぎに80.13でショート。
2時35分に80.18で損きり。-5pips。

23日24時前に、80.50でロング。
24日0時35分に80.46で決済。-4pips。

24日の17時過ぎに80.45でショート。
19時15分に80.15で決済し+30pips。

24日の24時前に80.36でショート。
0時25分に80.31で決済し、+5pips。

これまでのところ、トレードは少ない損切りを繰り返しつつ、大きな相場で利益を出すタイプのようです。

<ユーロ円トレード>

6月20日の18時20分に114.31でショート。
一時含み損を抱えるも、21時前に114.14で決済。
+17pips。

21日19時05分に114.94でロング。
19時45分に115.15で決済。+21pips。

22日の18時30分に115.43でロング。
18時40分に115.33で損きりし、-10pips。

22日21時すぎに115.38でショート。
115.31で決済し、+7pips。

6月24日の18時20分に114.57でショート。
20時30分に114.04で決済。+53pips。

ユーロ円はここでトレードを終了しますが、
24日の18時のトレードが、全スキャで最も重要で、
逆のトレンドを造ってしまった場合にダメージをうけるので、研究が必要なようです。

今週の相場

今週のドル円は、日本の木曜日6日の23日の深夜にFOMCの3回目の緩和措置があるかどうか
が注目され神経質な値動きとなりました。
20日の月曜日には80.00丁度で寄り付き、上下25銭前後のきわめて少ない値動きでした。
相場は神経質な心理戦であったもののひげ自体は短く様子見する雰囲気でした。
FOMCの発表後、ドルが売られる見通しが少ないことから50銭前後の上昇。
ただし、ドルの下値は限られても、上値は当分重苦しい展開が続きそうです。

ユーロ円は、114.20付近で寄り付き、水曜日22日には、一時115.70円まで買い進められました。
しかしその後、ユーロドルでのユーロが売り込まれたことで、24日には113.80をつけました。
ユーロには暗雲が漂っています。

コメントと評価

今週から全スキャFXのテストを開始します。
全スキャFXは、仮名・FX全力男さんによるマニュアルによる裁量系トレードノウハウです。
総ページ数は、131ページと重要な添付マニュアル16ページのやや長めの文章が、
DRM付のPDFで配布されます。マニュアルは、CHROMEブラウザでは開きません

最近のソフトウェアの見開きにある権利書き[著作権の主張]が多いので、実質は113ページです。
内容は、準初心者向けのものも含まれていて、
心理的な要因やシストレをする上では欠かすことのできないインジケーターの説明や、
チャート形状の説明があります。

チャート形状の理解は、本気で相場をする場合にいくらやってもきりがないくらい重要なので、
よく復習したほうがいいでしょう。


文章はもともとの内容が難しいものもありますが、説明はかなり平易で、
市販されているFX本よりは、自分の話ではなく客観的に見た記述が多いです。

マニュアルは章形式ではないので、以下に内容をまとめてみます。

1全スキャメンタル
負けないことの重要性、目標設定、複利、資金管理の重要性についてです。
プロスペクト理論という相場における人の心理を表す重要な理論があるので、
よく検討する必要があります。ギャンの28法則についての解説があります。

2全スキャ基礎編
通貨の特徴が書かれています。通貨の性質は変わるので、
最近の傾向についてズバッとわかる情報があり、直感的にわかります。
市場の特徴について為替の基礎であるのに意外に知られていない玉情報が多く盛り込まれています。

デイ・スキャなどの短期トレードでは、絶対に不可欠なのに、
手に入りやすい商材ではまず少ないものです。トレード時間や、指標、
為替卸の実需筋の動きの傾向が説明されています。

3全スキャテクニカル編
インジケーターや、チャートの説明があります。
取引データの収集法について書かれており、
通常の検索では見つからない場所からデータを探しています。

4全スキャトレード編
全スキャの基本トレード戦略、トレンドフォロー戦略の宣言、
スワップを狙わない差益狙いの短期トレード戦略、取引中心時間帯について説明されています。

来週から、全スキャの基本トレード戦略について、
詳細を検討し、実際のトレード戦略を決めてゆきます。


全スキャFX
http://growth-systems.com/fxfull/fullscal/top02/
販売者:株式会社グロースシステムズ 平塚亮介



↑クリックすると拡大します

タグ

2011年6月28日|コメント (0)

カテゴリー:全スキャFXの検証とレビュー

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価18

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
6月20日 - 6月24日

■ドル円:30分足

+0pips


合計 +0pips

■ユーロドル:15分足


+44pips
+41pips

■ユーロドル:30分足


+27pips

合計 +27pips

▼今週獲得+112pips

▼獲得利益
5万6000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4613pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分

【ユーロドル】30分

6月22日30分に1.4389でW手法ロング。
すぐに1.4416で決済。+27PIPS。

【ユーロドル】15分
25日の0時すぎに1.4197でW手法ショート。
1時すぎに1.4194でW手法ショート。

2時に1.4153で両方決済し、+44PIPS。41PIPS。

⇒今週の相場。

今週のドル円は、6月20日の6時に80.11付近から始まります。前半きわめて少ない値動きで振幅20銭程度。22日には、QE3を恐れ、79.98まで売られますが、徐々に切り上がり、23日には、80.77まで上昇。その後24日には、80.10まで売り込まれますが週末には、80.45で引けています。

今週のユーロドルは、6月20日の6時に1.4277付近での寄付きから開始します。
20日14時に1.4188まで下落するものの、23日にかけ徐々に切り上がり、
その後下落に転じ、23日の20日には、1.4131まで下落します。
その後小高く一進一退。週末には売られ、1.4180で引けています。
一週間の値幅としては、かなり荒れた相場となりました。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週も時間がまったく合いません。ドル円についていえば、WALKER系手法が出ているのですが、
深夜、早朝、日中と時間がまったく合わないです。ユーロドル30分についてもU系の水色の手法が出ていて、
短期逆張りのチャンスが多いのですが、ドル円と同じ時間帯に出ます。

15分では、ユーロドルで週末W系手法が乱発し、その勢いに乗って深夜にトレードをしたところ、
短期で比較的安定した利益を出しました。ユーロドルは週末の動きがわからなかったので、
ラッキーだったのでしょう。

ただし先週のようなマイナスで終わったわけではなく、しっかりと利益を出したので、
結果についてはよかったのでしょう。ただしこういったトレードが来週も続き、夕方17時から、
24時の間に時間が合わなかった場合、インジケーターをやめてEAでの売買を考えてゆきたいです。

相場は、QE3が終了したことで、ドル円ではしばらく方向を欠いた狭い範囲でのレンジが
起こると予想されます。ドルが大きく売り越される局面は終わっているものの、米国経済と、
日本の財政再建の時期をめぐって憶測が飛び交いそうです。米国指標では、雇用統計と、
米国債務の上限引き上げを議会で決定する時期が重要です。

連邦債務の引き上げは一見ドルとってマイナスのようですが、値動きはニュートラルを予想します。
一方のユーロドルでは、ユーロ圏の南北問題がユーロ通貨の構造的問題になりつつあります。
今後も大きな振幅が予想されます。

ドル円ではトレンド方向はニュートラルの、頻度の高いエントリーを。
ユーロドルでは、レンジを想定した深く慎重なエントリーを狙っていきたいです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年6月28日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価31


↑クリックすると拡大します


6月20日(月)

「REO-Terzzo」の検証報告です。

ユーロドルは先週からもう一段さげて再び1.40台へ下落していきましたが
なんとか踏みとどまって今は1.43前後まで反発しています。
しかし売り有利の動きとなっているので今週は1.40を割り込んでくる可能性もありますね。
一方ドル円はなかなか今のレンジから抜け出せずにいまだにもたついています。
79.50から81.50のレンジで往復していることから、このくらいの値段帯が市場は
ちょうど良いと判断しているのかもしれませんね。
日本経済が震災により打撃を受けているにも関わらずこれだけ円高に傾くという流れをみると
現在の米経済の弱さを感じざるを得ません。
最近は指標に敏感に反応した動きになっています。
今週は79円台でなんとか踏ん張れるのか78円を目指してくるのかの注目ですが
79円割れはたやすくいかないと思います。

それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
414戦 246勝 166敗 2引分

■6/20現在のポジションの状況

CHF/JPY: -16.10pips(含み損)(0.01ロット)
CHF/JPY: -20.96pips(含み損)(0.02ロット)
CHF/JPY: +11.99pips(含み益)(0.06ロット)
USD/JPY: +6.12pips(含み益)(0.01ロット)


■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +26.65pips
EUR/USD: +58.70pips
USD/CHF: +11.73pips
USD/JPY: +12.74pips

■H23.5月の各獲得pips

CHF/JPY: +29.37pips
EUR/USD: +75.60pips
USD/CHF: +42.05pips
USD/JPY: +18.29pips

■H23.6月の各獲得pips

EUR/USD: +6.4pips
USD/JPY: +0.13pips
USD/CHF: +7.43pips

■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+109.79pips

■H23.5月総獲得pips(スワップを含む)

+172.70pips

■H23.6月総獲得pips(スワップを含む)

+44.81pips


■総獲得pips

+1085.01pips


■REO-terzzoについての総評

REOの含み損がかなり縮小され、もうすぐ決済できそうなところまできています。
結局最終ロットのオーダーがでることなくポジションが解消できそうです。
しかし保有期間が長くてちょっと見て居る方も疲れましたね。
もう少しパパッと対応して欲しいところですが、結果よければOKです。
でも正直リアルトレードだったらここまで冷静に今回の場合は
見守れない人もいると思います。
REOは逆張りでポジションをもつタイプのEAなので
トレンドが発生している相場の場合、大きな含み損を今回のように
抱える期間がながくなるというデメリットがあります。
同じ方向にポジションを追加し続けるという手法もよいのですが
逆のポジションをもって含み損を押さえつつ、別のポジションを追加して
利益を出すという機能があったらいいのに・・・と思う今日この頃です。


では来週の結果を楽しみにしたいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価30

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
乱獲FXで決済となり、損益確定となりましたので、報告していきます。

■ドル円:15分足
6月20日 - 6月24日

+8pips[ショートエントリー]
+15pips[ショートエントリー]

+6pips[ロングエントリー]
+5pips[ロングエントリー]

-9pips[ロングエントリー]
-5pips[ロングエントリー]

+4pips[ロングエントリー]
+12pips[ロングエントリー]

+15pips[ショートエントリー]
+31pips[ショートエントリー]

+10pips[ロングエントリー]
+14pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+106pips


■ユーロドル:15分足
6月20日 - 6月24日

+8pips[ショートエントリー]
+7pips[ショートエントリー]

+8pips[ショートエントリー]
+19pips[ショートエントリー]

-35pips[ロングエントリー]
-50pips[ロングエントリー]

+22pips[ロングエントリー]
+48pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+27pips


■6月4週の利益

+239pips

■6月合計の利益

+1078pips

▼今月獲得利益
41万9500円
※各トレードにつき0.5ロット運用
※ドル円トレードにつき1.0ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

【ドル円】15分足
6月20日からトレード開始。
20日の19時すぎに80.29でショートWエントリー。
21時に80.21で決済。+8PIPS。
22時に80.13で決済。+15PIPS。

21日22時に80.07でロングWエントリー。23時に80.13で決済。
+6PIPS。0時すぎに80.12で決済。+5PIPS。

22日の22時15分に、80.10でロングWエントリー。
やや早すぎ、23時に80.01で損きり。-9PIPS。
23日1時前に80.05で損きり。-5PIPS。

22日23時に80.02でロングWエントリー。
23日の1時に80.06で決済。+4PIPS。
23時1時すぎに80.14で+12PIPS。

23日21時すぎに80.75でショートWエントリー。
23時すぎに80.60で決済。+15PIPS。
24日の0時すぎに80.44で決済。+31PIPS。

24日の18時に80.16でロングWエントリー。
21時45分に80.26で決済。+10PIPS。
24時前に80.30で決済し、+14PIPS。

【ユーロドル】15分足

6月20日23時前に1.4314でショートWエントリー。
21日の2時に1.4306で決済し、+8PIPS。
翌朝7時に1.4307で決済し、+7PIPS。

6月22日1時30分に1.4401でショートWエントリー。
朝7時に1.4393で決済し、+8PIPS。
8時前に1.4382で決済し、+19PIPS。

23日の20時に1.4224でロングWエントリー。
21時15分に1.4189で損きり。-35PIPS。
21時15分に1.4174で損きり。-50PIPS。

23時前に1.4146でロングWエントリー。
1時15分に1.4168で決済し、+22PIPS。
2時すぎに1.4194で決済し、+48PIPS。

週末の24日は取引を控えています。

■今週の値動き
今週のドル円は、6月20日の6時に80.11付近から始まります。
前半きわめて少ない値動きで振幅幅20銭程度。22日には、QE3を恐れ、
79.98まで売られますが、徐々に切り上がり、23日には、80.77まで上昇。
その後24日には、80.10まで売り込まれますが週末には、80.45で引けています。

今週のユーロドルは、6月20日の6時に1.4277付近での寄付きから開始します。
20日14時に1.4188まで下落するものの、23日にかけ徐々に切り上がり、
その後下落に転じ、23日の20日には、1.4131まで下落します。
その後小高く一進一退。週末には売られ、1.4180で引けています。
一週間の値幅としては、かなり荒れた相場となりました。

今週のユーロドルは極めて激しい値動きでした。

【今週の乱獲FXDT】
今週のユーロドルは、朝方7時前後によく動く珍しい動き。

今週から、これまで毎週順調な収益を上げ、
時間中の値幅が低収益の原因になっていることから、
ロット数をドル円だけ2倍に引き上げてやってみたいと思います。
乱獲FXDTの手法自体に問題はないので、多分やって行けると思います。

今週はロットを動かす前から、ドル円ではここのところ珍しく3桁に乗りました。
トレード回数も多く、大商いの大成功というところで、
今月はじめのユーロドルでの大成功とあわせ、6月は乱獲FXDTは最高の一ヶ月となりました。
なかなか難しいかもしれませんが、この調子でいければよいでしょう。

一方のユーロドルは、週末相場の動きが激しいことからトレードを控えた影響もありますが、
今月で最も利益の少ない一週間になりました。ただし、安定してプラスで終わっているので、
よいでしょう。

QE3は、予想通り現状維持の継続でした。大きな波乱もなく比較的順当な相場になったことから、
フランと一緒に買われてきた円は今後横ばいの公算が強くなっています。
日本国内での増税議論が本格化する見通しなので、ドルの上値は限定的で、
今後アメリカ経済がデフレに陥り雇用統計に回復の兆しがない場合には、長い時間をかけて、
じりじりと売られる展開も考えないといけません。

しかし昨年のような10円を超えるドル売りはありません。今後しばらく気が抜けた相場が続きます。


乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

【最新レビュー!!】FX革命の実践と検証5


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します


こんにちは、よしゆきです。

今回から、『FX革命』の検証レビューを始めていきます。

この商材では、『恋スキャFX』や『乱獲FX』でもおなじみの
「FX-jin」さんのロジックが扱われているので、期待できそうですね。
また、価格も他のFX商材と比べ段違いにお手ごろですので、導入しやすい商材だと思います。

それでは、さっそくFX革命の実践結果の報告をしたいと思います。


▼FX革命実績

6月7日-6月23日

6/7 ±0pips
6/8 ±0pips
6/9 +43pips
6/10 ±0pips
6/13 -14pips
6/14 ±0pips
6/15 +78pips
6/16 -20pips
6/17 ±0pips
6/20 +65pips
6/21 ±0pips
6/22 +82pips
6/23 ±0pips

▼勝率
84.6%

6月の合計獲得pips
+335pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

■FX革命についてのコメントと評価
FX革命の検証第5弾です。
前回の報告に比べ少しだけマイナスがついてしまった結果となりました。
でも微々たるものですね。
小さな負けは、大きく勝つ前に助走をつけるイメージだとよしゆきは考えるようにしてますよ。

FX革命はスイングトレードですが、しっかりストップは設定してますので大きく負ける恐れはありません。
コツさえつかめばFXは安心してトレードできるものです。
よしゆきはリスクをいかに小さく抑えられるか、それが勝つコツだと考えています。
「勝つための自分のルール」を徹底させられる人がトレードで勝てるのではないでしょうか。

ではまた結果を報告していきたいと思います。

FX革命
http://ctwpromotion.s3.amazonaws.com/fx/kakumei/index.html
販売者:株式会社Catch the Web 横山直広


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価20


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。


2011年 6月 23日(木)

ドル円は大きな下落もなくいまだに80円台前半を維持して
推移しています。
先週は何度か79円台に足を踏み入れましたが反発しています。
とはいえ上昇の勢いもないドル円は80円台で地団駄を踏んでいる状態です。
ここらあたりの値段が心地よいのでしょう。
クロス円もドル円の動きに追随した動きとなっており、ポンド円も
弱い状態が続いていますね。
ユーロドルは先週は再び売られ1.43台となっていますが、許容内の動きで
方向性がいまだ定まっていないといえます。
ただこの付近には日足でみると75日の移動平均線の位置にあり、雲のねじれの部分
に位置しておりサポートされている部分であるため
現在もここを突破できず下げ渋っていますが、
下抜けて下落することがあれば一気に1.41台まで下落してくるのではないでしょうか。


ではマエストロFXの検証結果をご報告します。


■検証結果■

▼検証期間
6/13 - 6/17

▼ 獲得pips
6/6 +36pips
6/7 +81pips
6/8 +79pips
6/9 +70pips
6/10 -47pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+467pips

▼4月の獲得利益

+553pips

▼5月の獲得利益

+665pips

▼6月の獲得利益

+458pips

▼総獲得利益
+187万2426円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回はエントリーとエグジットのポイントその2です。
前回の応用ですね。
エントリー時はチャートポイントを確認し動きを探る。
一つの時間足だけでなく色んな時間足をみて
方向を確認した上でエントリーしていくということです。

その際はボリンジャーバンドの角度や形状をみたり
オシレーター系テクニカル指標を確認するなど
早期に動きを読み取っていくということがポイントです。

以上の内容で今週はトレードに挑んでみました。
慣れるまで相場を読んでいくというのは難しいですね。

色んな時間足でみてると、こっちは上昇なのに
こっちは下降・・・・という場面に多々出くわします。
そういうときはほぼ全ての時間足で同じ方向に向いた場合に
エントリーするようにしていました。
そうすることでエントリーチャンスは少ないかもしれませんが、確実な
トレードが期待できると思います。


では今週もこれをふまえてトレードしていきましょう。


最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価30


↑クリックすると拡大します


6月20日(月)

「REO-Terzzo」の検証報告です。

ユーロドルは先週からもう一段さげて再び1.40台へ下落していきましたが
なんとか踏みとどまって今は1.43前後まで反発しています。
しかし売り有利の動きとなっているので今週は1.40を割り込んでくる可能性もありますね。
一方ドル円はなかなか今のレンジから抜け出せずにいまだにもたついています。
79.50から81.50のレンジで往復していることから、このくらいの値段帯が市場は
ちょうど良いと判断しているのかもしれませんね。
日本経済が震災により打撃を受けているにも関わらずこれだけ円高に傾くという流れをみると
現在の米経済の弱さを感じざるを得ません。
最近は指標に敏感に反応した動きになっています。
今週は79円台でなんとか踏ん張れるのか78円を目指してくるのかの注目ですが
79円割れはたやすくいかないと思います。

それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
414戦 246勝 166敗 2引分

■6/20現在のポジションの状況

CHF/JPY: -16.10pips(含み損)(0.01ロット)
CHF/JPY: -20.96pips(含み損)(0.02ロット)
CHF/JPY: +11.99pips(含み益)(0.06ロット)
USD/JPY: +6.12pips(含み益)(0.01ロット)


■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +26.65pips
EUR/USD: +58.70pips
USD/CHF: +11.73pips
USD/JPY: +12.74pips

■H23.5月の各獲得pips

CHF/JPY: +29.37pips
EUR/USD: +75.60pips
USD/CHF: +42.05pips
USD/JPY: +18.29pips

■H23.6月の各獲得pips

EUR/USD: +6.4pips
USD/JPY: +0.13pips
USD/CHF: +7.43pips

■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+109.79pips

■H23.5月総獲得pips(スワップを含む)

+172.70pips

■H23.6月総獲得pips(スワップを含む)

+44.81pips


■総獲得pips

+1085.01pips


■REO-terzzoについての総評

REOの含み損がかなり縮小され、もうすぐ決済できそうなところまできています。
結局最終ロットのオーダーがでることなくポジションが解消できそうです。
しかし保有期間が長くてちょっと見て居る方も疲れましたね。
もう少しパパッと対応して欲しいところですが、結果よければOKです。
でも正直リアルトレードだったらここまで冷静に今回の場合は
見守れない人もいると思います。
REOは逆張りでポジションをもつタイプのEAなので
トレンドが発生している相場の場合、大きな含み損を今回のように
抱える期間がながくなるというデメリットがあります。
同じ方向にポジションを追加し続けるという手法もよいのですが
逆のポジションをもって含み損を押さえつつ、別のポジションを追加して
利益を出すという機能があったらいいのに・・・と思う今日この頃です。


では来週の結果を楽しみにしたいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

MaestroFX(マエストロFX)の検証と評価19


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
今回より、Maestro FX(マエストロFX)を検証レビューしていきます。

こちらの商材はFX業界では有名な佐野さんの裁量商材です。
それでは、さっそくMaestro FXを試してみた結果を記載していきます。


2011年 6月 16日(木)

先週、ドル円は80円を割り込み79台まで下落しましたが今週に入り
持ち直してきています。
とはいえいまだ不安定で81円を越える上昇に入ったって居ないことから
いつ80円割れを起こしても不思議ではない状況です。
日本は震災で大打撃を受けているにも関わらず円高傾向から抜け出せないということは
米経済の弱さを痛感せざるを得ない状況ですね。
ユーロドルは相変わらず上下に動いていますが、1.47を越えられず失速し1.43台に
突入する動きとなっています。
週明けてからも動きが弱く現在はどちらに行くのかで揉み合っています。
短期的には上昇でも長期的にみれば売りの流れは変わっていないと思います。
上値は1.47を意識してトレードしていくとよさそうですね。


ではマエストロFXの検証結果をご報告します。


■検証結果■

▼検証期間
6/6 - 6/10

▼ 獲得pips
6/6 +13pips
6/7  -21pips
6/8 +50pips
6/9 +47pips
6/10 +103pips

▼1月の獲得利益

+128pips

▼2月の獲得利益

+556pips

▼3月の獲得利益

+467pips

▼4月の獲得利益

+553pips

▼5月の獲得利益

+665pips

▼6月の獲得利益

+239pips

▼総獲得利益
+173万1738円
※ロット数は0.1ロットから1ロットの間で状況に合わせて変えています。


--------------------------------------

『マエストロFX』について
今回はエントリーとエグジットのポイント?その??です。
FXで売り買いどちらでエントリーすればいいのだろうと悩む場合がありますよね。
そういうときの判断基準になるのが
パラメーターのないレジスタンス・トレンドラインです。
チャートポイントで現在の相場の流れを確認することが大切です。
平均移動線の方向や角度、ボリンジャーバンドの形状、
ローソク足、テクニカル指標等基準になるものをつかって
色んな時間足から方向性を探って行きます。

たとえ長めの時間足でトレードしている場合でも
短い時間足をつかって次の流れを先読みしていくということは大切です。

今回の講義ではラインの引きかたやチャートを見たときの確認法について
説明解説してありました。

いままで習ってきたことの総評といった感じです。
勿論、短期トレードにおいてファンダメンタルズは無視できない事項であり
FXにとっても重要度が高いですが、
ラインや移動線、ローソク足は今後の動きを見る重要な手がかりになります。

過去の講義を何度も見直して改めてチャートポイントの重要性を押させて
トレードしていきたいですね。

では今週もこれをふまえてトレードしていきましょう。


最速で専業レベルになれる特別プロジェクト
Maestro FX
http://www.w-crew.com/mfx/
販売者:ウイニングクルー株式会社 仲島友紀夫


↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価29


↑クリックすると拡大します

6月13日(月)

「REO-Terzzo」の検証報告です。

先週はドル円は再び79円台に突入する動きとなり再び円高となっています。
米経済指標が軒並み悪化しているため売られている状況です。
ユーロドルも1.47付近まで上昇したかと思えば、ここを突破できず反落し
一気に1.43まで下落しています。
ユーロドルは流動性の大きい通貨だとつくづく思わされます。
ドル円は現在80円台半ばまで戻していますが円高の流れには変わりないようです。
今週は79.50から81円の間で上下に動く週となりそうですね。
ユーロドルは再び1.40を目指してくるのか調整内の下落でとどまるのか
気になるところです。


それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
375戦 237勝 159敗 2引分

■6/13現在のポジションの状況

CHF/JPY: -29.72pips(含み損)(0.01ロット)
CHF/JPY: -48.24pips(含み損)(0.02ロット)
CHF/JPY: -70.13pips(含み損)(0.06ロット)
USD/CHF: -19.48pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -28.03pips(含み損)(0.02ロット)
USD/CHF: -12.83pips(含み損)(0.06ロット)
USD/JPY: -7.09pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: -2.49pips(含み損)(0.02ロット)
EUR/USD: -21.80pips(含み損)(0.01ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +26.65pips
EUR/USD: +58.70pips
USD/CHF: +11.73pips
USD/JPY: +12.74pips

■H23.5月の各獲得pips

CHF/JPY: +29.37pips
EUR/USD: +75.60pips
USD/CHF: +42.05pips
USD/JPY: +18.29pips

■H23.6月の各獲得pips

EUR/USD: +0.8pips


■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+109.79pips

■H23.5月総獲得pips(スワップを含む)

+172.70pips

■H23.6月総獲得pips(スワップを含む)

+30.85pips


■総獲得pips

+1085.01pips


■REO-terzzoについての総評

先週のREOはユーロドル以外動きのない週となりました。
しかし膨らんでいた含み損が大幅に縮小してきました。
今週あたりポジション決済の動きとなるのか楽しみです。
ユーロドルは頑張った割にはいまいちの成績でしたが、損失をだすことなく
終わっている分、良かったのではないかと思います。
ひとまず現在の含み損解消に向けてREOには頑張っていただきたいところですね。
現在のポジションがすべてトレンドとは逆方向なだけに
円安に向かう材料が乏しい現状。含み損が解消されるまえに再び下落も
考えられるだけに厳しい状況です。
ただ一瞬の上昇も見逃さないのでREOは必ずやってくると願ってまってみたいと思います。


では来週の結果を楽しみにしたいと思います。


REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価17

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
6月6日 - 6月10日

■ドル円:30分足

+6pips
+0pips
+7pips
+0pips


合計 +13pips

■ユーロドル:30分足


-41pips
-39pips
-34pips
+34pips
+52pips
+39pips


合計 +11pips

▼今週獲得+24pips

▼獲得利益
1万2000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4501pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分
今週のFXPLUS-essentialドル円は30分足中心のトレード。
15分を時々見ています。

6日の21時に80.12でUna手法でロング。30分もたたないうちに、
80.18で決済。+6pips。

6日の23時にUna手法で80.11でショート。
7日にサインどおりの決 済ができなかったので同値撤退。+0pips。

8日の16時30分に79.84でUna手法でショート。8日の19時30分に
79.77で決済でき+7pips。

今週のドル円は、相場が小幅なレンジに入ってしまったために、
小さな逆張りをねらうUna手法ばかりが連発しました。


【ユーロドル】30分

ユーロドルは、6月6日の17時30分にWalker手法で1.4632でロングエントリー。
朝7時に損切サインが出続けていたので、1.4591で損切。
-41pips。

6月7日の23時には23時に1.4650でWalker手法でロング。
8日の22時に1.4611で大きく損切し、-39pips。

9日の7時に1.4590でWalker手法でショート。
9日の17時に1.4624で損切し、-34pips。

10日8時に1.4523でWalker手法でショート。
16時30分にサインが出ていたので、1.4489で決済。+34pips。

10日の18時に1.4489でWalker手法でショート。
続けて21時に1.4476でWalker手法でショート。
22時30分に1.4437で決済し、+52pips。+39pips。

⇒今週の相場。
今週のドル円は、6月6日に80.20付近で寄り付きました。
週の前半はきわめて狭いレンジで80.25-97.90付近で推移しましたが、
8日の朝に若干崩れ79.65付近まで売り込まれました。
その後徐々にドルが切り返し、週末の日本時間11日の朝には、80.24で引けています。
ドル円は雇用統計の発表以後、思惑で売り買いされるレンジが続いており、
値幅の少ない取引となっています。

今週のユーロドルは、1.4615付近で寄り付き、週の前半は高値圏で推移し、
6月8日には一時1.4700の水準でした。しかし週後半になって暴落し1.4341付近まで大きく売られ、
週間でのほぼ最安値で引けました。5月2日ぶりの大幅下落で、ユーロの価値が、
再び大きく目減りしています。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialはマイナスではなかったものの、取引が非常に少ないです。
今週はドル円は相場の変動が少なかっただけでなく日中の東京市場で動く時間が長く、
サインを捕まえることができませんでした。

ユーロドルではサインの量は平均的でしたがユーロの大幅下落を読み間違っているようです。
特に週の前半に高値圏でのロングを採り続けたことが利益を削った原因です。

FX-PLUS essentialには、i手法[サイン色赤]という順張り手法がありますが、
出る頻度はかなり少ないです。今年度まだドル円とユーロドルの短めの時間軸では、
10回出現していないでしょう。その一方でU系手法といわれる逆張りを、相場の谷底や山央で
入れることがありこれが利益と損失に結びつくことが多いです。今週はその失敗が、
原因でしょう。 

今週のドル円は下値模索の悲観の一辺倒だったといえます。
米国には不況の不吉な影が近づいてきていると多くの人が考えています。

注目は次のQE3で量的緩和の拡大か現状維持かが焦点です。
最近の調査では維持の予想が多く変化の兆しが見えます。

シストレにとっては一般的に裁量などの材料は、副次的なものでしかありませんが、
QE3の発表では、相場が大きく動く可能性があり注意が必要です。
一般的に材料の多い相場では、シストレは相場の急変で損失を被ることが5割を超えているので、
エントリーは、発表時間帯の23時を回避したほうがよさそうです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年6月14日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価29

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
乱獲FXで決済となり、損益確定となりましたので、報告していきます。

■ドル円:15分足
6月6日 - 6月10日

+10pips[ロングエントリー]
+21pips[ロングエントリー]

+4pips[ロングエントリー]
+9pips[ロングエントリー]

+11pips[ロングエントリー]
+19pips[ロングエントリー]

+9pips[ロングエントリー]
+0pips[ロングエントリー]

+6pips[ロングエントリー]
+15pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+101pips


■ユーロドル:15分足
6月6日 - 6月10日

+9pips[ロングエントリー]
+5pips[ロングエントリー]

-23pips[ショートエントリー]
-12pips[ショートエントリー]

+23pips[ロングエントリー]
+14pips[ロングエントリー]

+23pips[ロングエントリー]
+2pips[ロングエントリー]

+30pips[ロングエントリー]
+6pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+81pips


■6月1週の利益

+182pips

■6月合計の利益

+669pips

▼今月獲得利益
33万4500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

【ドル円】15分足

6月6日の18時に80.00でロングWエントリー。
21時に80.10で決済。+10pips。21時45分に80.21で決済。+21pips。

6月7日の22時に80.13でロングWエントリー。
23時45分に80.17で決済。+4pips。80.22で決済。+9pips。

8日の19時30分に79.68ロングWエントリー。
21時45分に79.79で決済。+11pips。24時前に79.87で決済し、+19pips。

6月9日の18時に79.95でロングWエントリー。
振幅が少ないのでかなり不安でしたが、19時15分に80.04で決済。+9pips。
もう一本は21時に同値撤退。

10日の16時15分に80.00でロングWエントリー。18時15分に80.06で一本決済。
18時30分に80.15で決済し+6pips。+15pips。

【ユーロドル】15分足

6月6日の20時15分に1.4606でロングWエントリー。
22時15分に1.4615で決済。+9pips。23時には、1.4311で
一度波形を作って下落したのでマニュアルどおりに決済し、+5pips。

6月7日16時45分に1.4648でショートWエントリー。
すぐに相場が逆の方向へ進み、18時前に1.4671で損切し、-23pips。
20時30分に1.4660で損切し-12pips。

8日の21時45分に1.4608でロングWエントリー。
22時45分に1.4631で決済し、+23pips。
23時30分に1.4622でもう一本決済し、+14pips。

9日の0時15分に1.4578でロングWエントリー。
1時すぎに1.4601で決済し、+23pips。
もう一本はリスクを避けて決済し、+2pips。

9日の23時30分には1.4506でロングWエントリー。
10日の1時に1.4536で決済し、+30pips。
もう一本はリスク回避をするために+6pipsで終了。

週末にもサインが出ましたが、
動きが激しくリスクが大きいと判断し、トレードを控えています。


■今週の値動き
今週のドル円は、6月6日に80.20付近で寄り付きました。
週の前半はきわめて狭いレンジで80.25-97.90付近で推移しましたが、
8日の朝に若干崩れ79.65付近まで売り込まれました。
その後徐々にドルが切り返し、週末の日本時間11日の朝には、80.24で引けています。

今週のユーロドルは、1.4615付近で寄り付き、週の前半は高値を維持し、
6月8日には一時1.4700を超えて推移しました。しかし週後半になって暴落し
1.4341付近まで大きく売られ、週間でのほぼ最安値で引けました。
1.4700は5月2日以来の高値であり、このところのユーロの上昇に水をさした形になりました。

【今週の乱獲FXDT】

今週は先週の大商いから一転して、比較的小幅な取引となりました。
しかし今週も+で終了し、順調な取引を続けています。

今週はドル円ではトレード可能な時間帯には凪相場が続き、日中に小幅に動く展開でした。
値幅が非常に限られ狭いレンジでの取引が続いていますが、乱獲FXDTはかなり善戦
しているようです。少ないポジションながら、利益の額が大きいのが今週の特徴でしょう。

一方でのユーロドルでは、大きなダメージこそなかったものの、取引時間中のヨーロッパ、
ニューヨーク時間での断続的な売りを浴びる非常にリスクの多いトレードになりました。
引き続きユーロのロングには危うさがあったために、
深く引きつけたロングサインのみを採用していたことが善戦した理由でしょう。
今週は無風で週末を迎えることができましたが、ロングポジションの大量決済があった模様で、
非常に危うい取引でした。

6月後半はドルで大きな波乱が待ち受けている模様です。中心はダウ株式市場ですが、
ドル円、ユーロドル為替相場にも影響を与えることが懸念されます。
大きな指標発表の続く日本時間の深夜23時前後には特に注意が必要で、
乱獲FXDTの基本マニュアルに沿ったトレードの回避を選択する必要がありそうです。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

「恋スキャFX」検証と評価19


↑クリックすると拡大します


▼恋スキャFX実績
5月23日-5月31日

5/23 +24pips
5/24 +15pips
5/25 +41pips
5/26 -12pips
5/27 +40pips
5/30 +10pips
5/31 +21pips

▼勝率
83.3%

合計
+139pips
+15万7209円

▼5月の獲得利益
+388pips
+43万1856円

6月1日-6月6日

6/1 +23pips
6/2 -15pips
6/3 +6pips
6/4 +57pips
6/5 +46pips
6/6 +5pips

▼勝率
83.3%
 
合計
+122pips
+13万7982円

▼6月の獲得利益
+122pips
+13万7982円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+2281pips
+402万9104円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。

■恋スキャFXについてのコメントと評価
スキャルピングは一度の取引でとれるpips数が他のトレードスタイルよりもかなり低いので、
最終的に利益を出せる商材かどうかの重要な決め手は『資金管理』です。

ロット数を調整して、自身が許容できる範囲内でトレードすることが何よりも大切です。
トレードすることで大きなレバレッジをかけても安全にFXが出来ると考えています。
その点で資金管理にもフォーカスしている恋スキャは勝つための学習が最短で出来る商材だと言えるでしょう。

ロジックにばかりフォーカスしている教材が多い中、安定的なFX投資を教えてくれる恋スキャFXは魅力的だと思います。

たとえ何度も勝ち続けていても、経済に大きく打撃を与えるような事態が起こった場合、
取り返しがつかないような損失を、たった一度で出してしまう可能性は大いにあります。
その1回を防ぐための「資金管理」です。
100回損切りを行い、1回がその経済危機のタイミングだった場合、
資金管理方法を知っているか知っていないかで、トータルでの勝ち負けが変わってきます。

トータルで学べる恋スキャFXはお勧めです。

恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

【最新レビュー!!】FX革命の実践と検証4

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します


こんにちは、よしゆきです。

今回から、『FX革命』の検証レビューを始めていきます。

この商材では、『恋スキャFX』や『乱獲FX』でもおなじみの
「FX-jin」さんのロジックが扱われているので、期待できそうですね。
また、価格も他のFX商材と比べ段違いにお手ごろですので、導入しやすい商材だと思います。

それでは、さっそくFX革命の実践結果の報告をしたいと思います。


▼FX革命実績

5月23日-5月31日

5/23 ±0pips
5/24 ±0pips
5/25 +38pips
5/26 ±0pips
5/27 +33pips
5/30 ±0pips
5/31 +82pips

勝率
100%

5月の合計獲得pips
+435pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

6月1日-6月6日

6/1 +16pips
6/2 -28pips
6/3 ±0pips
6/4 +67pips
6/5 +46pips
6/6 ±0pips
 
▼勝率
83.3%

6月の合計獲得pips
+101pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

■FX革命についてのコメントと評価
FX革命の検証第4弾です。
革命ロジック順調ですね。本来ならスイングトレードだと大きく損失を出してしまうことが怖いのですが、
革命ロジックだと負けることがほとんどありません。
その理由は詳しくは商材をみていただきたいのですが、あえて言うならFX革命は
「転んでもただでは起きないロジック」だと言っておきましょう。
ぜひ、負けず嫌いの方にはこのロジックを極めてもらいたいですね。

ではまた結果を報告していきたいと思います。

FX革命
http://ctwpromotion.s3.amazonaws.com/fx/kakumei/index.html
販売者:株式会社Catch the Web 横山直広


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)の検証と評価28


↑クリックすると拡大します
6月6日(月)

「REO-Terzzo」の検証報告です。

先週はドル円は下落、ユーロドルは上昇となった1週間でした。
とくに金曜日の雇用統計で80.15あたりまで下げるも80割れはなんとか免れ
反発していますが、戻りは弱いです。
ユーロドルは1.43から1.44をしばらく行き来したあと週末のドル円の下落をうけて
一気に上昇し1.46後半まで上げています。
週明けからこの流れが続くのかどうかですが、現在の価格からは1.44付近まで一度調整で
売られるのはないでしょうか。
ドル円は弱含みな動きが続いており、ここ最近の指標はほとんど悪い結果となっています。
週末はなんとか80割れせずに反発していますが今週は79円に突入する場面が
あるかもしれませんね。
80円付近には抵抗があると思われますがストップを巻き込んで下落した場合
79.50までの下げの可能性もあります。
今週の動きに注目ですね。


それでは、今日までの実績です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
370戦 235勝 156敗 2引分

■6/6現在のポジションの状況

CHF/JPY: -40.23pips(含み損)(0.01ロット)
CHF/JPY: -69.24pips(含み損)(0.02ロット)
CHF/JPY: -133.00pips(含み損)(0.06ロット)
USD/CHF: -29.75pips(含み損)(0.01ロット)
USD/CHF: -48.46pips(含み損)(0.02ロット)
USD/CHF: -73.42pips(含み損)(0.06ロット)
USD/JPY: -8.60pips(含み損)(0.01ロット)
USD/JPY: -5.48pips(含み損)(0.02ロット)
EUR/USD: -21.80pips(含み損)(0.01ロット)
EUR/USD: -34.20pips(含み損)(0.02ロット)

■11月の各獲得pips

CHF/JPY: +21.73pips
USD/JPY: +21.41pips
USD/CHY: +29.43pips
EUR/USD: +40.70pips 


■12月の各獲得pips

CHF/JPY: +8.25pips
USD/JPY: +28.82pips
USD/CHY: +22.58pips
EUR/USD: +103.10pips 


■H23.1月の各獲得pips

CHF/JPY: +15.16pips
USD/JPY: +88.93pips
USD/CHY: +131.09pips
EUR/USD: +20.60pips 

■H23.2月の各獲得pips

CHF/JPY: +9.95pips
USD/JPY: +6.61pips
USD/CHY: +25.43pips
EUR/USD: +38.06pips

■H23.3月の各獲得pips

CHF/JPY: +41.60pips
USD/JPY: +103.28pips
USD/CHF: +6.54pips
EUR/USD: +39.10pips

■H23.4月の各獲得pips

CHF/JPY: +26.65pips
EUR/USD: +58.70pips
USD/CHF: +11.73pips
USD/JPY: +12.74pips

■H23.5月の各獲得pips

CHF/JPY: +29.37pips
EUR/USD: +75.60pips
USD/CHF: +42.05pips
USD/JPY: +18.29pips


■10月総獲得pips(スワップを含む)

+44.92pips


■11月総獲得pips(スワップを含む)

+113.27pips

■12月総獲得pips(スワップを含む)

+162.75pips

■H23.1月総獲得pips(スワップを含む)

+255.78pips

■H23.2月総獲得pips(スワップを含む)

+74.67pips

■H23.3月総獲得pips(スワップを含む)

+190.52pips

■H23.4月総獲得pips(スワップを含む)

+109.79pips

■H23.5月総獲得pips(スワップを含む)

+172.70pips

■H23.6月総獲得pips(スワップを含む)

+30.05pips


■総獲得pips

+1084.21pips


■REO-terzzoについての総評

現在REOはものすごい含み損を抱えてしまっています。
すべてのポジションがマイナスとなりスイスフラン円やドルスイスフランは
現在0.6ロットのオーダーまででています。
まだ最終ロットでのオーダーではないので巻き返しは十分可能ですが
現在はエントリーするタイミングを模索中といった状態です。
ドル円、ユーロドルもおなじくマイナス、見守る側として大変つらい状況ですね。
今週はポジション決済してほしいと願っています。
やはりこれだけの含み損を抱えていると相当の資金量の確保が必要になります。
4ペアの通貨でREOを稼働させる場合は100万円ぐらいの資産量が必要だと思います。
10万円で1ペアの通貨での稼働も勿論可能ですがロットを最小にしての
稼働がベストだと思います。

では来週の結果を楽しみにしたいと思います。

REO-terzzo(アールイーオーテルッツォ)

http://reo-series.com/terzzo/
販売者:KKブラザーズ 竹内隆光


↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価16

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
5月30日 - 6月3日

■ドル円:30分足

+0pips
-18pips
-26pips
+33pips
+17pips
+14pips
+23pips
+15pips
+21pips

合計 +79pips

■ユーロドル:30分足


+16pips
-16pips
+24pips
+47pips
+63pips

合計 +134pips

▼今週獲得+211pips

▼獲得利益
10万5500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4477pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分

ドル円30分足エントリー。
ちなみに終わってみると15分足ではほとんどサインが出ませんでした。

30分も週の前半サイン少なめ。
30日16時前にW手法ショートが出ますが、エントリーせず。

5月31日17時30分に81.49でuha手法ショート。

21時30分に81.58でuha手法ロング。
22時30分に81.44でW手法ロング。

21時30分のを81.40で損きりし、-18pips。22時のを81.18で損きりして、
-26pips。
17時30分のuhaを81.16で手閉まって、+33pips。

6月2日の16時30分を80.93でW手法ショート。18時30分にも80.90でW手法ショート。
19時30分に両方80.76で決済し、+17pips。+14pips。

23時に80.90でW手法ショート。
3日の1時すぎに80.82でuha手法ショート。17時に80.67で決済し、+23pips。
+15pips。

週末には21時30分に80.60でW手法ショート。すぐに80.39で決済。+21pips。


【ユーロドル】30分

ユーロドル30分足エントリー。
5月30日20時に1.4284でW手法エントリー。翌朝7時に1.4301で決済+16pips。

5月31日の20時に1.4405でUulaで
ロング。すぐに逆に進み、1.4389で決済。-16pips。

21時30分に1.4391でUulaロング。
後に引きます。6月1日の7時に1.4415で決済。+24pips。

6月1日20時に1.4396でUulaロング。
2日の0時に1.4443で決済。+47pips。

3日の1時30分に1.4433でWロング。
2時30分に1.4496で決済し、+63pips。


⇒今週の相場。
ドル円は30日月曜日80.82付近で寄り付きま した。
31日にはドルが一時急騰し80.87付近から 81.72まで買い進められました。
しかしその後週末にかけて雇用統計の悪化 を受けて一方的なドル売り基調。
金曜日の失業率と新規雇用発表を受けて下落し80.00まで売り込まれました。
その後やや戻して80.18で引けています。

ユーロドルは30日月曜日に1.4280付近で寄り付き、31日の午前中まで
同水準にとどまりますが、その後一方的なユーロ高基調となりました。
6月2日には一時1.4317まで売り込まれますが、再び買い越され
日本時間の早朝4日には1.4329付近で引けました。
ユーロドルは大方の予想に反して大きく買い込まれている理由は、
ECBがIMFの代わりに本格的な介入を考えていることです。
ギリシャの財政支援のうわさが引き続き材料視される模様です。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

インジケーターをEAなど自動売買にするためには、iCustom関数です。
iCustom関数は、インジケーターファルダにあるインジケーターを呼び出して、
値を格納するのだそうです。

インジケーターにはサインを出すものやラインを引くものや、バーチャートを出すものや
スクリプトに近い動きをするものがありますが、サインを出すもののほうが導入が簡単です。

FX-PLUS essentialの場合下となるようです。
iCustom(NULL,TimeFrame,"essential",SPREAD,MINPIPS,SCOUNT,DAY_START,DAY_END,TIME_START,
TIME_END,LIGHT_MODE,REAL_MODE,REACH_SOUND,ENTRY_SOUND,REACH_MAIL,ENTRY_MAIL,MAIL_ADDRESS,
MAIL_SMTP,IMAGE_ATTACHMENT,SP_OCO,SP_ENTRY,SINGLE_MODE,2,0);

この関数は、ただインジケーターからサインを取り出して自動売買のEAにプログラムを渡すものというより、
もっと基本的なもののようです。他のEAを利用するとわかるのですが、
EAは必ずしも、チャート上で目に見えるラインを描いたりエントリーサインを表示したりしません。
これをするのはインジケーターの役割か、
EAの中にそういった明示的なプログラムを組み込む必要があります。
先に作ったインジケーターをEAにする場合、一般的に使われるのです。これを使うと、
複数のEAを使って別の判断ロジックを作ることが出来るのかもしれません。


しかしFX-PLUS essential の販売元の
http://www.realsite.jp/blog/category/fx-plus-essential/では、
essentialというインジケーターを11年4月22日にEAに改良するバージョンを
出していました。必要なところは改良されてゆくということでしょうか。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年6月 7日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

乱獲FX2ダブルトラップの検証と評価28

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
乱獲FXで決済となり、損益確定となりましたので、報告していきます。

■ドル円:15分足
5月30日 - 6月3日

+4pips[ショートエントリー]
+0pips[ショートエントリー]

+3pips[ショートエントリー]
+8pips[ショートエントリー]

-19pips[ロングエントリー]
+2pips[ロングエントリー]

+23pips[ロングエントリー]
+35pips[ロングエントリー]

+28pips[ロングエントリー]
+0pips[ロングエントリー]


▼獲得pips
+79pips


■ユーロドル:15分足
5月30日 - 6月3日

+14pips[ショートエントリー]
+31pips[ショートエントリー]

+23pips[ロングエントリー]
+41pips[ロングエントリー]

+22pips[ショートエントリー]
+115pips[ショートエントリー]

+33pips[ショートエントリー]
+48pips[ショートエントリー]

+33pips[ショートエントリー]
+48pips[ショートエントリー]


▼獲得pips
+408pips


■6月1週の利益

+487pips

■6月合計の利益

+487pips

▼今月獲得利益
24万3500円
※各トレードにつき0.5ロット運用

■乱獲FX2ダブルトラップについてのコメント

【ドル円】15分足
ドル円は、値動きが小幅にとどまりそうなので15分での小刻みエントリー。
ドルは売られそうなので、ロングはかなり深めのサインを待ちます。

31日は深夜にショートチャンス。
1時すぎに80.91でショートWエントリー。
1時すぎに80.87で決済+4pips。
もう一本は朝方同値撤退。

31日は17時15分に81.53でショートWエントリ ー。31日19時に81.50で決済。+3pips。
21時すぎに81.45で決済。+8pips。

6月1日22時に80.85でロングWエントリー。
やや危険を感じて、22時45分にサインにしたがって、80.66で決済。-19pips。
もう一本を朝7時すぎに80.87で決済し、 +2pips。

2日の21時すぎに80.57で再びロングW。
すぐに80.80で決済し、+23pips。
23時30分に80.92で決済、+35pips。

3日の雇用統計発表後に80.18ですぐにロ ングW。23時に80.46で一本決済。+28pips。
もう一本は週末で手締まって+0pips。


【ユーロドル】15分足短期トレード

ユーロドルは先週から作戦を変更して、15分足でトレード。
様子見路線を変更し、争点の多い相場でレ ンジを狙いにゆき、
サインはロングショートとも深めです。

31日18時15分に1.4415でショートWエントリ ー。
20時前に1.4401で決済。+14pips。
20時45分に1.4384で決済。+31pips。

6月1日は19時45分に1.4390でロングWエン トリー。
21時に1.4413で決済。続けてすぐに1.4431 で決済。
+23pips。+41pips。

6月2日に若干浅めのショートWエントリー。
0時45分に1.4441でショート。
1時に1.4419で決済し、+22pips。
翌朝7時に1.4326で決済し、+115pips

2日の19時30分には1.4479でショートWエン トリー。
自信があったので2エントリーします。
22時に1.4446で決済し、+33pips、+33pips 。

3日の0時に1.4431で決済し、+48pips、 +48pips。

週末はエントリーを手控えました。

■今週の値動き
ドル円は30日月曜日80.82付近で寄り付きま した。
31日にはドルが一時急騰し80.87付近から 81.72まで買い進められました。
しかしその後週末にかけて雇用統計の悪化 を受けて一方的なドル売り基調。
金曜日の失業率と新規雇用発表を受けて下落し80.00まで売り込まれました。
その後やや戻して80.18で引けています。
乱獲FXDTでは非常にエントリーサインが出にくい相場展開となりました。

ユーロドルは30日月曜日に1.4280付近で寄り付き、31日の午前中まで
同水準にとどまりますが、その後一方的なユ ーロ高基調となりました。
6月2日には一時1.4317まで売り込まれます が、再び買い越され
日本時間の早朝4日には1.4329付近で引け ました。

【今週の乱獲FXDT】

今週の乱獲FXDTは、週の前半にユーロドルの戦略を小刻み15分の積極トレードにでたのが
幸いして大商い。順調な6月の滑り出しとなりました。

ユーロドル、戻る円も冷静に観察すると、市場のトレンドとはまったく逆のエントリーが
多いようです。相場の急変にサインが反応しやすいために、一瞬で急騰落をした場面で、
エントリーをしていることが多いようです。

しかし今週は全体的には少しサインの数が少なかったです。理由は再び先週あたりから、
日本時間の前半での相場の展開が多く、ドル円とユーロドルがドルの信用の下落で、
同時に動く場面と、ドル円だけの要素で動く場面が同時にあるからでしょう。

今週も日本の社債や国債の信用引き下げが相次ぎ、深刻な先進国の信用問題が、
徐々に表面化しつつあります。

来週以降は6月3週のFOMCに向かってしばらくは駆引きが続きそうです。相場は膠着とは
逆の展開になる模様です。再び来週も今週の大成功を再現すべく、イベント前の
積極トレードでいきます。

乱獲FX2ダブルトラップ
http://ranfx.net/dt/
販売者:セントラル産業株式会社  原 誠


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ