【最新レビュー!!】FX-BACKDRAFTの検証と評価5

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

▼よしゆきブログの読者様へのお知らせ

8月30日によしゆきのブログのサーバーが落ちてしまい、 その復旧作業が完了するまでの間、ブログの更新が遅れてしまいました。 毎週ブログを見てくれている方々、非常に申し訳ありませんでした。 本日から再開することができましたので、当該期間の検証結果を掲載しました。 これからもブログの更新は毎週行っていきますので、見てくだされば幸いです。 どうぞ、よろしくおねがいします。

よしゆき

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

【最新レビュー!!】FX-BACKDRAFTの検証と評価5


↑クリックすると拡大します

こんにちは、よしゆきです。

『FX-BACKDRAFT』の検証レビューをやっていきます。

FX-BACKDRAFTは簡単に紹介するとシグナル配信の商材です。
シグナルは、この商材のツールをMT4に組み込むことでチャート上に表示されます。
チャート上に表示されるシグナルでエントリータイミングとストップの値がはっきりとわかるので、
初心者の方でも簡単に使える商材です。
さらにNOリペイント(再描画なし)だということですが、過去のエントリーポイントを確かめてみても、
かなり正確にエントリーポイントを見極めています。


それでは、さっそくFX-BACKDRAFTの実践結果の報告をしたいと思います。


FX-BACKDRAFT の運用結果
9月26日 - 9月30日

■ドル円:15分足


-7pips
+8pips
+25pips
+20pips
-23pips
-23pips

合計 +0pips

■ユーロドル:15分足


+28pips
-47pips
+26pips
+27pips
+53pips

合計 +87pips

▼今週獲得+87pips

▼獲得利益
4万3500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+116pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分

ドル円は9月26日の20時に76.27でショート。
27日の朝6時前に76.42でショート。
朝7時に両ポジションを76.35で決済し、-7pips、+8pips。

27日の21時30分には76.52でロング。
やや危うい場面を迎えるも値を戻し、
朝方7時に76.76で決済し+25pips。

28日の22時前に76.49でロング。
直ぐに決済できず、翌日の29時の19時前に、
76.69で決済し、+20pips。

30日の0時すぎに76.69でショート。
30日の21時に76.92で損きりし、-23pips。

21時すぎに76.77でショート。
すぐに77.00で損きりし、-23pips。

【ユーロドル】15分

26日の24時前に1.3469でロング。
思いがけず根が伸びて1.3497で決済し、+28pips。

27日の1時すぎに1.3475でショートし、
朝7時に1.3522で損きり、-47pips。


28日の18時に1.3658でロング。
すぐに1.3684で決済し、+26pips。

28日の20時すぎに1.3651でショート。
21時すぎに1.3623で決済し、+27pips。


30日の19すぎに1.3510でショート。
23時すぎに1.3457で決済し、+53pips。


⇒今週の相場。

今週のドル円は、26日月曜日の朝6時に76.46で寄り付きトレード開始。
その後同水準で一進一退の取引。しかし徐々にドルが切りあがり、
28日の朝には76.94まで買い進められます。しかし戻り売りに押され
76.33をつけますが、週末にはドルが再び買い進められ、
結局今週のほぼ最高値の77.10まで戻して取引を終えています。

今週のユーロドルは、26日月曜日6時に1.3521で寄り付きトレード開始。
いきなり1.3415まで0.01pips近い売りを浴びます。
しかし10時に1.3391で底値をつけたあと、一進一退を繰り返しながら、
28日には1.3646まで買い進められます。その後同水準で大きなレンジを形成しますが、1.3644を30日につけたあと、徐々に下落。
結局週末は一方的に売り込まれて1.3391で引けています。


全体として若干の有事のドル買いが復調した週となり、
ドル紙幣の信用力がわずかに見直されています。

⇒FX-BACKDRAFT コメントと評価

今週のFX-BACKDRAFTは、ドル円15分サイン数10本、ユーロドル10本で、
ドル円は大幅回復でユーロドルは6本減っています。


今週の相場は、やはり予想したユーロ相場の反発からのレンジが生じ、
比較的安心した地合となりました。ボラティティは相変わらず高めで、
システムトレードにはよい影響があります。

相場は米国指標に若干の回復が見られますが、引き続きユーロが足を引っ張る展開でしょう。


米国ではFOMCをめぐって経済学の常識をめぐって大きな議論が起こっているようです。日本を除く
先進各国での不良債権比率と規制が今後も大きくなるものと予想され、
疲弊しきった中産階級と製造業を回復するために、
次にくるのは人件費のかかる産業構成となる模様です。

ギリシャの債権を持つ欧州の大手銀行の不良債権化はもう間違いありません。
ユーロはアク抜けするような水準でもないことを考えると、
数年以内に昨今ドルが演じた通貨の急落という自体は免れません。

来週は10月1週目ということで重要指標の発表が1週間にわたって目白押しです。
月曜日のISMなど企業統計は織り込み済みで為替に対する影響は限定的ですが、
5日の全国雇用者数と、6日の新規失業保険申請件数が大きな勝負どころとなるでしょう。
とくに5日の全国雇用者数は注目が大きいです。

ドル円では週間にわたって再びボラティリティの低い1週間になりそうです。指標発表以外は、
取引を見合わせ大きく崩れた相場でエントリーしたいです。一方ユーロドルは、非常に荒れた大きなレンジを形成する可能性が高く、積極的にエントリーします。とくに戻り売りを狙いに行きたい局面です。

FX-BACKDRAFT
http://kuma-hige.com/trade/fxbackdraft-t.html
販売者:合同会社 PATHFINDER 生田智也



↑クリックすると拡大します

タグ

2011年10月 6日|コメント (0)

カテゴリー:FX-BACKDRAFTの検証とレビュー

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)