【最新レビュー!!】FX-BACKDRAFTの検証と評価2

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

▼よしゆきブログの読者様へのお知らせ

8月30日によしゆきのブログのサーバーが落ちてしまい、 その復旧作業が完了するまでの間、ブログの更新が遅れてしまいました。 毎週ブログを見てくれている方々、非常に申し訳ありませんでした。 本日から再開することができましたので、当該期間の検証結果を掲載しました。 これからもブログの更新は毎週行っていきますので、見てくだされば幸いです。 どうぞ、よろしくおねがいします。

よしゆき

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

【最新レビュー!!】FX-BACKDRAFTの検証と評価2


↑クリックすると拡大します

こんにちは、よしゆきです。

『FX-BACKDRAFT』の検証レビューをやっていきます。

FX-BACKDRAFTは簡単に紹介するとシグナル配信の商材です。
シグナルは、この商材のツールをMT4に組み込むことでチャート上に表示されます。
チャート上に表示されるシグナルでエントリータイミングとストップの値がはっきりとわかるので、
初心者の方でも簡単に使える商材です。
さらにNOリペイント(再描画なし)だということですが、過去のエントリーポイントを確かめてみても、
かなり正確にエントリーポイントを見極めています。


それでは、さっそくFX-BACKDRAFTの実践結果の報告をしたいと思います。


FX-BACKDRAFT の運用結果
9月12日 - 9月16日

■ドル円:15分足


-13pips
+0pips

合計 +pips

■ユーロドル:15分足


+20pips
+32pips
+27pips


合計 +79pips

▼今週獲得+66pips

▼獲得利益
3万3000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+129pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分

9月12日の24時前に76.97でショートエントリー。
13日の深夜1時前に77.10で損きりし、-13pips。

19日の17時すぎに76.86でロングエントリー。
すぐに同値撤退、+0pips


【ユーロドル】15分


今週のユーロドルは、13日の17時すぎからトレード開始。
1.3614でロングエントリーし、1.3634で利益確定、+20pips。

やや時間が変則的でしたが、
14日の16時すぎに1.3644でロングエントリー。
19時前に1.3676で決済し、+32pips。

16日の22時すぎに1.3790でロングエントリー。
23時に1.3817で決済し、+27pips。


⇒今週の相場。

今週のドル円は、9月12日の朝6時に77.50付近で寄り付きました。
その後月曜日のうちにドルが売られ76.73まで一気に売り込まれます。
しかしその後、13日に77.40付近まで買い戻されますが再びドルの下落。
15日の20時には76.53まで売り込まれ一時急騰するも、結局76.78で引けています。
全体的には上下幅50銭以内の落ち着いた値動きで、トレードを終えています。

今週のユーロドルは、9月12日に、1.3619でギャップダウンで窓を開けて寄り付きます。
その後、1.3497まで月曜日のうちに下落しますが、
一進一退を繰り返しながら週末まで上昇します。
16日には、一時ユーロが1.3933まで買い戻されることになりますが、
週末には1.3788で引けました。
全体としては比較的ユーロが堅調で、買戻し安心感が広がった週になりました。


⇒FX-BACKDRAFT コメントと評価

FX-BACKDRAFTは比較的穏健な立ち上がりとなっています。
ドル円のエントリー数が6。ユーロドルのエントリー数が16。
利益は比較的安定しており、パラメーターの設定なしで、
利益を計上しました。

ユーロドルのエントリー数はちょうどですが、ドル円のエントリー数が少ないです。
はじめは推奨足に従ってトレードを行いたいのですが、あまりに少ない場合は、5分に変更するかもしれません。

ただ、ボラティリティに対するマニュアルの解説が多いため、
やはり値動きのある相場でのエントリー数が増えるので、
今週のドル円のような凪相場はやや厳しいようです。

先週指摘した大きな値動きの兆候でのろうそく足へのサインの点灯ではなく、
大きな値動きの一本目のろうそく足での点灯は、この商材の仕様のようです。

もし、エントリーする足の一本目の終値でサインが点灯しているとすると、
大きな変化の兆候の事前の動きではなく、大きな変化のはじめの動きを
モニターしていることになっています。

ここのところが先々FX-BACKDRAFTでの問題になってくる可能性が高いです。
1ヶ月ほどでトレードスタイルを決めてゆきたいですが、
相場の流れの中で、最後の10本のろうそく足と比較して、
あまりにも長いろうそく足でのエントリーは、控えたほうがよさそうです。

例えば、ドル円で最後の10本の足のレンジの平均が10pipsであるのに、
一番最後についたサイン点灯の根拠になるろうそく足の終値が、20pipsを
超えるような場合です。

また、順張りをして算出根拠となる最後の足の前のろうそく足が、
あまりにも長すぎ、さらに根拠となる足が割りと長めの場合も、
エントリーを控えたほうがよさそうです。


もう一点気になる点は、利益確定の方法です。
FX-BACKDRAFTは、損失確定は明確でかなり合理的な判断をしますが、一方で、
利益確定の方法はそれほど明確に決まっておらず、だいたい20pips以上30pips前後を想定しています。

こちらももう少しルールを決められる余地があり、データをつみたいところですが、
今のところわかっているのは、予想外に利益が大きい場合があるということです。
早く利益確定しすぎており、こちらの問題も注意する必要があります。

FX-BACKDRAFT
http://kuma-hige.com/trade/fxbackdraft-t.html
販売者:合同会社 PATHFINDER 生田智也



↑クリックすると拡大します

タグ

2011年9月28日|コメント (0)

カテゴリー:FX-BACKDRAFTの検証とレビュー

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)