FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価29

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

▼よしゆきブログの読者様へのお知らせ

8月30日によしゆきのブログのサーバーが落ちてしまい、 その復旧作業が完了するまでの間、ブログの更新が遅れてしまいました。 毎週ブログを見てくれている方々、非常に申し訳ありませんでした。 本日から再開することができましたので、当該期間の検証結果を掲載しました。 これからもブログの更新は毎週行っていきますので、見てくだされば幸いです。 どうぞ、よろしくおねがいします。

よしゆき

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価29

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の
検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
9月12日 - 9月16日

■ドル円:30分足

+14pips
+12pips
+40pips

合計 +66pips

■ユーロドル:15分足


-15pips


■ユーロドル:30分足


トレードなし

合計 -15pips

▼今週獲得+51pips

▼獲得利益
2万6000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+7349pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分

今週のドル円FX-PLUS essentialは、12日月曜日から始まります。
12日の21時すぎにW手法で77.05でショート。

13日の18時に77.02でW手法ショート。
すぐに76.88で決済し、+14pips。

14日の0時に76.91でW手法ショート。
76.79で決済し、+12pips。

15日の朝7時に76.65で決済し、+40pips。

【ユーロドル】15分
14日の20時すぎに1.3741でI手法ロング。
すぐに1.3715で損きりし、-26pips。

【ユーロドル】30分

トレードなし

⇒今週の相場。

今週のドル円は、9月12日の朝6時に77.50付近で寄り付きました。
その後月曜日のうちにドルが売られ76.73まで一気に売り込まれます。
しかしその後、13日に77.40付近まで買い戻されますが再びドルの下落。
15日の20時には76.53まで売り込まれ一時急騰するも、結局76.78で引けています。
全体的には上下幅50銭以内の落ち着いた値動きで、トレードを終えています。

今週のユーロドルは、9月12日に、1.3619でギャップダウンで窓を開けて寄り付きます。
その後、1.3497まで月曜日のうちに下落しますが、
一進一退を繰り返しながら週末まで上昇します。
16日には、一時ユーロが1.3933まで買い戻されることになりますが、
週末には1.3788で引けました。
全体としては比較的ユーロが堅調で、買戻し安心感が広がった週になりました。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUSは、ユーロドルのトレードがなく、15分で小さなI手法の損失を出したことで、
ユーロドルでのマイナスを計上しました。しかしユーロドルとドル円の合計で見ると、
ドル円が比較的堅調だったことから、プラスで終えています。

利益は小幅ですが、ドル円での今週の値動きの小ささを考えるとよいトレードだったといえるでしょう。
しかも週を挟んで持ち越さなかったポジションが、利益のサインを出していたり、
下げ局面では連続したW手法のショートを連発するなど相変わらずの押し目のうまさがあります。

常識的に考えれば利益を計上し続けるEAは、かなりすばらしいものといえるでしょう。

今週は様子見の気配が漂う凪相場で、予想外のユーロ上層がありましたが、
来週以降FOMCという米国経済の大きな不定期イベントがあるため、相場は神経質な値動きをする
可能性が高いです。エントリーは、発表時間帯を特に避けてポジションの調整を行ってゆきたいと
思います。

ユーロ圏は、いったん悲観的な見方が交替しています。先週のECBのドイツ代表の辞任という
ショッキングな動きを鎮静化させて、落ち着きを取り戻したいところですが、
プライマリーバランスの均衡という基本的な問題を先送りしているユーロでは、
やや先行き重い展開が続くものと思われます。

10年20年というスパンで、相場のプレーヤーが変わりつつある雰囲気ができてきており、
これまでとは違った判断を必要とする局面ができつつあるようです。
具体的には、米国やイギリスでの金融機関がリスク資産の運用に慎重になる気配があり、その一方で、
個人や新興国の通貨の介入や動きが活発化する気配があります。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年9月26日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)