検索結果

タグ検索

FX情報商材・自動売買を徹底検証!【FXマイスターよしゆきのブログ】で“結果”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価30

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の
検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
9月26日 - 9月30日

■ドル円:30分足

+0pips


合計 +0pips

■ユーロドル:15分足


+0pips


合計 +0pips

■ユーロドル:30分足


+0pips

合計 +0pips

▼今週獲得+0pips

▼獲得利益
0万000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+7111pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分
トレードなし

【ユーロドル】30分
トレードなし

⇒今週の相場。

今週のドル円は、26日月曜日の朝6時に76.46で寄り付きトレード開始。
その後同水準で一進一退の取引。しかし徐々にドルが切りあがり、
28日の朝には76.94まで買い進められます。しかし戻り売りに押され
76.33をつけますが、週末にはドルが再び買い進められ、
結局今週のほぼ最高値の77.10まで戻して取引を終えています。

今週のユーロドルは、26日月曜日6時に1.3521で寄り付きトレード開始。
いきなり1.3415まで0.01pips近い売りを浴びます。
しかし10時に1.3391で底値をつけたあと、一進一退を繰り返しながら、
28日には1.3646まで買い進められます。その後同水準で大きなレンジを形成しますが、1.3644を30日につけたあと、徐々に下落。
結局週末は一方的に売り込まれて1.3391で引けています。


全体として若干の有事のドル買いが復調した週となり、
ドル紙幣の信用力がわずかに見直されています。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週は実際のトレードを見送っています。週の前半から値動きを観察し、先週の大幅ドローと同じ
エントリーが出ないかどうかを監視しています。

テストした取引内容は以下に記述
ドル円30分

26日6時にULA手法76.52でショート。
12時に76.37で決済し、+15pips。

26日8時にW手法76.48でロング。
これを28日の3時に76.75で決済し、+27pips。

26日16時に76.33でULA手法ロング。
すぐに76.43で決済し+10pips.

20時に76.27でU手法ショート。76.51で損きりし、-24pips。

28日の12時に76.54でU手法ロング。すぐに76.67で決済し+12pips。
15時すぎに76.48でショート。76.37で決済し、+11pips。

30日0時すぎに76.73でULA手法ショート。21時すぎに76.88で損きりし、-15pips。

2時すぎに76.69と76.68でW手法2本。
30日の20時すぎに76.88と76.89で決済し、+19pips、+21pips。

30日の22時すぎに76.76でULA手法ショート。
すぐに76.71で決済し+5pips。

ユーロドル30分

9月27日の15時すぎに1.3568でI手法ロング。
すぐに1.3513で損きり。-55pips。

28日9時すぎに1.3576でUULA手法ショート。
すぐに1.3564で損きり。-12pips。

すぐに1.3561でロング。すぐに損きり-11pips。

28日20時に1.3668でUULA手法ショート。
29日の8時に1.3525で決済し、+143pips。

8時にI手法1.3523でショート。
8時過ぎに1.3520でUULA手法ショート。1.3546で損きりし、-23pips、
1.3561で損きりし、-41pips。

30日の4時に1.3562でUULA手法ショート。
すぐに1.3549で損きりし、-13pips。

30日の11時に1.3563でUULA手法ショート。
1.3551で決済し、+12pips。

1.3514でUULA手法ロング。
1.3484で損きりし、-30pips。

30日の20時に1.3476でI手法ショート。
23じすぎに1.3418で決済し、+58pips。


ドル円については絶好調のFX-PLUS essentialのトレードを取り戻しているものの、ユーロドルについては、やはり不安が残るところです。
大きな140pips以上の利益でカバーしていますが、小幅な損失を繰り返していきます。

一般的にアルゴリズムの定義のはっきりしたEAがやられる場合と言うのは、
相場の様子が大きく変わったときに現れることがあります。
ドル円については、外部環境が大きく変わり引き続きてドル安の流れが、
続きそうですが、ここのところのギリシャショックで、ユーロドルについては、
流れが変わってしまった可能性があります。

保守的に相場を見積もった場合に、ドル円についてはトレードを再開し
ユーロドルについては再び調子を見てゆきたいと思います。

来週は10月の1週目と言うことで、重要指標の発表とりわけ雇用統計と、
ISMの発表があります。この発表はかなり事前予測が低いものになっていますが、
ネガティブサプライズがあると、ドル円ではドルが大きく崩れ、
一方ギリシャでの債務再編に議論が及ぶと、ユーロのヒステリックな売りが再開する
模様です。シストレの基本に沿って、指標発表時はエントリーしないで、
ドル円のトレードを再開します。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年10月 6日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価29

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の
検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
9月12日 - 9月16日

■ドル円:30分足

+14pips
+12pips
+40pips

合計 +66pips

■ユーロドル:15分足


-15pips


■ユーロドル:30分足


トレードなし

合計 -15pips

▼今週獲得+51pips

▼獲得利益
2万6000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+7349pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分

今週のドル円FX-PLUS essentialは、12日月曜日から始まります。
12日の21時すぎにW手法で77.05でショート。

13日の18時に77.02でW手法ショート。
すぐに76.88で決済し、+14pips。

14日の0時に76.91でW手法ショート。
76.79で決済し、+12pips。

15日の朝7時に76.65で決済し、+40pips。

【ユーロドル】15分
14日の20時すぎに1.3741でI手法ロング。
すぐに1.3715で損きりし、-26pips。

【ユーロドル】30分

トレードなし

⇒今週の相場。

今週のドル円は、9月12日の朝6時に77.50付近で寄り付きました。
その後月曜日のうちにドルが売られ76.73まで一気に売り込まれます。
しかしその後、13日に77.40付近まで買い戻されますが再びドルの下落。
15日の20時には76.53まで売り込まれ一時急騰するも、結局76.78で引けています。
全体的には上下幅50銭以内の落ち着いた値動きで、トレードを終えています。

今週のユーロドルは、9月12日に、1.3619でギャップダウンで窓を開けて寄り付きます。
その後、1.3497まで月曜日のうちに下落しますが、
一進一退を繰り返しながら週末まで上昇します。
16日には、一時ユーロが1.3933まで買い戻されることになりますが、
週末には1.3788で引けました。
全体としては比較的ユーロが堅調で、買戻し安心感が広がった週になりました。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUSは、ユーロドルのトレードがなく、15分で小さなI手法の損失を出したことで、
ユーロドルでのマイナスを計上しました。しかしユーロドルとドル円の合計で見ると、
ドル円が比較的堅調だったことから、プラスで終えています。

利益は小幅ですが、ドル円での今週の値動きの小ささを考えるとよいトレードだったといえるでしょう。
しかも週を挟んで持ち越さなかったポジションが、利益のサインを出していたり、
下げ局面では連続したW手法のショートを連発するなど相変わらずの押し目のうまさがあります。

常識的に考えれば利益を計上し続けるEAは、かなりすばらしいものといえるでしょう。

今週は様子見の気配が漂う凪相場で、予想外のユーロ上層がありましたが、
来週以降FOMCという米国経済の大きな不定期イベントがあるため、相場は神経質な値動きをする
可能性が高いです。エントリーは、発表時間帯を特に避けてポジションの調整を行ってゆきたいと
思います。

ユーロ圏は、いったん悲観的な見方が交替しています。先週のECBのドイツ代表の辞任という
ショッキングな動きを鎮静化させて、落ち着きを取り戻したいところですが、
プライマリーバランスの均衡という基本的な問題を先送りしているユーロでは、
やや先行き重い展開が続くものと思われます。

10年20年というスパンで、相場のプレーヤーが変わりつつある雰囲気ができてきており、
これまでとは違った判断を必要とする局面ができつつあるようです。
具体的には、米国やイギリスでの金融機関がリスク資産の運用に慎重になる気配があり、その一方で、
個人や新興国の通貨の介入や動きが活発化する気配があります。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年9月26日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価28


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の
検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
8月29日 - 9月2日

■ドル円:15分足

+7pips
-35pips
+3pips
+19pips
+22pips
+15pips

合計 +31pips

■ユーロドル:15分足

+29pips
+64pips
-26pips

■ユーロドル:30分足


+75pips


合計 +142pips

▼今週獲得+173pips


▼獲得利益
8万6500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+6876pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分

8月30日の深夜1時30分76.93でW手法ショート。
8月30日の18時15分に76.68で再びW手法ショート。
76.61で決済し、+7pips。
夕方17時15分に76.58で損きりし、-35pips。

9月1日17時すぎに76.85でW手法ロング。
すぐに決済し+3pips。
19時すぎに76.93でW手法ロング。
すぐに76.96でW手法ロング。
30分後に77.00でW手法ロング。
23時すぎにすべて77.12で決済し、+19pips、+22pips、+15pips。


【ユーロドル】15分

週の前半はまったくトレードなし。レンジはかなり荒れていたので、意外です。

9月1日の17時すぎに1.4291で直行型I手法でショート。
21時15分に1.4292でW手法ショート。
1.4263で決済し、+29pips。
I手法を24時前に1.4227で決済し+64pips。

2日の18時前に1.4246でW手法ロング。
22時前に逆に進み1.4272で決済し、-26pips。

【ユーロドル】30分

8月30日の24時前に1.4441でショート。
9月1日の7時に1.4366で決済し、+75pips。

週後半はトレード時間にエントリーなし。

⇒今週の相場。

今週のドル円は、月曜日に76.73付近で寄り付きその後一進一退の攻防で、きわめて狭いレンジでの取引となっています。中心レンジは、
76.80付近で9月1日には76.50付近まで売り込まれています。9月1日には、77.22まで買い進められていますが、その後またドルが売られ、76.80で引けています。

今週のユーロドルは、29日の6時に1.4491付近から寄り付きます。その後週の前半は安定した取引でしたが、30日の夕方以降急落し始め、一方的な下げ基調となります。週末には、今週のほぼ最安値水準である1.4196で引け、1ヶ月ぶり安値となっています。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialは、堅調なトレード。ドル円・ユーロドルで利益を削った一方で、
ユーロドルの30分では比較的安定した取引となりました。

ただドル円もユーロドルも、値幅が狭いために利益もリスクも限定された形となっています。

時間外に複数のチャンスがありましたが、一時の深夜と午前中に取引が集中し、
取引がまったく行えない状況とは変わって、時間帯はぴったりと合っています。


相場全体では先行き懸念からリスクヘッジの動きが続いていますが、
ショート筋の動きが活発なために相変わらずFX市場での取引量は増えています。
先日のドル円に続いてユーロドルでも個人投資家が逆張りに動いていますが、
ユーロドルはまだ全体としてユーロ高の水準にあり、
裁量でのユーロ買いには慎重を期したいところです。
今後もFX-PLUS essentialをかなり参照できる指標としてトレードを続けます。

FX-PLUS essentialの1日足には、75.50付近を予想するショートが3つ残っています。
FX-PLUS essentialでは、今後もドルは売られる予想をしており、
ここのところのFX-PLUS essentialのトレードは、アナリスト予想を参考にすると、
75.50を割ってくる日はそう遠くはないと思われます。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年9月 8日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価27


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の
検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
8月22日 - 8月26日

■ドル円:30分足

+8pips
+22pips
-5pips

合計 +25pips

■ユーロドル:15分足


+4pips
+13pips
+37pips


合計 +44pips

▼今週獲得+69pips

▼獲得利益
3万4500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+6478pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分

8月24日の21時に76.53でW手法ショートエントリー。
30分で76.45で決済し、+8pips。

8月25日の17時に77.00でW手法ロングエントリー。
23時すぎに77.22で決済し、+22pips。

23日の深夜1時に77.35ULA手法ショート。
朝7時に77.40で決済し-5pips。

【ユーロドル】15分

8月26日の深夜1時に1.4376でW手法ショート。

26日の17時に1.4432でW手法ロング。

18時前に1.4437でW手法ロング。
1.4441で決済し、+4pips。

1.445で決済し、+13pips。

26日の24時前に1.4339で決済し、+37pips。


⇒今週の相場。

今週のドル円は、76.66付近から始まり、
週の前半は76.50付近で横ばいに推移した後、
24日の20時以降ドルが上昇。
一時77.65まで買われますが、
週末には再び下落して、76.67で引けています。

今週のユーロドルは、月曜日1.4377付近から寄り付きます。
今週は神経質な幅の短いレンジとなり、
23日の20時に1.4495まで買い進められるも、
25日の20時には1.4326まで売られます。
翌日にも同水準まで売り込まれますが、週末には、
1.4497まで買い進められて引けています。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialドル円30分はライトモードで、
サイン数が15本。比較的安定したエントリーでした。
有効なトレードは週の後半に固まっています。

サインの種類はW系とU系の振幅幅の広いエントリーとなっています。

一方FX-PLUS essentialユーロドルは、
小刻みなレンジで利益を増やそうと15分でトライしましたが、
週の前半はトレードがありませんでした。サインは、W系、U系、I系のすべてが出ています。

今週はユーロドルの利益がやや少なかったものの、
安定した利益を出す良好なトレードとなりました。

裁量での週末イベントでかなりの神経質な展開を予想しましたが、
そういった問題も無事回避し通常のシストレとしてトレードを終えたことは、
よかったと思います。

サインの回数が比較的落ち着いている相場では、
FX-PLUS essentialが分析できる相場ということなのでしょう。
W系手法が多いので、FX-PLUS essentialは、
比較的読みにくいレンジを想定しているのでしょうが、
それでも安定していることには変わりがありません。
これまでとまったく同じ手法で、今後も観察を続けます。

来月の初旬からは、雇用統計の発表などイベントが準備されています。
9月2週目以降は再びイベントを回避するための監視を続けて行ってゆきたいです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年9月 5日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価26


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
8月15日 - 8月19日

■ドル円:30分足

+4pips
-10pips

合計 -6pips

■ユーロドル:1時間足

+30pips
+30pips
+27pips

合計 +87pips

▼今週獲得 +81pips

▼獲得利益
4万1000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+6409pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分

8月15日の深夜23時すぎからトレード開始です。76.67でULA手法ロング。
すぐに76.71で決済し、+4pips。

8月18日0時すぎに76.50でULA手法ショート。朝7時に76.60で決済し-10pips。

値幅が少ないために、久しぶりに少ないトレードとなりました。

【ドル円】30分

ドル円は、18日と、19日にサインが出るも、エントリーしたサインはありませんでした。

【ユーロドル】30分

今週は比較的トレードがありません。

トレードは、15日の早朝にW手法のエントリ3本。週末の19日に4本ありますが、
トレード時間外でエントリーできませんでした。

ちなみに、15日のエントリーはすべて、大量損失を出した模様です。

【ユーロドル】1時間

8月15日に1.4299でW手法ロング。
すぐに1.4329で決済し、+30pips。

8月17日17時にUULA手法で1.4391でロング。2時間後に1.4421で決済し、+30pips。

8月19日18時に1.4316でUULA手法ロング。
30分後に1.4343で決済し、+27pips。

⇒今週の相場。
今週のドル円は、8月15日の月曜日に、
76.80付近で寄り付きました。
その後徐々に値を切り下げてゆき、
週末には、歴史上ドル最安値となる、75.92
まで売られ、その後76.50付近まで買い戻されて終えています。

今週のユーロドルは、
月曜日15日の朝6時に1.4269で寄り付き、
その後15日の間に1.4479まで急上昇しますが、その後はレンジの展開となり、
週末の19日の17時には、1.4258まで売られ、深夜に1.4440付近まで買われて、引けました。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週は、週全体を通して比較的トレードが少なかったようです。ドル円は、
週の前半は比較的なだらかなトレードとなり、
週の後半は一転して歴史上ドル最安値をつけて荒れすぎていたのかもしれません。

19日になってひげを伸ばし始めたためか、サインの回数自体は増えましたが、
エントリーにはいたっていません。

ユーロドルも、1.4267から1.4518の比較的レンジ幅の広い取引でしたが、
サインはあまり点滅しませんでした。

ユーロドルの30分では、トレード時間外で出ていた、
足の長いショートの連発がかなりの損失を出していて、
ここ1ヶ月ほど大きな利益を出していたトレードが、
何か変化しつつある兆しかもしれません。

マクロでは動きの大きい歴史的な相場となりましたが、
短期トレードを行う市場参加者にとっては、小休止のような一週間だったのかもしれません。

ここのところの大きな利幅に比べれば小さな利益ですが、満足できる成績だったようです。

今週は、ドル円でドルが史上最安値をつけたことで、
市場心理にはややアク抜け感が漂いそうですが、しばらくはドルの下押し圧力は強く維持されそうです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年8月23日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価25


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
8月8日 - 8月12日

■ドル円:30分足

+27pips
+11pips
+6pips
+7pips
+9pips
+8pips
+14pips
-16pips
+28pips
+34pips
+12pips

合計 +140pips

■ユーロドル:15分足


-31pips
+27pips

■ユーロドル:30分足


+0pips

合計 -4pips

▼今週獲得+136pips

▼獲得利益
6万8000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+6328pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分
8月9日17時30分に77.29でW手法ショート。
77.02で決済し、+27pips。

9日の20時に77.09でULA手法でロング。
すぐに77.20で決済。+11pips。

9日21時に77.20でW手法ショート。
22時30分にも再び77.19でW手法ショート。
更に10日の0時に77.18でULA手法ショート。

朝7時すぎに77.14で決済し、+6pips。+7pips。+9pips。

10日の20時すぎにULAで+8pips獲得。

23時に76.47でULA手法でロング。
11日0時にUULA手法で76.45ショート。

深夜に76.61で決済し、+14pips。-16pips。

11日の18時30分に76.54でUNA手法ロング。
19時30分にW手法で76.58でロング。

朝方7時に76.92で決済し、+28pips。+34pips。

12日21時に76.59でULA手法ロング。
23じに76.71で決済し、+12pips。


【ユーロドル】15分

8月11日1.4164でI手法ショート。
すぐに1.4195で損きり。-31pips。

8月11日17時すぎに1.4240でW手法ロング。
1.4267で決済し、+27pips。


【ユーロドル】30分

トレード時間中にサインが出ませんでした。


⇒今週の相場。

今週のドル円は、8月8日に77.94で寄り付き、
その後一方的に売られる展開となりました。10日の20時には、
再び戦後最高値まで6銭と迫る76.31までドルが売られ同水準で一進一退し、
週末にはやや買い戻されて76.85で引けています。
ドルが一方的に弱い展開が続いており、
足元では日本政府と日銀の介入観測が下支えをする格好です。

今週のユーロドルは、8月8日朝6時に1.4315で寄り付いた後、
南欧諸国国債CDSのスプレッド拡大で神経質な展開。
レンジを形成しました。8日の夜22時に1.4130まで下落、
10日の16時には1.4401まで上昇するも、再び11日の朝8時には、
週間安値同水準まで売られ、週末にはやや買われ1.4297で引けて終えています。
全般的にユーロドルも軟調な神経質な展開が続いています。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialは、ドル円の30分が、猛烈なエントリー回数。。
レビューで記録できたエントリー以外にも、
両建や15分でのエントリーもあったのですが、
エントリーが多すぎてためらわれたために、しなかったようなほどです。
出ないときにはまったくでないで、出るときには両建してまで大量に出るというのは、
相場では必要な判断なのででしょう。チャンスというのは一定ではなく、
来るべきときを待ってしっかり攻めるということなのでしょうか。

そして今週も先週に引き続き、FX-PLUS essentialはかなり堅調。
レビュー後半年の中で、最高の成績を収めている1ヶ月かもしれません。
エントリー回数は最初期の1ヶ月に再び匹敵するほどの回数です。

FX-PLUS essentialは、トレード時間に制約があるものの、
トレード時間であるヨーロッパ時間の開始から、
日本時間の深夜1時くらいまでの間のエントリーは、
原則的にすべて行い裁量によるトレードを一切していません。

その代わり商材による裁量についてのアドバイスや戦略は一切ないのですが、
サインによる完全な自動売買を実現しています[本サイトからはEA版がダウンロードできます]。
自動売買ソフトは、時間がたつ、
つまり半年以上たつと精度が少しづつ落ちてくるのが通常です。
それをプログラムの改良などでまかなうわけですが、継続しないものが多いです。
FX-PLUS essentialはどうなるでしょうか?ここまでの比重に興味深い成果から、
何か期待できる本格的なものがあるかもしれません。

ただし、今週もいくつかの指標発表がありますので、その寸前の時間帯には、
注意をしてエントリーを行ってゆきたいです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年8月16日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価24


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
8月1日 - 8月5日

■ドル円:15分足

-21pips
+5pips

■ドル円:30分足

+52pips
+54pips
+34pips
+45pips

合計 +169pips

■ユーロドル:15分足

+52pips
+54pips
+34pips
+45pips
+61pips
+88pips
+34pips

■ユーロドル:30分足


+78pips


合計 +446pips

▼今週獲得+615pips

▼獲得利益
+30万7500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+6192pips


⇒手法についての解説

【ドル円】15分

週前半は取引なし。
4日の21時30分に79.69でULA手法でロング。
すぐに損きり。79.48で切って、-21pips。

5日の20時すぎにULAでロング。+5pips。

【ドル円30分】

2日の18時過ぎにUULA手法77.32でショート。
すぐに決済。+12pips。

3日の22時に77.05でUULA77.05でショート。
すぐに76.98で決済。+7pips。

5日の20時に78.44でUULAロング。
22時に78.77で決済し、+30pips。

【ユーロドル】15分

今週のユーロドル15分は、週の前半はサイン一切なし。
4日の大きな変動以後、サインが多発し始めます。

4日の20時に1.4251でW手法ショート。
20時45分に、1.4250でW手法ショート。

21時15分に1.4207でI手法ショート。

最初の2本のW手法を、1.4195と1.4196で決済。+52pips。+54pips。

22時に1.4228でW手法ショート。1.4194ですぐに決済。+34pips。

22時30分に1.4162で先のI手法決済。+45pips。

4日の23時にI手法で1.4152でI手法ショート。
5日の0時すぎに1.4179でW手法ショート。

朝7時に、1.4092で両決済し、+61pips。+88pips。

5日の午前中に頻発するもエントリーなし。
5日の21時に1.4150でW手法ロング。
すぐに1.4184で決済。+34pips。

【ユーロドル】30分


ユーロドル30分は、3日の23時に1.4281でW手法ロング。
朝7時に1.4359で決済し、+78pips。

時間が午前中のサインが多く、エントリーできませんでした。


⇒今週の相場。

8月1週目のドル円は、先週末がほぼ4ヶ月ぶりの最安値76.85付近で終了し、
週末に債務上限引き上げがあったことから、月曜日に仲値を77.56で開始しました。ただし戻りは鈍く、
翌日の火曜の深夜には、歴史上最安値に並ぶ、76.25まで売られました。
その後、77.20の低い水準で一進一退後、日本当局による為替介入で、80.24まで、一気に買い戻されました。
しかし長続きせず、78.39まで売られ引けました。

今週のユーロ円は、月曜日に110.96付近から寄り付きます。米国債務引き上げで112.18まで上昇するも、
次第に下げ始め、1日には、108.76まですぐに下落。その後3日まで同水準で一進一退ですが、
4日に日銀の為替介入が入り、一時114.00まで上昇します。しかしその後下落し、5日には、110.36まで下落。
週末には112.00付近まで戻し引けました。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週は、エントリーしたサインがドル円、ユーロドルともほぼすべてプラスで終え、
勝率が95%以上という非常にすばらしいトレードとなっています。

利幅が78pipsとかなり大きいユーロドルのトレードもあります。

今週はドル円15分が、トレード時間とサインが出るタイミングが完全に一致し、
非常に大量のサインでエントリーもしています。
ドル円は、ほとんどがショートサインで利益確定を行っていて、
ドルの下落相場にマッチしたトレード内容となりました。

ユーロドルについては結果は非常に良好でしたが、日中にサインが出た場合に、
マイナスで損きりも多かったために、すべてのサインで成功しているわけではないので、
幸運も手伝っているとみるべきでしょう。

今後の相場の見通しとしては、QE3に注目が集まっています。米国の株式はまだ高く、10000ドル割れを窺う、
下落相場ですが、ドル円については、やや下げ方向のレンジということで、
よくある大相場のあとの気が抜けた相場が続きます。
短期間では値幅の狭いトレードとなるので、FX-PLUS essentialでは、
積極エントリーを行います。

76円を万一割ってくる場合には、介入懸念があるために、トレードを手控えます。
米国の要人は日本時間の22時前後と朝方に発言することが多いので、注意が必要です。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年8月10日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価23


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
7月25日 - 7月29日

■ドル円:15分足

トレードなし

■ドル円:30分足

-4pips
+14pips
-21pips
+6pips
+18pips


合計 +13pips

■ユーロドル:15分足


+20pips


■ユーロドル:30分足


+37pips
+135pips
+40pips
+67pips
+64pips

合計 +343pips

▼今週獲得+376pips

▼獲得利益
18万8000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+5577pips


⇒手法についての解説

【ドル円】15分
今週のドル円15分は、週の広範に4回のI手法のサインがあり、大きく勝ち越したのですが、
取引時間中のトレードにはなりませんでした。

【ドル円】30分

今週のFXPLUS-ESSENTIALドル円30分足は、レンジでの取引で出現するW手法がほとんどです。
下値模索の展開にあわせてか、ほぼすべてでショートサイン。

7月25日21時30分に、78.20でW手法ショート。
朝7時に、78.24で決済し、-4pips。

26日の18時30分に78.05でW手法ショート。
27日の朝7時に77.91で決済し、+14pips。

27日の18時に、77.72でW手法ショート。
28日の0時に77.93で損きりし、-21pips。

28日の19時30分に77.73でW手法ショート。
29日の朝7時に、77.67で決済し、+6pips。

29日の17時30分に77.56でW手法ショート。
29日の21時すぎに77.38で決済し、+18pips。

【ユーロドル】15分
27日22時すぎに、1.4464でW手法ショート。
23時に1.4434で決済し、+20pips。

【ユーロドル】30分

7月26日21時30分に1.4470でW手法ロング。
27日朝7時に1.4507で決済し、+37pips

27日の23時に1.4438でI手法ショート。
0時に1.4305で決済し、+135pips。

その後ショートのW手法が日中に連発。

28日23時30分に、W手法1.4306でショート。
続けて、29日0時すぎに1.4304でショート。

29日18時30分に1.4293でショート。
すぐに1.4253で決済し、+40pips。

19時30分に1.4239で決済し、+67pips。
もう一本も1.4240で決済し、+64pips。


⇒今週の相場。

今週のドル円は、7月25日の朝78.28付近で寄り付いた後、一方向のドル安です。
一時、78.66まで買われる場面がありましたが、
その後下落。週末には4ヶ月ぶりの今週最安値付近で、引けることになり、
4ヶ月ぶり、歴史上ドル円最安値を望む展開です。

今週のユーロドルは、7月25日の6時に1.4390で寄り付き、
27日には一時、1.4533まで上昇します。しかしレンジ相場。
その後は段々に下落し始め、29日の16時には、1.4245まで下落します。
週末にかけて上昇し、1.4380付近で引けています。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週もFX-PLUS essentialは、非常に好調。
やや意外だったのは、見事にすべてショートサインを出した、
ドル円よりも、複雑なチャート展開でサインも不揃いだった
ユーロドルのほうが大きく利益を出したということです。

今週は利益こそ少なかったのですが、ショートを毎日ヨーロッパ時間の中ごろに入れ続ける、
トレードには、驚くものがあります。アルゴリズムに感服した週になりました。

ユーロドルの今週の利益は見事の一言。非常にすばらしいサインだったようです。
利益こそ少なかったものの、ドル円でも判断自体は、かなり正確で、
とても日本の裁量トレーダーではできないこの局面でのショートの連続トレードでした。
短い損きりがなければ、利益をあげ続けたと思います。

今週は、ドル円、ユーロドルとも、W手法のショートが頻発し、
レンジ相場内でのドルの切下がりをどちらも予想していたことになります。

時間内でのトレードの頻度が少なかったのに利益を重ねたことはすばらしいです。

一般に現在市販されているEAやサインは、
雇用などの重要指標発表の日時をインプットしていません。
外部からの取得も可能だし、発表日時が毎月同じなので、
正確なカレンダー機能のある関数などから取得することも可能です。

大きな相場の変調時にエントリーを持っているために偶然利益を出したり損失を
出したりする場合がありますが、偶然を排しテクニカルトレードの質を考えると、
将来的にはイベント回避のためのロジックがあると助かります。

来週は重要指標の発表が続きますが、FX-PLUS essentialでは、
通常通りのトレードを続けます。相場の変調があった場合は、現在のFX-PLUS essential
のロジックに判断を任せることにします。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年8月 2日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価22


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
7月18日 - 7月22日
■ドル円:15分足
+2pips
+4pips
+5pips
+11pips
+13pips

■ドル円:30分足

-24pips
+25pips


合計 +36pips


■ユーロドル:30分足


+59pips
+44pips
+28pips

合計 +131pips

▼今週獲得+167pips

▼獲得利益
8万3500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+5201pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分
7月20日17時に78.81でI手法ショート。
21日朝7時に78.79で決済し、+2pips。

21日23時すぎに78.51でI手法ショート。
22日1時すぎに78.52でW手法ショート。

22日朝7時に78.47で決済し、+4pips。+5pips。

22日22時すぎに78.41でW手法ショート。
23時に78.41でW手法ショート。

24時前に78.30と78.28で決済し、
+11pips。+13pips。


【ドル円】30分

今週のドル円は、週の前半はエントリーなし。
21日以降サインが頻発しだすので、エントリー開始。

7月22日の1時すぎに78.45でUULA手法でロング。

2時に78.58でw手法ショート。

朝6時30分に、深夜の両ポジションを78.31と78.33で決済。-24pips。+25pips。

その後なはぜか日中になるとサイン頻発。12サイン出るもひとつものれず。


【ユーロドル】30分

7月19日21時30分に1.4152のw手法ロングよりトレード開始。
19日23時に1.4211で決済し、+59pips。

21日0時すぎに1.4191でw手法ロング。
1時すぎに1.4197でw手法ロング。

朝7時に1.4235と、1.4225で決済。
+44pips。+28pips。

⇒今週の相場。
今週のドル円は、18日6時に78.98付近で始まり、20日には一時、
79.25までドルが買い上げられる局面があるものの、その後は、一方向のドルの下落。
断続的に切り下がり、金曜日の週末日本時間の23日明け方に、78.40付近で引けました。

ユーロドルは、18日の朝1.4115で寄り付いた後、19日の深夜0時ごろに、
一時1.4020付近まで売られるものの、次第に買い戻されます。21日の夕方には、
ユーロの急落の後、1.4166付近から、1.4371まで一気に上昇し、
ほぼ同じ水準の1.4369付近で引けています。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialは堅調。ドル円ではエントリーと、
相場の変化の大きさの割には利益は少なかったですが、
この相場で多くの個人投資家がドル円のロングで損失を出していることを考えると、
厳格なシストレで利益をつんだことは大きな成果と言えるでしょう。

一方のユーロドルはかなり大きめの利益を上げました。
週の前半にほとんどサインが出ず後半にトレードが集中したことを考えても、
集中した効率のよいトレードができたと思います。

ユーロドルも、裁量では非常に思惑の多い相場ですが、FX-PLUS essential  
などの、裁量が時間の制限以外にないトレードの場合には、
厳格にサインに従ってトレードすることが、こういった場合よいのでしょう。
ルールを徹底することの大切さが改めて意識されます。ユーロドル相場は、
レンジを形成したことで、シストレに有利に働いた面もあります。

FX-PLUS essentialのトレードを見ていると、押し目が非常にうまいと思います。
裁量では、一定のレンジのイメージができてしまうと、値が崩れて動き出した場合に、
どうしても戻る方向にばかりエントリーを賭けることが多い気がします。

しかしよく研究されたインジケーターは、相場の崩れを利用して利益を上げることが多く、
特に大きく崩れた場合に押し目を入れる、
今週のドル円相場の場合には非常に役に立つ道具なのかもしれません。

当然諸刃の剣なので、過信はまた大きな損失につながる原因になりますが。 


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年8月 1日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価21


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果

7月11日 - 7月15日
■ドル円:15分足
+9pips
+19pips
-8pips
+10pips
+11pips

■ドル円:30分足

+59pips
+15pips
+15pips

合計 +130pips

■ユーロドル:15分足

+46pips
+42pips
+179pips
+64pips

■ユーロドル:30分足


-50pips

合計 +281pips

▼今週獲得+411pips

▼獲得利益
20万5500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+5034pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分
7月12日1時過ぎに80.31でI手法ショート。
朝7時に80.22で決済し、+9pips

12日の22時前に79.65でW手法ショート。
23時すぎに79.46で決済し、+19pips。

13日に79.18でI手法ショート。
損きりし、-8pips。

21時にW手法79.25でショート。もう一本W手法79.28でショート。
すぐに79.15と79.17で決済し、+10pips。+11pips。

その後14日の日中に反転してからは、取引なし。

【ドル円】30分
7月12日の22時に79.76でW手法ショート。
13日の朝7時に決済し、79.17で決済し、+59pips。

13日の21時に79.29でW手法ショート。
もう一本を79.26でW手法ショート。
79.14と79.11で決済し、+15pips。+15pips。

【ユーロドル】15分
11日の17時30分に1.4131でI手法ショート。
19時に1.4118にI手法ショート。
20時すぎに1.4085で決済し、+46pips。
続けて1.4076で決済し+42pips。

23時すぎに1.4026でI手法ショート。
12日の17時に1.3847で決済し、+179pips。

13日の18時15分に1.4074でI手法ロング。
24時前に1.4138で決済し、+64pips。


【ユーロドル】30分

7月12日の19時に1.3915でULA手法ショート。
20時30分に1.3963で損きりし、-50pips。


⇒今週の相場。
今週のドル円は、先週末に急落した80.50付近から寄り付きます。
一時ドルが買われるものの、1週間にわたってドルが売り続けれられ、
14日の早朝には一時78.40付近まで売り込まれます。
その後日中に米銀のドル買いで一時79.50付近まで盛り返します。
が週末に再び下落して引けました。

今週のユーロドルは、1.4200付近からギャップダウンをして寄り付きます。
ユーロ売りに歯止めがかからず、12日夜20時ころには一時1.3834付近まで売り込まれます。
しかしその後ユーロが買い戻され、1.4270付近まで回復し、月曜高値を更新。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialは非常に絶好調な取引。
単体の取引としてはこれまでで最高の179pipsの取引をI手法で決めています。
I手法は一方的な流れを予想するサインで、通常あまり出ませんが、
今週は多数出現し、非常に大きなトレードを決めました。

今週は相場の中に懸念材料が多く、
ドル円では先週末の雇用統計を受けて米国経済全般に対する弱気相場が台頭。
ドルが非常に弱く、1週間にわたって大きく売られ続け、
戦後最安値が意識されている状況です。
今月末の債務上限の引き上げに注目が集まっています。

今週、客観的なシステムトレードが非常に大きく利益をもたらしたことで、
裁量とシステムの関係について非常に大きな示唆を与えているようです。

懸念材料の大きいぶれ余地の大きい相場では、積極的にエントリーすべきことと、
勝負の多い相場で儲け、何もない凪相場では手を出さないと言うのも
ひとつの作戦なのかもしれないという教訓を得たようです。

実際に凪相場では、FX-PLUS essentialはまったくサインが出ない場合があり、
そういった傾向は他のEAソフトにもあるのですが、毎週利益を上げることよりは、
大きな相場に狙いを定めるほうが長き目で見た場合のトレードとしては、勝率が上がりそうです。  

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年7月19日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価20


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
7月4日 - 7月8日

■ドル円:15分足

+5pips
-13pips

合計 -8pips

■ユーロドル:30分足

+46pips
+58pips
+29pips
+13pips
+38pips
+102pips

合計 +286pips

▼今週獲得+277pips

▼獲得利益
13万8500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+5034pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分
今週のドル円の30分はまったくトレードなし。サインが出ませんでした。
4日の17時に80.63でULA手法ロング。21時前に80.68で決済し、+5pips。

8日の0時過ぎに81.28でULA手法ショート。すぐに81.15で損きり。-13pips。


【ユーロドル】30分

ユーロドル15分は取引一切なしなので30分に集中。

サイン回数は合計18回。
5日の17時30分に1.4488でW手法、
ショート。6日の0時に1.4442で決済し、+46pips。

6日の朝9時に1.4435でW手法ショート。
17時に1.4377で決済し、+58pips。

7日の17時30分に1.4325でW手法ショート。18時に1.4306でUULA手法でショート。
1.4296で決済し、+29pips。1.493で決済し、+13pips。

20時に一方的なI手法が出現し、1.4276でショート。21時に1.4238で決済し、+38pips。

8日の0時30分に1.4349でUULA手法でショート。8日の19時に1.4247で大きく利益確定し、+102pips。


⇒今週の相場。
今週のドル円は、4日に80円75銭付近で寄り付き、
16時には80.50まで売り込まれるものの次第に上昇しする相場となりました。
5日には、81.15まで買い進められ一時80.80付近まで売り込まれますが、上昇基調は変わらず。
しかし週末8日の21時過ぎの雇用統計の発表で大きく崩れ80.50付近で取引を終えました。

今週のユーロドルは、1.4544付近で寄り付き、その後は一方向のユーロ売り相場。6日には、
ポルトガル国債の格付け4段階下げで売り込まれ1.4292をつけました。
その後大きなレンジを形成しユーロ安に拍車がかかるものの米国雇用統計を受けて買い戻されました。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価
FX-PLUS essentialはかなり好調です。
トレードが少ない時間足を補って、好調なトレードが続く場面が続いています。


FOMCが終了し、明確な宣言を回避しながらも商品価格の上昇によって緩和措置に疑問符を認めざるを得ない状況で、
大国のマクロ政策の方向性には変化の兆しが伺えます。大国の再建にはまだまだ時間がかかりそうです。

今週は、今年も前半戦を終了したことで今後の見通しを再定義するために、
テクニカルトレーダーならではの、チャート形状から今後の為替動向について分析してみたいと思います。

現在のドル円の水準は、95年に阪神淡路大震災の3ヵ月後に起こったドルの急落局面と同じ水準に達しています。
当時の最安値が79.55です。月足でこの20年を見た場合に、
ここ3年ほどは買いサインが出っ放しの状態にあります。しかしドル円のチャートだけでなく、
両国の通貨発行量や物価水準を加味する実効為替レートでのドル円の下限は、60円前後といわれています。
米国はまだインフレ水準にあると言うわけです。

ユーロドルの月足で、2000年1月からのデータを見ると、ユーロは若干の買われすぎ局面です。
ユーロは導入後すぐに、02年にはユーロ円の価値が等価になるパリティを突破し、上昇局面でした。

今週のポルトガルに続く南欧諸国の格下げで、更なる危機が迫っておりユーロの下値模索の局面は、
まだ続くことになりそうです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年7月15日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価19


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
6月27日 - 7月1日

■ドル円:15分足

+13pips
+8pips

■ドル円:30分足

+7pips
+19pips
+10pips
+8pips
+8pips

合計 +74pips

■ユーロドル:15分足

+21pips

■ユーロドル:30分足

+44pips
+30pips

合計 +95pips

▼今週獲得+144pips

▼獲得利益
7万2000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4757pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分

6月30日16時30分ころ、80.40でWALKER手法ショートエントリー。
22時に80.27で決済し、+13pips。

【ドル円】30分
6月27日20時30分に80.72でUULA手法でロング。21時すぎに80.79で決済。+7pips。

7月1日の16時に80.63でULA手法でロング。
16時30分に80.72でUULA手法ロング。
18時30分に80.74でUULA手法ロング。

23時の上昇で、80.82で決済し、+19pips。+10pips。+8pips。

7月1日の20時に80.72でW手法ロング。23時に80.80で決済し+8pips。

【ユーロドル】15分
6月29日の18時45分に1.4386でW手法ロング。すぐに1.4407で決済し、+21pips。

【ユーロドル】30分

6月30日17時30分に1.4484でW手法ロング。1.4528で決済し、+44pips。

7月1日の17時30分に1.4508でW手法ロング。18時に1.4538で決済し+30pips。


⇒今週の相場。
今週のドル円は、月曜日6月27日に
80.28から売られて始まります。
しかしFOMCで波乱なく27日の9時には80.80付近まで急騰。
その後80.80をはさむレンジ20銭程度の展開。29日の深夜にドルが急騰し、
一時81.20付近まで買われる展開になりました。しかしその後は急落。
30日には再び80.25まで売られその後やや戻し、80.78で引けました。

今週のユーロドルは、ここでの警戒を尻目に一本調子の上昇相場です。
6月の27日に1.4125付近で寄り付き、週末の2日の深夜には、1.4530で引けました。
ユーロ相場は一本調子の上昇となりましたが、
FX-PLUS essential は比較的素直に反応しています。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週からFX-PLUS essentialでは、エントリーの時間が合わないことへの対応策として、
複数時間軸でのエントリーを行っています。これまでも15分エントリーを行っていましたが、
最初からトレードの中に組み込んでゆきます。ただし15分では、非常にエントリーが乱立する
時間帯とないときがはっきりしていますので、取引量の多い日本時間の夕方から、
深夜にかけて時間が合うことを期待します。

今週は取引時間軸を増やした影響もあって取引量は増えました。
相変わらずエントリーポイントの数は少なくなく、
ユーロドルの30分ではかなり勝率の高いエントリーが頻発しています。

ここのところのユーロドルの上昇に沿ってか、
ユーロドルでは押し目を入れる強気相場で出るI手法がかなり出て、
レンジで出るW手法と重なるという珍しい展開になりました。

相場は予想通りの一本調子の上昇相場だったので、エントリー回数こそ少ないものの、
利益が乗る展開となりました。

FX-PLUS essentialは、サインの回数の割りに時間が合わないために、
エントリー回数が少ないことが悩みでしたが、勝率がものすごく良いために、
エントリーのロット数を増やすというのも1つの選択肢かもしれません。

ドル円やユーロドルでは月の中盤以降大きなイベントが待ち構えています。
FX-PLUS essentialでの裁量は、スコアを参照してエントリーの可否を決めるので裁量余地は、
少ないのですが、頭に入れておきたいところです。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年7月 7日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価18

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
6月20日 - 6月24日

■ドル円:30分足

+0pips


合計 +0pips

■ユーロドル:15分足


+44pips
+41pips

■ユーロドル:30分足


+27pips

合計 +27pips

▼今週獲得+112pips

▼獲得利益
5万6000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4613pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分

【ユーロドル】30分

6月22日30分に1.4389でW手法ロング。
すぐに1.4416で決済。+27PIPS。

【ユーロドル】15分
25日の0時すぎに1.4197でW手法ショート。
1時すぎに1.4194でW手法ショート。

2時に1.4153で両方決済し、+44PIPS。41PIPS。

⇒今週の相場。

今週のドル円は、6月20日の6時に80.11付近から始まります。前半きわめて少ない値動きで振幅20銭程度。22日には、QE3を恐れ、79.98まで売られますが、徐々に切り上がり、23日には、80.77まで上昇。その後24日には、80.10まで売り込まれますが週末には、80.45で引けています。

今週のユーロドルは、6月20日の6時に1.4277付近での寄付きから開始します。
20日14時に1.4188まで下落するものの、23日にかけ徐々に切り上がり、
その後下落に転じ、23日の20日には、1.4131まで下落します。
その後小高く一進一退。週末には売られ、1.4180で引けています。
一週間の値幅としては、かなり荒れた相場となりました。


⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週も時間がまったく合いません。ドル円についていえば、WALKER系手法が出ているのですが、
深夜、早朝、日中と時間がまったく合わないです。ユーロドル30分についてもU系の水色の手法が出ていて、
短期逆張りのチャンスが多いのですが、ドル円と同じ時間帯に出ます。

15分では、ユーロドルで週末W系手法が乱発し、その勢いに乗って深夜にトレードをしたところ、
短期で比較的安定した利益を出しました。ユーロドルは週末の動きがわからなかったので、
ラッキーだったのでしょう。

ただし先週のようなマイナスで終わったわけではなく、しっかりと利益を出したので、
結果についてはよかったのでしょう。ただしこういったトレードが来週も続き、夕方17時から、
24時の間に時間が合わなかった場合、インジケーターをやめてEAでの売買を考えてゆきたいです。

相場は、QE3が終了したことで、ドル円ではしばらく方向を欠いた狭い範囲でのレンジが
起こると予想されます。ドルが大きく売り越される局面は終わっているものの、米国経済と、
日本の財政再建の時期をめぐって憶測が飛び交いそうです。米国指標では、雇用統計と、
米国債務の上限引き上げを議会で決定する時期が重要です。

連邦債務の引き上げは一見ドルとってマイナスのようですが、値動きはニュートラルを予想します。
一方のユーロドルでは、ユーロ圏の南北問題がユーロ通貨の構造的問題になりつつあります。
今後も大きな振幅が予想されます。

ドル円ではトレンド方向はニュートラルの、頻度の高いエントリーを。
ユーロドルでは、レンジを想定した深く慎重なエントリーを狙っていきたいです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年6月28日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

【最新レビュー!!】FX革命の実践と検証5


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します


こんにちは、よしゆきです。

今回から、『FX革命』の検証レビューを始めていきます。

この商材では、『恋スキャFX』や『乱獲FX』でもおなじみの
「FX-jin」さんのロジックが扱われているので、期待できそうですね。
また、価格も他のFX商材と比べ段違いにお手ごろですので、導入しやすい商材だと思います。

それでは、さっそくFX革命の実践結果の報告をしたいと思います。


▼FX革命実績

6月7日-6月23日

6/7 ±0pips
6/8 ±0pips
6/9 +43pips
6/10 ±0pips
6/13 -14pips
6/14 ±0pips
6/15 +78pips
6/16 -20pips
6/17 ±0pips
6/20 +65pips
6/21 ±0pips
6/22 +82pips
6/23 ±0pips

▼勝率
84.6%

6月の合計獲得pips
+335pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

■FX革命についてのコメントと評価
FX革命の検証第5弾です。
前回の報告に比べ少しだけマイナスがついてしまった結果となりました。
でも微々たるものですね。
小さな負けは、大きく勝つ前に助走をつけるイメージだとよしゆきは考えるようにしてますよ。

FX革命はスイングトレードですが、しっかりストップは設定してますので大きく負ける恐れはありません。
コツさえつかめばFXは安心してトレードできるものです。
よしゆきはリスクをいかに小さく抑えられるか、それが勝つコツだと考えています。
「勝つための自分のルール」を徹底させられる人がトレードで勝てるのではないでしょうか。

ではまた結果を報告していきたいと思います。

FX革命
http://ctwpromotion.s3.amazonaws.com/fx/kakumei/index.html
販売者:株式会社Catch the Web 横山直広


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価17

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
6月6日 - 6月10日

■ドル円:30分足

+6pips
+0pips
+7pips
+0pips


合計 +13pips

■ユーロドル:30分足


-41pips
-39pips
-34pips
+34pips
+52pips
+39pips


合計 +11pips

▼今週獲得+24pips

▼獲得利益
1万2000円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4501pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分
今週のFXPLUS-essentialドル円は30分足中心のトレード。
15分を時々見ています。

6日の21時に80.12でUna手法でロング。30分もたたないうちに、
80.18で決済。+6pips。

6日の23時にUna手法で80.11でショート。
7日にサインどおりの決 済ができなかったので同値撤退。+0pips。

8日の16時30分に79.84でUna手法でショート。8日の19時30分に
79.77で決済でき+7pips。

今週のドル円は、相場が小幅なレンジに入ってしまったために、
小さな逆張りをねらうUna手法ばかりが連発しました。


【ユーロドル】30分

ユーロドルは、6月6日の17時30分にWalker手法で1.4632でロングエントリー。
朝7時に損切サインが出続けていたので、1.4591で損切。
-41pips。

6月7日の23時には23時に1.4650でWalker手法でロング。
8日の22時に1.4611で大きく損切し、-39pips。

9日の7時に1.4590でWalker手法でショート。
9日の17時に1.4624で損切し、-34pips。

10日8時に1.4523でWalker手法でショート。
16時30分にサインが出ていたので、1.4489で決済。+34pips。

10日の18時に1.4489でWalker手法でショート。
続けて21時に1.4476でWalker手法でショート。
22時30分に1.4437で決済し、+52pips。+39pips。

⇒今週の相場。
今週のドル円は、6月6日に80.20付近で寄り付きました。
週の前半はきわめて狭いレンジで80.25-97.90付近で推移しましたが、
8日の朝に若干崩れ79.65付近まで売り込まれました。
その後徐々にドルが切り返し、週末の日本時間11日の朝には、80.24で引けています。
ドル円は雇用統計の発表以後、思惑で売り買いされるレンジが続いており、
値幅の少ない取引となっています。

今週のユーロドルは、1.4615付近で寄り付き、週の前半は高値圏で推移し、
6月8日には一時1.4700の水準でした。しかし週後半になって暴落し1.4341付近まで大きく売られ、
週間でのほぼ最安値で引けました。5月2日ぶりの大幅下落で、ユーロの価値が、
再び大きく目減りしています。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週のFX-PLUS essentialはマイナスではなかったものの、取引が非常に少ないです。
今週はドル円は相場の変動が少なかっただけでなく日中の東京市場で動く時間が長く、
サインを捕まえることができませんでした。

ユーロドルではサインの量は平均的でしたがユーロの大幅下落を読み間違っているようです。
特に週の前半に高値圏でのロングを採り続けたことが利益を削った原因です。

FX-PLUS essentialには、i手法[サイン色赤]という順張り手法がありますが、
出る頻度はかなり少ないです。今年度まだドル円とユーロドルの短めの時間軸では、
10回出現していないでしょう。その一方でU系手法といわれる逆張りを、相場の谷底や山央で
入れることがありこれが利益と損失に結びつくことが多いです。今週はその失敗が、
原因でしょう。 

今週のドル円は下値模索の悲観の一辺倒だったといえます。
米国には不況の不吉な影が近づいてきていると多くの人が考えています。

注目は次のQE3で量的緩和の拡大か現状維持かが焦点です。
最近の調査では維持の予想が多く変化の兆しが見えます。

シストレにとっては一般的に裁量などの材料は、副次的なものでしかありませんが、
QE3の発表では、相場が大きく動く可能性があり注意が必要です。
一般的に材料の多い相場では、シストレは相場の急変で損失を被ることが5割を超えているので、
エントリーは、発表時間帯の23時を回避したほうがよさそうです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年6月14日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

「恋スキャFX」検証と評価19


↑クリックすると拡大します


▼恋スキャFX実績
5月23日-5月31日

5/23 +24pips
5/24 +15pips
5/25 +41pips
5/26 -12pips
5/27 +40pips
5/30 +10pips
5/31 +21pips

▼勝率
83.3%

合計
+139pips
+15万7209円

▼5月の獲得利益
+388pips
+43万1856円

6月1日-6月6日

6/1 +23pips
6/2 -15pips
6/3 +6pips
6/4 +57pips
6/5 +46pips
6/6 +5pips

▼勝率
83.3%
 
合計
+122pips
+13万7982円

▼6月の獲得利益
+122pips
+13万7982円

■通算獲得利益(2010年11月25から)

+2281pips
+402万9104円
※スキャルピングのため、ロット数は状況に合わせて変えています。

■恋スキャFXについてのコメントと評価
スキャルピングは一度の取引でとれるpips数が他のトレードスタイルよりもかなり低いので、
最終的に利益を出せる商材かどうかの重要な決め手は『資金管理』です。

ロット数を調整して、自身が許容できる範囲内でトレードすることが何よりも大切です。
トレードすることで大きなレバレッジをかけても安全にFXが出来ると考えています。
その点で資金管理にもフォーカスしている恋スキャは勝つための学習が最短で出来る商材だと言えるでしょう。

ロジックにばかりフォーカスしている教材が多い中、安定的なFX投資を教えてくれる恋スキャFXは魅力的だと思います。

たとえ何度も勝ち続けていても、経済に大きく打撃を与えるような事態が起こった場合、
取り返しがつかないような損失を、たった一度で出してしまう可能性は大いにあります。
その1回を防ぐための「資金管理」です。
100回損切りを行い、1回がその経済危機のタイミングだった場合、
資金管理方法を知っているか知っていないかで、トータルでの勝ち負けが変わってきます。

トータルで学べる恋スキャFXはお勧めです。

恋スキャFX
http://koisca-fx.com/
販売者:クロスリテイリング株式会社 山口孝志


↑クリックすると拡大します

タグ

【最新レビュー!!】FX革命の実践と検証4

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します


こんにちは、よしゆきです。

今回から、『FX革命』の検証レビューを始めていきます。

この商材では、『恋スキャFX』や『乱獲FX』でもおなじみの
「FX-jin」さんのロジックが扱われているので、期待できそうですね。
また、価格も他のFX商材と比べ段違いにお手ごろですので、導入しやすい商材だと思います。

それでは、さっそくFX革命の実践結果の報告をしたいと思います。


▼FX革命実績

5月23日-5月31日

5/23 ±0pips
5/24 ±0pips
5/25 +38pips
5/26 ±0pips
5/27 +33pips
5/30 ±0pips
5/31 +82pips

勝率
100%

5月の合計獲得pips
+435pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

6月1日-6月6日

6/1 +16pips
6/2 -28pips
6/3 ±0pips
6/4 +67pips
6/5 +46pips
6/6 ±0pips
 
▼勝率
83.3%

6月の合計獲得pips
+101pips

※0.1ロットから0.5ロットの間で調節しています。

■FX革命についてのコメントと評価
FX革命の検証第4弾です。
革命ロジック順調ですね。本来ならスイングトレードだと大きく損失を出してしまうことが怖いのですが、
革命ロジックだと負けることがほとんどありません。
その理由は詳しくは商材をみていただきたいのですが、あえて言うならFX革命は
「転んでもただでは起きないロジック」だと言っておきましょう。
ぜひ、負けず嫌いの方にはこのロジックを極めてもらいたいですね。

ではまた結果を報告していきたいと思います。

FX革命
http://ctwpromotion.s3.amazonaws.com/fx/kakumei/index.html
販売者:株式会社Catch the Web 横山直広


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価16

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
5月30日 - 6月3日

■ドル円:30分足

+0pips
-18pips
-26pips
+33pips
+17pips
+14pips
+23pips
+15pips
+21pips

合計 +79pips

■ユーロドル:30分足


+16pips
-16pips
+24pips
+47pips
+63pips

合計 +134pips

▼今週獲得+211pips

▼獲得利益
10万5500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4477pips


⇒手法についての解説
【ドル円】30分

ドル円30分足エントリー。
ちなみに終わってみると15分足ではほとんどサインが出ませんでした。

30分も週の前半サイン少なめ。
30日16時前にW手法ショートが出ますが、エントリーせず。

5月31日17時30分に81.49でuha手法ショート。

21時30分に81.58でuha手法ロング。
22時30分に81.44でW手法ロング。

21時30分のを81.40で損きりし、-18pips。22時のを81.18で損きりして、
-26pips。
17時30分のuhaを81.16で手閉まって、+33pips。

6月2日の16時30分を80.93でW手法ショート。18時30分にも80.90でW手法ショート。
19時30分に両方80.76で決済し、+17pips。+14pips。

23時に80.90でW手法ショート。
3日の1時すぎに80.82でuha手法ショート。17時に80.67で決済し、+23pips。
+15pips。

週末には21時30分に80.60でW手法ショート。すぐに80.39で決済。+21pips。


【ユーロドル】30分

ユーロドル30分足エントリー。
5月30日20時に1.4284でW手法エントリー。翌朝7時に1.4301で決済+16pips。

5月31日の20時に1.4405でUulaで
ロング。すぐに逆に進み、1.4389で決済。-16pips。

21時30分に1.4391でUulaロング。
後に引きます。6月1日の7時に1.4415で決済。+24pips。

6月1日20時に1.4396でUulaロング。
2日の0時に1.4443で決済。+47pips。

3日の1時30分に1.4433でWロング。
2時30分に1.4496で決済し、+63pips。


⇒今週の相場。
ドル円は30日月曜日80.82付近で寄り付きま した。
31日にはドルが一時急騰し80.87付近から 81.72まで買い進められました。
しかしその後週末にかけて雇用統計の悪化 を受けて一方的なドル売り基調。
金曜日の失業率と新規雇用発表を受けて下落し80.00まで売り込まれました。
その後やや戻して80.18で引けています。

ユーロドルは30日月曜日に1.4280付近で寄り付き、31日の午前中まで
同水準にとどまりますが、その後一方的なユーロ高基調となりました。
6月2日には一時1.4317まで売り込まれますが、再び買い越され
日本時間の早朝4日には1.4329付近で引けました。
ユーロドルは大方の予想に反して大きく買い込まれている理由は、
ECBがIMFの代わりに本格的な介入を考えていることです。
ギリシャの財政支援のうわさが引き続き材料視される模様です。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

インジケーターをEAなど自動売買にするためには、iCustom関数です。
iCustom関数は、インジケーターファルダにあるインジケーターを呼び出して、
値を格納するのだそうです。

インジケーターにはサインを出すものやラインを引くものや、バーチャートを出すものや
スクリプトに近い動きをするものがありますが、サインを出すもののほうが導入が簡単です。

FX-PLUS essentialの場合下となるようです。
iCustom(NULL,TimeFrame,"essential",SPREAD,MINPIPS,SCOUNT,DAY_START,DAY_END,TIME_START,
TIME_END,LIGHT_MODE,REAL_MODE,REACH_SOUND,ENTRY_SOUND,REACH_MAIL,ENTRY_MAIL,MAIL_ADDRESS,
MAIL_SMTP,IMAGE_ATTACHMENT,SP_OCO,SP_ENTRY,SINGLE_MODE,2,0);

この関数は、ただインジケーターからサインを取り出して自動売買のEAにプログラムを渡すものというより、
もっと基本的なもののようです。他のEAを利用するとわかるのですが、
EAは必ずしも、チャート上で目に見えるラインを描いたりエントリーサインを表示したりしません。
これをするのはインジケーターの役割か、
EAの中にそういった明示的なプログラムを組み込む必要があります。
先に作ったインジケーターをEAにする場合、一般的に使われるのです。これを使うと、
複数のEAを使って別の判断ロジックを作ることが出来るのかもしれません。


しかしFX-PLUS essential の販売元の
http://www.realsite.jp/blog/category/fx-plus-essential/では、
essentialというインジケーターを11年4月22日にEAに改良するバージョンを
出していました。必要なところは改良されてゆくということでしょうか。

http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年6月 7日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価15

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
5月16日 - 5月20日

■ドル円:15分足

-10pips
+29pips
+12pips
-7pips
+14pips
-10pips
+7pips
+8pips
+49pips

合計 +92pips


■ユーロドル:30分足

+6pips
-24pips
+75pips

合計 +57pips

▼今週獲得+149pips

▼獲得利益
7万4500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4230pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分
今週は7月17日火曜からトレード開始。
しかし序盤はチャンスなし。

18日の1時すぎに81.31でUulaでショートエントリーするも、2時すぎに81.41で損切り。-10pips。

18日の朝にUulaでショートを狙いますが、
今週から取り入れたスコアを参照すると勝率が5分なのでいったん見送り。

19日の深夜1時にUula手法で81.38でロング。翌朝7時に81.67で決済、+29pips。

ちなみにここまでトレード可能時間帯で、2本のUulaの見送り。

19日23時すぎに81.82で待っていたUnaのショート。ちなみにここでのUnaの勝率は、
6割6分なので積極的に捕まえます。すぐに81.70で決済、+12pips。

20日に入って81.73でUnaのショート。しかし翌朝7時に81.66で決済し、-7pips。

深夜にサインが大量に出ていましたが見送り。

20日の16時すぎに81.72でUnaのショート。17時に81.58で決済し、+14pips。

18時15分に81.55でUnaのロング。81.45で損切り。-10pips。

19時30分に81.52でUnaのロング。続けて21時30分に81.65でUnaのロング。81.72で決済し+7pips。

20日の23時に81.70でUula手法でロング。81.78で利益確定。+8pips。

23時15分に19時30分のロングを81.01で利益確定+49pips。

【ユーロドル】30分

18日17時30分に1.4241でWALKERでショート。

20時に1.4241でUulaでロング。1.4235で決済し、+6pips。

先のWALKERを22時30分に1.4217で-24pips。

19日22時30分に1.4238でUulaでロング。20日の1時すぎに1.4303で決済。+75pips。


⇒今週の相場。
月曜日16日80.83で寄り付き、翌日17日には若干下げ80.66をつけますが、すぐに急上昇。
19日には82.17まで一時買われる局面がありました。
週末にはよくない材料が出たものの比較的堅調で81.67で引けています 。
ドルは、5月5日の79.50以降ほぼ一本調子のドル高局面にあり、
ドルが3週間連続で上昇しました。ドル高基調といわれていますが、
FOMC前で材料が乏しいので、シストレで積極的な利益を狙いたいです。


一方ユーロドルは、週末に大幅に崩れています。
週の前半16日に1.4065付近で寄り付き週末まで順調に上昇を続け、
1.4355まで買い戻されました。しかしその後急落。結局1.4160で引けています。
ユーロドルは週明け以降再び荒い展開が予想されます。
スコアを慎重に見てエントリーに臨みたいです。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週から最近のトレードの蓄積から、トレードの前に手法別スコアを参照しています。
スコアというのはFX-PLUS essentialの固有の指標で、
ここ数十回のトレードの勝率を示しており、裁量エントリーでの指標にするものです。

FX-PLUS essentialでは、同じ時間軸での特定の時間、
たとえば30分足の今週前半などのまとまりで同じ指標が連続することがあります。
それは当たり前で、相場の局面をよんでいるので短期レンジだと思えば、WALKERが出て、
逆張りだと思えばU系の手法が出ているわけですので、それはそれでいいのです。

今週は中心に見ていたドル円15分とユーロドル30分では、
特にU系手法の大きめの反発を狙うUulaでは大きな差があり、ドル円では高い勝率を、
一方のユーロドルではかなりの負け越しが続いています。 
そういった場合にはやはりエントリーに躊躇するのがよくわかりました。

今週はサイン自体はかなりよく出ていたのですが、相場の動きのタイミングのためか、
エントリーサインが1点で出るためか、入れるタイミングが少なく苦労しています。
日中と深夜にかなり頻繁に出てユーロドルではかなりのチャンスを逃しています。
もう少し慣れてきたら時間軸をさらに切り替えてゆきたいのですが、
相場の大きな流れを見落としそうでやや危ぶまれるところです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年5月31日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価

FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)の検証と評価14

bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです

「FX-plus 2.0 essential(エフエックスプラス・バージョン2.0・エッセンシャル)」の検証レビューです。
テクニカル分析を基本とした裁量商材です。
それでは、早速検証結果を報告していきます。

FX-PLUS essential の実践運用結果
5月16日 - 5月20日

■ドル円:15分足

-10pips
+29pips
+12pips
-7pips
+14pips
-10pips
+7pips
+8pips
+49pips

合計 +92pips


■ユーロドル:30分足

+6pips
-24pips
+75pips

合計 +57pips

▼今週獲得+149pips

▼獲得利益
7万4500円

※各トレードにつき0.5ロット運用

▼開始後獲得pips
+4230pips


⇒手法についての解説
【ドル円】15分
今週は7月17日火曜からトレード開始。
しかし序盤はチャンスなし。

18日の1時すぎに81.31でUulaでショートエントリーするも、2時すぎに81.41で損切り。-10pips。

18日の朝にUulaでショートを狙いますが、
今週から取り入れたスコアを参照すると勝率が5分なのでいったん見送り。

19日の深夜1時にUula手法で81.38でロング。翌朝7時に81.67で決済、+29pips。

ちなみのここまでトレード可能時間帯で、2本のUulaの見送り。

19日23時すぎに81.82で待っていたUnaのショート。ちなみにここでのUnaの勝率は、
6割6分なので積極的に捕まえます。すぐに81.70で決済、+12pips。

20日に入って81.73でUnaのショート。しかし翌朝7時に81.66で決済し、-7pips。

深夜にサインが大量に出ていましたが見送り。

20日の16時すぎに81.72でUnaのショート。17時に81.58で決済し、+14pips。

18時15分に81.55でUnaのロング。81.45で損切り。-10pips。

19時30分に81.52でUnaのロング。続けて21時30分に81.65でUnaのロング。81.72で決済し+7pips。

20日の23時に81.70でUula手法でロング。81.78で利益確定。+8pips。

23時15分に19時30分のロングを81.01で利益確定+49pips。

【ユーロドル】30分

18日17時30分に1.4241でWALKERでショート。

20時に1.4241でUulaでロング。1.4235で決済し、+6pips。

先のWALKERを22時30分に1.4217で-24pips。

19日22時30分に1.4238でUulaでロング。20日の1時すぎに1.4303で決済。+75pips。


⇒今週の相場。
月曜日16日80.83で寄り付き、翌日17日には若干下げ80.66をつけますが、すぐに急上昇。
19日には82.17まで一時買われる局面がありました。
週末にはよくない材料が出たものの比較的堅調で81.67で引けています 。
ドルは、5月5日の79.50以降ほぼ一本調子のドル高局面にあり、
ドルが3週間連続で上昇しました。ドル高基調といわれていますが、
FOMC前で材料が乏しいので、シストレで積極的な利益を狙いたいです。


一方ユーロドルは、週末に大幅に崩れています。
週の前半16日に1.4065付近で寄り付き週末まで順調に上昇を続け、
1.4355まで買い戻されました。しかしその後急落。結局1.4160で引けています。
ユーロドルは週明け以降再び荒い展開が予想されます。
スコアを慎重に見てエントリーに臨みたいです。

⇒FX-PLUS essential コメントと評価

今週から最近のトレードの蓄積から、トレードの前に手法別スコアを参照しています。
スコアというのはFX-PLUS essentialの固有の指標で、
ここ数十回のトレードの勝率を示しており、裁量エントリーでの指標にするものです。

FX-PLUS essentialでは、同じ時間軸での特定の時間、
たとえば30分足の今週前半などのまとまりで同じ指標が連続することがあります。
それは当たり前で、相場の局面をよんでいるので短期レンジだと思えば、WALKERが出て、
逆張りだと思えばU系の手法が出ているわけですので、それはそれでいいのです。

今週は中心に見ていたドル円15分とユーロドル30分では、
特にU系手法の大きめの反発を狙うUulaでは大きな差があり、ドル円では高い勝率を、
一方のユーロドルではかなりの負け越しが続いています。 
そういった場合にはやはりエントリーに躊躇するのがよくわかりました。

今週はサイン自体はかなりよく出ていたのですが、相場の動きのタイミングのためか、
エントリーサインが1点で出るためか、入れるタイミングが少なく苦労しています。
日中と深夜にかなり頻繁に出てユーロドルではかなりのチャンスを逃しています。
もう少し慣れてきたら時間軸をさらに切り替えてゆきたいのですが、
相場の大きな流れを見落としそうでやや危ぶまれるところです。


http://www.realsite.jp/
販売者:リアルサイト  西平さとし


bunn012.gif
↑クリックすると拡大します

タグ

2011年5月24日|コメント (0)

カテゴリー:FX-Plusの検証とレビュー・評価