旋風FXの検証とレビュー・評価

FX情報商材・自動売買を徹底検証!

☆よしゆきが今一番オススメする自動売買システム☆

FXコレクションズ~1873種類の自動売買システムを使って出来るほったらかしの資産運用~

Fコレは、今もよしゆきが実践して資産を増やし続けているサービスです。
約2000種類の自動売買が無料で使い放題!
ゲーム性のある資産運用でとても面白いですよ。

▼よしゆきの「FXコレクションズ」総合評価
おススメ度★★★★★
安定度★★★★★
分かりやすさ★★★★☆
サポート体制★★★★★+★(丁寧で迅速!登録会員はずーっと無料です)

FXコレクションズの検証レビューはコチラ>>>

こんにちは、よしゆきです。
このブログでは、FXの情報商材・シグナル配信・自動売買のレビューを掲載、毎日更新しています。

応援してくださる方は、それぞれを「ポチッ」っとお願いいたします。

ブログランキング【くつろぐ】 ブログ為替レート 人気ブログランキングへ ランキングへ

☆よしゆきのシークレットメルマガ配信中☆new!!
定期配信日:隔週火曜日
※よしゆきが手に入れた最新情報を臨時で配信することもありますので、お見逃しなく。

よしゆきは、FXを資産運用のひとつの形として活用しています。
ブログでは伝えきれない情報や、
最新FX商材の先行レビュー、よしゆきのお勧めFX商材ランキングなど、
メルマガ登録者さんにだけ、お届けします。

ご興味のある方だけのご登録でお願いします。

名前(必須)
メールアドレス(必須)
↑「名前」と「メールアドレス」を入力したらこのボタンをクリック!!

旋風FXの検証と評価10


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

■旋風FXの実践検証結果

11/26 - 12/2

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.3296(ショート) →1.3271 決済 +25pips
・1.2973(ロング) →1.3000 決済 +27pips

今週は先週から欧州債務問題から東アジア地政学リスクなどもあいまってユーロが
一方的に弱いトレンドを継続しています。

そして先日の指標でアメリカの住宅販売制約指数が予想に反して上昇を示したことから
地政学リスクとして買われていたドルがリスクマネーに流れたことから
ドルが売られる展開になっています。
金、資源通貨がやや高いですね。

日足で見るとユーロ上昇トレンドは終わり下りトレンドに転換、維持しています。
一目均衡表では雲を上にトレンド維持しています。
MACDでは順調に下りの流れをあらわしています。
まだ反転の兆しはありません。
RSIでは短期線が30をきったところでいったん反発しており、
まだレンド転換にはいたっていません。

12/2のECBトリシエ総裁の会見がありました。
現状の資金供給措置について2011年の第1四半期まで行うことを決めました。
これはソブリンリスクが高くなると銀行が
銀行間取引で資金を取りにくくなることへの対処と思われます。

ただ、これで中央銀行が必要額を調達できなかった場合は危険が伴いますが・・・

素直にインジケーターどおりに動かしても
損切の幅が小さいと喰われてしまうことが多いと思います。
数日間のボラティリティを見てトレードしたいところです。
シンプルな裁量トレードとはいえ、リアルタイムでのトレード判断は難しい部分もあります。
理屈ではなく、実践者のことも考えた商材が増えていってほしいものです。
裁量商材も資金管理やリアルタイムでの判断を教えてもらえるものはまだまだ少ないようです。

■今週の結果
+52pips

■総獲得pips
+507pips

引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年12月 3日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価9


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

■旋風FXの実践検証結果

11/12 - 11/18

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.3470(ロング) →1.3494 決済 +29pips

今週はアイルランドの赤字問題から大きくユーロが売られる展開となっています。
そのためボラティリティは高く短期売買ではだましに会いやすくなっています。

日足で見るとユーロ上昇トレンドを維持しています。
安値を結んだトレンドラインが抵抗線となっているのは変わらないのですが、
逆に上値を結んだ線との距離が遠いため
ボラティリティの高さはすさまじいものがあることを示唆しています。

一目均衡表では分厚い雲に突入しています。
RSI,MACDともにくだりの様相を示しているのでユーロ安には注意が必要です。

債務懸念なども一服しているためリスク思考が交代し日本円が売られているようです。
また世界的に株が上がっていることもあり、リスク資産にお金が流れていますね。
10時間連続陰線などの値動きの仕方があるので時間足などでのトレードがやや難しいですね。

時間さえしっかり取れれば、SOなどのインジケーターは優秀なので
5分足あたりでスキャルピングを狙っていくのがこの商材の理想形なのかも知れないですね。

そう考えると与えられた時間で短期売買したい人にはお勧めな商材です。


■今週の結果
+29pips

■総獲得pips
+489pips

引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年11月19日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価8


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

11/5 - 11/11

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.4082(ショート) →1.3971 決済 +109pips

先週の高値を頂点として今週は少しずつドルが強くなっていきましたね。
というよりはアイルランドの債務懸念からユーロが弱くなっていったとみるべきでしょうか

5分足ではかなりの安定感となるのがSOというインジケーターです。
日本時間は1時間足、欧州時間以降は5分足とうまく使い分けるといいかもしれません。

トレードしていて、楽しいですね。
精神的に楽にトレードできるというのはかなり大きいと思います。
トレードにストレスを感じているなら旋風FXはオススメです。

アレンジ出来る部分も多いので使い勝手が良いですね。

日足で見るとユーロ上昇トレンドを維持しています。
安値を結んだトレンドラインが低口線となっています。

高値を結んだトレンドラインはかなりの角度をつけているので
ややオーバーシュートの部分もあったのかもしれません。

MACD、RSIともに下りトレンドに転換しています。
しばらくは調整のユーロ下げの展開となりそうです。

その流れを受けるように、アイルランドの金融機関融資損失が推計9.6兆円といった額に上るため依然としてヨーロッパの債務懸念は消えていません。
場合によっては今度はユーロが一方的に売られる展開になる可能性も否定できなくなってきましたね。

その際にリスク回避先としてドルが選ばれるか、
円が選ばれるかでトレードの銘柄が変わってきます。

トレードのための時間が長く取れるのであれば5分足もしくは
1時間足でトレードをするのにお勧めな商材ですね。

■今週の結果
+109pips

■総獲得pips
+460pips

引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。

旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年11月14日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価7


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

■旋風-FXの実践検証結果

10/28 - 11/4

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.3960(ロング) →1.4031 決済 +71pips

一方的に動いているためなかなかトレードのタイミングがつかみづらいですね。

ドル安の流れは変わらず、一方的にドル安が進んでいます。

というのも11/3のFOMCでのアメリカ金融緩和策で
6000億ドルを6月まで市場に放出するということでドル安の方向は相変わらずです。

一方でNYダウがリーマンショック以前の水準を戻すなど
株式にもお金は流れているようです。

そのためドルが売られて他通貨が強くなり
円がリスク回避の選択肢として外れるといった流れになっています。

日足で見るとユーロ上昇トレンドを維持しています。
MACDでは短期線が長期線を下りましたが、
結局価格を維持、その後長期線を上抜く展開になりそうです。

急激な変動ではありますがまだまだ上値余地はあると見ていいでしょう。
RSIでは50のあたりを上抜ける形で上昇トレンドを維持していることを示しています。

来週は年初来高値を試しそうな勢いですね。
現在も各種テクニカルは買われすぎのサインを出していません。

ボラティリティは高くなりそうですが、しばらくは1.4500を伺う展開となりそうです。
後はソブリン債が大きくリスク懸念として残りそうですね。
高値警戒も必要ですが少し様子を見たほうがよさそうです。

ドルの市場供給は資源、およびその通貨のバブルを招く可能性があります。
商品価格の動向にも目を向けていきたいところですね。

■今週の結果
+71pips

■総獲得pips
+351pips

引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください

旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年11月 5日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価6


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.3836(ロング) →1.3862 決済 +26pips

相場では引き続きドルが売られる展開となっています。

1.4000台の維持はなかなか難しいようですが、
アメリカ指標の弱さや通貨発行量を鑑みると
もうしばらくは1.4000に乗せて安定する可能性は高そうです。

ファンダメンタルとしては、
先週から引き続きアメリカの経済指標などによる追加緩和懸念でしょう。
住宅差し押さえ件数が過去最高を記録したり、新規失業保険申請が46万件を超えるなど、
不動産や雇用の問題は進展を見られていません。

これにより緩和懸念はさらに強くなりドルが売られる展開が引き続くと予想されます。

日足で見るとユーロ上昇トレンドを維持しています。
MACDでは短期線が長期線に近づいていますが、
線の向きはまだ下を向いていないためデッドクロスを形成することはなさそうです。

むしろ1.4000台で定着しそうな雰囲気さえあります。
RSIでは引き続き70付近を維持しています。

ややドルが売られすぎとも考えられます。
ただ、大きく下げる要因がそんなにあるわけでもないので売りをメインに取引は難しそうですね。

一目均衡表では急激な変動のため雲が薄い状態でしたが、
1.4000台でしばらく定着すると雲が厚くなるため価格はある程度保たれる可能性が出てきます。
長期でのユーロ売りが難しくなりそうですね。

相変わらず一方通行かつ横に推移なのでなかなかエントリーのポイントが見つかりませんね。
一日の中で自分の時間を有効活用しないとチャンスを逃してしまいそうです。

■10月結果
+26pips

■総獲得pips
+174pips

引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年10月22日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価5


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.3836(ロング) →1.3862 決済 +26pips

引き続きドルが売られる展開となっています。

1.4000台の維持はなかなか難しいようですが、
アメリカ指標の弱さや通貨発行量を鑑みるともうしばらくは
1.4000に乗せて安定する可能性は高そうです。

日足で見るとユーロ上昇トレンドを維持しています。

MACDでは短期線が長期線に近づいていますが、
線の向きはまだ下を向いていないため
デッドクロスを形成することはなさそうですね。

むしろ1.4000台で定着しそうな雰囲気です。
RSIでは引き続き70を維持し、ややドルが売られすぎとの見方も。

ただ、大きく下げる要因がそんなにあるわけでもないので売りをメインに取引は難しそうですね。

一目均衡表では急激な変動のため雲が薄い状態でしたが、
1.4000台でしばらく定着すると雲が厚くなるため価格はある程度保たれる可能性が出てきます。

そう考えると、長期でのユーロ売りは難しくなりそうですね。

相変わらず一方通行かつ横に推移なのでなかなかエントリーのポイントが見つかりません。

一日の中で自分の時間を有効活用しないと
チャンスを逃してしまいそうなので、注意していきます。

■10月結果
+26pips

■総獲得pips
+174pips


引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年10月15日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価4


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

■旋風FX10/1 - 10/7の実践検証結果

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.3702(ロング) →1.3762 決済 +60pips

一方的にドルが売られる展開となっています。
一時は1.4000をつける場面も見られました。
トレンドが一方通行のためなかなかポジションがとりづらかったところがあります。

このような展開の場合はMASを下から上に抜けるタイミングを狙うことになります。
ずっとMASの上に位置しているので
売買のタイミングが図りにくいですが一回は無事に拾うことができました。

日足で見るとユーロ上昇トレンドを維持しています。
MACDでは上に大きく流れています。まだトレンド変換のサインは出ていません。
RSIでは77を超えてややドルが売られすぎているサインが出ています。

一目均衡表では雲から上に大きく乖離しています。
反転の兆しはないものの警戒は必要でしょう。

慎重にトレードを行えばそんなに損失も出ないプログラムではありますが
裁量取引なので自分の心理状況をしっかりリラックスさせて望みたいところです。

まずは、利益の上がるロジックを実行する。
FXで裁量トレードを行う上で基本中の基本ですね。
引き続き旋風FXの実践検証を続けて行こうと思います。

■10月結果
+60pips

■総獲得pips
+148pips

旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年10月 8日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価3


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

さて先週の旋風-FXの結果です。

・1.3395(ロング) →1.3468 決済 +73pips

今回は試しに30分足を見てやってみました。
とはいえ中々MSTやSOのトレンドを一致したポイントに自分が遭遇できる確率自体は低いのでチャンスは簡単にはつかめませんが。

さすがに30分足だとさすがに利益も損失も大きくはなりそうですので、
リスクコントロールは注意して行きたいところです。

今回はユーロ上昇トレンドがとても強いことになっているので損失は出ませんでした。
とはいえ結果的には下がったら買うだけで利益出てしまうように米ドルが弱すぎます。

ファンダ的にドルが低金利緩和政策を採ると見られるため
ドルは全通貨に大して弱くなっています。

ドルが下がって金が上がっているなか対抗通貨としてユーロが変われる傾向にあります。
ユーロが強いのではなく米ドルが弱いので今後の米ドルの動きには要注意です。

日足で見るとユーロ上昇トレンドを維持しています。
MACDでもRSIでも共に上向いてきました。
一目均衡表では雲を下から上へ大きく突き抜けて雲から大きく乖離しています。

これだけ大きく乖離しているので売り時を模索することになるわけですが、
現状の米ドルを見る限りドルが一方的に強くなる展開は想像できそうにありません。

しばらくは下がったら買うことを繰り返せば利益は出そうです。
とはいえここはあくまでシステムにのっとった検証なので
私が取引できる時間はシステムルールに沿って取引してレポートしていきます。

■9月結果
+88pips

旋風FXはシグナルも分かりやすく、実践的にトレード出来ます。
初心者さんでも分かりやすく取引できると思いますよ。

引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください。


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

2010年10月 5日|コメント (0)

カテゴリー:旋風FXの検証とレビュー・評価

旋風FXの検証と評価2


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
さっそく、旋風FXの検証結果をレビューしていきます。

■9/16 - 9/23

さて今週の旋風-FXの結果ですが

・1.3431(ショート)→1.3422 決済 +9pips
・1.3378(ロング) →1.3384 決済 +6pips

1分足で取引するとなると、中級者さんでも、利益確定がなかなか難しいと思います。
10pipsを目標にしたいものの展開が速いので
早めの利益確定を考えてしまうため、大きく狙ってとりにくくなりそうです。

SQが買われすぎ、売られすぎのサインを出しているときの判断を素早く行わないと
エントリー自体が流れてしまうので、これは慣れていくしかなさそうです。

全体的にはエントリー、利益確定は難しいと思いますが
サイン事態ははっきりしていてわかりやすいと思います。

後はしっかりそのタイミングでエントリーして細かく
利益を確定できるかどうかがこの商材を使いこなせるかどうかの境界線でしょう。

ユーロドルはアメリカ景気の先行き不透明感からドルが売られてユーロが強くなっています。

その他同様の理由から金が買われていますが、こちらは高値警戒感もあります。
リスク回避の手段として円→ユーロ→金の流れができています。

ただ、ユーロ自体も欧州のソブリン債のリスクが過小評価されてきたのではないか、
との懸念から英独国債が上昇しているなど不穏な空気は払拭されていません。

日足は一目均衡表の分厚い雲の中にいます。
ここからもどちらにも動く余裕があるためポジションを取る際は慎重に行きたいところですね。

■9月結果

+15pips


引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ

【新レビュー!!】旋風FXの検証と評価1


↑クリックすると拡大します

こんばんは、よしゆきです。
本日より、旋風FXの検証を行っていきます。

■旋風FXの内容

独自のインジケーターを用いて裁量取引を行うタイプの
商材の旋風-FXをレビューしていきたいと思います。

この商材は独自でカスタマイズしたインジケーターを用います。
まずはその紹介から。

・SO(senpuu-FX Oscillator)
これをメインで使っていきます。0?100の数値で表示され、0に近いほど
売り圧力が強い、100に近いほど買い圧力が強いことを示しています。
使い方はRSIと似たようなものになるかと思います。
25.75のラインを超えて反転した場合は反転のサインとして反対売買の
基準として用います。

・MAS(Moving Average Senpuu-FX)
旋風FX用にカスタマイズした移動平均線です。
この線の上にローソク足があった場合は上昇トレンド。
この線の下にローソク足があった場合は囲うトレンドをさします。
エントリーの際の判断基準として重宝します。

・トレンド系インジケータ
名前を聞いただけでは意味はわかりませんが、
内容としては長期短期の流れを大まかに青と赤に分けたものです。
これを5分足と1時間足で表示したものです。
このインジケーターで、トレンドを確認しトレードします。

ではこの商材をレビューするにあたり、トレードルールは

・MASで線の上にローソクがあるならロング、線の下ならショート

・ロングの場合はSOが25以下で反転の兆しがあること、
ショートなら75以上で反転の兆しがあること

・トレンド系インジケーターでトレンドのが一致しているのを確認してエントリーしていきます。

今回は1分足ユーロドルでレビューしていきたいと思います。

引き続き、旋風FXを検証・レビューしていこうと思います。
旋風FXやそのほかの商材について、
何か疑問や質問があればいつでもコメントやメールでお問い合わせください


旋風FX
http://senpuu-fx.com/
販売者:FXスキャルピング研究会 上木 義和



↑クリックすると拡大します

タグ